*

『フェイクニュース』拮抗する日本メディア

公開日: : 最終更新日:2019/06/10 ドラマ, 映画:ハ行,

自分はすっかり日本の最新作は観なくなってしまった。海外作品でも、テレビドラマのようなシリーズが長いものは最後まで観れる自信がないので、はなから鑑賞を諦めてる。だから日本のテレビドラマなんて観るはずがない。物書きの養成学校に通ったこともある自分が、現在の日本のテレビドラマにまったく興味が湧かないのだから、因果なものだ。

ただこのNHKのドラマ『フェイクニュース』は、タイトルからしてちょっと気になっていた。それでも初回は見逃した。社会活動をしている人たちが絶賛しているのをみて、慌てて再放送をチェックした。観始めたら、日本のテレビドラマへの偏見は吹き飛んだ。海外作品を観るような情報量にワクワクだ。

題材に扱われているのはネット炎上だけではなく、それに絡んで政治腐敗や企業癒着、利権や差別、海外労働者からの搾取、パワハラセクハラと、今日本を取り巻く問題のキーワードが、これでもかと散りばめられている。それがワイドショー的なカタログの陳列みたいにならず、ちゃんとストーリーの核として機能してる。とても骨太の社会派エンターテイメントだ。

今日本の流行りはマンガ原作の実写映像化だ。何でもかんでも元ネタがマンガやアニメなのでもう辟易だ。そんな流れの中で、このドラマ『フェイクニュース』は完全オリジナル脚本ときてる。それだけでも気骨がある。

脚本担当は野木亜紀子さん。ドラマを観ない自分でも最近よく聞く名前だ。そういえば『逃げるは恥だが役に立つ』は観たぞ。ラブコメの中に社会問題を散りばめて、軽そうでいながら硬派なドラマだった。軽薄と硬質の配分が現代的。いまノリノリの作家さんなのね。

NHKといえば、最近では「犬HK」とか揶揄されるくらいに報道が偏ってる。「ニュースならNHKだよね」と今まで自分も思っていたが、最近では報道に違和感を感じるので、「ニュースは民放の方がまだマシかな」とチャンネルを変えてしまう。

伝えるべきことを伝えないのもフェイクニュース。そんな批判されがちなNHKが、自虐的かと思われるようなタイトルのドラマを作った。これはかなり意味深い。要するにNHK内でもさまざまな考えがあるということだろう。

そういえば以前Eテレで放送した『100分de名著』のスペシャル版『100分deメディア論』は面白かった。社会批判を知的にガンガンかましてた。きょうびの日本でこれを企画して放送した勇気がカッコいい。

じゃあこのドラマ『フェイクニュース』がさぞかしラディカルな内容なのかとかまえてしまうが、観始めるとまったくそんなことはない。主人公たちのセリフは真っ当すぎるくらい真っ当。真っ当過ぎてホッとしちゃう。主人公たちが追いかけてるフェイクニュースを流す奴らの言い分の方が、日頃よく聞く言葉だ。そちらの方が嫌悪感を抱く。そうか、やっぱり今の日本を取り巻く雰囲気が真っ当じゃないのね。

「法律に引っかからなくて儲かるなら何をやってもいいじゃん」。ドラマの中でのフェイクニュース発信者の意見。この理屈は、現実社会の多くのビジネスにも当てはまる。主人公たちはそんな意見を断罪する。「自分以外のことを想像せず、誰かを傷つけ、社会をメチャクチャにしても知らん顔できるなんて、ダセェ!」と。

主人公は大手新聞社からネットメディアに出向してる女性記者。北川景子さんが演じてる。この主人公・東雲樹のキャラクター像って、東京新聞の望月衣朔子さんなのかしらと思わせる。頭のいい行動力のある女性が、腐ったオッサンたちに立ち向かう話は気持ちがいい。

自分は美人だとか可愛いとかじゃあ癒されない。今自分が欲してるのは、社会風刺やガス抜きの笑い。だからドラマを観始めて随分過ぎてから、「ああ、北川景子さんキレイだな」って気づいたくらい。こんなにバリバリ仕事してる人が、「さっき美容室行ってきたばかりですよ」ぐらいバッチリキメこんでるのはファンタジー。舞台もIT系の会社なのでオフィスもオシャレ。でもちゃんとした会社って、そんなカフェみたいなところじゃない。オシャレ過ぎるオフィスは、ブラック企業と背中合わせだ。

脇を固める役者陣は、コメディセンスの高い人ばかり。ネットは陰湿な世界なので、少しでも和らげる工夫がされてる。

ただひとつ引っかかったのは、後半で主人公・東雲樹が悪徳政治家と対峙するところ。感情的になって涙が浮かぶ場面。今までクールだった東雲樹さんが、感情剥き出しにする意外性が演出意図なんだろうけど、自分は興醒めしてしまった。才女が敵の前で泣くわけないと。込み上げてくる感情を抑え込んで戦う方が頭が良いし、観ているこちらも感動する。演出家はやっぱり男か。「女は感情的ですぐ泣く」という偏見に落ち着こうとしてるのが見えてくる。ちょっと残念。

ネットを巡る社会風刺の作品なんて、20年前ならSFで扱う内容だった。現代ではこれは一般的な普通のドラマになるのだから、昔のSF作家の先見性には驚きだ。そしてその未来に対する警鐘が何一つ活かされていないのに幻滅もする。

ドラマ『フェイクニュース』は、今現代日本に作られるべき作品だ。日本には今、エンターテイメントになる題材に溢れている。過去作品の焼き直ししか企画に上がらないなら、作り手には、自主規制という臆病な詭弁で、目先のことしか考えられない者ばかりしかいないのだろう。エンタメは現実逃避のコンテンツに成り下がったけれど、やっぱりガス抜き程度の役割であった方が健康的だ。

「頭を使って足を使って努力して書いた記事より、バカな記事の方が人気がある。このままじゃ日本中がみんなバカになる」と、劇中でも言っている。もしこの『フェイクニュース』みたいなドラマが面白いと思う人が多ければ、日本はまだなんとかなるかも知れないと、仄かな期待を抱きつつも……。

ちょっと前までは、メディアリテラシーが高ければ、フェイクニュースなんかに引っかからないと言われていた。このドラマを観る限り、フェイクニュースは日に日に巧妙になっている。もうウソとホントを見分けることなんてできない。これからは気軽に「いいね」とか「拡散」するのは控えようと思った。何かの悪意に知らず知らずに加担してしまうのは恐ろしい。社会がメチャクチャになる前に。

https://www.nhk.or.jp/dodra/fakenews/

関連記事

no image

『かもめ食堂』クオリティ・オブ・ライフがファンタジーにならないために

  2006年の日本映画で荻上直子監督作品『かもめ食堂』は、一時閉館する前の恵比寿ガ

記事を読む

no image

『るろうに剣心』マンガ原作というより、大河ドラマの続編

  自分は実は『るろうに剣心』の マンガもアニメも未見。 でもこの映画を観たいと

記事を読む

no image

『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 』 若手女流監督が人生の機微で原作を補完

  言わずもがな子ども達に人気の『ドラえもん』映画作品。 『ドラえもん 新・のび太

記事を読む

no image

『ディファイアンス』他力本願ならカタルシス

  事実は小説よりも奇なり。 第二次大戦中のナチスドイツのユダヤ人迫害を描いた

記事を読む

『八甲田山』ブラック上司から逃げるには

今年になって日本映画『八甲田山』のリマスター・ブルーレイが発売されたらしい。自分の周りでも「

記事を読む

『白洲次郎(テレビドラマ)』自分に正直になること、ズルイと妬まれること

白洲次郎・白洲正子夫妻ってどんな人? 東京郊外ではゆかりの人として有名だけど、恥ずかしながら

記事を読む

no image

夢物語じゃないリサーチ力『マイノリティ・リポート』

  未来描写でディストピアとも ユートピアともとれる不思議な映画、 スピルバーグ

記事を読む

no image

『レヴェナント』これは映画技術の革命 ~THX・イオンシネマ海老名にて

  自分は郊外の映画館で映画を観るのが好きだ。都心と違って比較的混雑することもなく余

記事を読む

no image

『野火』人が人でなくなるところ

塚本晋也監督の『野火』。自分の周りではとても評判が良く、自分も観たいと思いながらなかなか観れずにいた

記事を読む

no image

『ダメなときほど運はたまる』欽ちゃん流自己啓発

  欽ちゃんこと萩本欽一さん。自分が小さい頃は欽ちゃんのテレビ番組全盛期で、なんでも

記事を読む

『ブラックパンサー』伝統文化とサブカルチャー、そしてハリウッドの限界?

♪ブラックパンサー、ブラックパンサー、ときどきピンクだよ〜♫

『ベニスに死す』美は身を滅ぼす?

今話題の映画『ミッドサマー』に、老人となったビョルン・アンドレ

『白洲次郎(テレビドラマ)』自分に正直になること、ズルイと妬まれること

白洲次郎・白洲正子夫妻ってどんな人? 東京郊外ではゆかりの人と

『サトラレ』現実と虚構が繋がるとき

昨年、俳優の八千草薫さんが亡くなられた。八千草さんの代表作には

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』考えずに依存ばかりしてると

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・

→もっと見る

PAGE TOP ↑