*

『ゴーストバスターズ(2016)』 ヘムジーに学ぶ明るい生き方

公開日: : 最終更新日:2021/06/16 映画:カ行, 映画館

アイヴァン・ライトマン監督作品『ゴーストバスターズ』は80年代を代表するブロックバスタームービー。自分も子どもの頃、夢中になって何度も観た。パート2もできたけど、そっちはなんとなく今まで観ずにいた。パート3を作る作らないと言ってるうちに、ゴーストバスターズのメンバーのひとりハロルド・ライミスが亡くなってしまった。なのでメンバーを全員女性に入れ替えて、リブート企画が始まった。

このリブート映画を観た人からは、口を揃えて「面白かった」との声が聞こえてきた。でもアメリカではバッシングの嵐。ウチも子どもたちが観たがっていたので、どうしようか考えているうちに、早々に上映が終わってしまった。客入りはイマイチだったのか。

ブルーレイになったのでやっと観たら、やっぱり面白かった! ウチの子たちも、きゃあきゃあ怖がりながら喜んでた。このリブート『ゴーストバスターズ』も、続編もつくる気マンマンの展開。旧メンバーのカメオ出演もあったけど、前作知らなくたって大丈夫。ビル・マーレーの出番が意外と多かったのにビックリ。吹替版で観たら、声優さんが一緒だった。細かい配慮。作品の敷居はいたって低い。それが旧来のファンには受け入れられなかったのかしら?

ゴーストバスターズのメンバーで、白人女性はみな科学者だけど、唯一の黒人メンバーだけが地下鉄員からの転職だった。それが差別だと感じた人がいたらしい。白人のゴーストバスターズメンバーは、リケジョでオタク。イケてないけど、やっぱり才女。黒人女性だけなぜ?ってルサンチマンな感覚だけど、高学歴を得られるのはやはり裕福な家庭環境あってのこと。差別というよりは、残酷な現実。経済力でその人の可能性に制限がかかってしまうのは社会問題としてとらえられる。

この新ゴーストバスターズでいちばん気になる登場人物は、クリス・ヘムズワースが演じる事務受付担当のケヴィン。この人、仕事なんにもできないの。電話応対すらできない。「ウェブかじってたからコーポレートロゴ考えてきた」なんて、どんなロクでもないデザイン見せられるのかと、期待に胸膨らませられちゃう。じゃあなんでこんな使えない人が採用されたかというと、ルックスがサイコーにイケメンだったから。

仕事ができない男なんて、普通だったら嫌われちゃう。でも人は見た目が9割。見た目だけで採用しちゃうゴーストバスターズの彼女たちも、やっぱりダメダメってこと。

ダメダメな女ゴーストバスターズに、歯がゆさを感じる男性観客も多いことだろう。でもこれ、男女逆転して考えればまったく平生普段の社会の縮図と変わらない。美人というだけで、仕事がなにもできないのに成り上がる人なんてざら。同性からは嫌われてるけど、異性からは異常にウケが良い。そういうタイプの人の努力は、仕事のスキルアップはなく、見栄えを磨くこと。それはそれで努力して頑張っている。

ダメダメなケヴィンは、ゴーストバスターズの足をひっぱってばかり。でもケヴィン、それほど悪いヤツじゃない。だからこそ女ゴーストバスターズは、ケヴィンを守ろうとゴーストたちと戦うのだ!

ケヴィン演じるクリス・ヘムズワースは、キラッキラ輝いてる! 彼の代表作『マイティ・ソー』もしのぐくらいのインパクト。ダメ男だって、明るい性格ならたくさん味方ができる。ケヴィンはそうやって今まで世渡りしてきたのだろう。

そういえば『マイティ・ソー』は、一作目では自分の王国を追放されて、地球に島流しされる。ボロボロで身寄りもないのに「俺は王だ!」と威厳を失わない。頭のおかしな男にしかみえないんだけど、明るく堂々としている彼に、自然と仲間ができてくる。ガールフレンドもすぐできちゃう。ボロを着てても、「これオシャレなんじゃないか?」と感じさせてしまう。追放された王なんて、アジアの作品だったらきっとメソメソしちゃうだろうな。

楽観的な人は、ものごとを暗く考えない。悲観的な考えも、所詮妄想にすぎないから。考えてもしょうがないことは、最初から考えない。悲観的妄想を、潜在的にシャットアウトしてしまうのも才能だ。パラノイアに陥るどころか、鬱にもなりそうもない。人からバカにされようと笑われようと、自分が楽しく生きられるならささいなことだ。明るく楽しく生きている人は魅力的にみえる。自ずと人生が好転してくるのは当たり前。

ケヴィンに乗り移ったゴーストが、「この鍛え抜かれた身体は、なんてラクなんだ!」と語る。あの厚い胸板や六つに割れた腹筋は、1日では成らず。体も軽くなれば、考え方だって軽くなる。こりゃあ本気で身体を鍛えるところから始めた方が良さそうだ。

関連記事

no image

『カメレオンマン』嫌われる勇気とは?

ウッディ・アレンの『カメレオンマン』。人に好かれたいがために、相手に合わせて自分を変化させてしま

記事を読む

no image

何が来たってへっちゃらさ!『怪盗グルーのミニオン危機一発』

  世界のアニメ作品はほぼCGが全盛。 ピクサー作品に始まり、 母体であるディズ

記事を読む

no image

『キングスマン』威風堂々、大人のわるふざけ。

  作品選びに慎重なコリン・ファースがバイオレンス・アクションに主演。もうそのミスマ

記事を読む

『アメリカン・ユートピア』 歩んできた道は間違いじゃなかった

トーキング・ヘッズのライブ映画『ストップ・メイキング・センス』を初めて観たのは、自分がまだ高

記事を読む

『グーニーズ』 ヤツは敵か味方か?

自分が子どもの頃に夢中になっていた映画を、大人になった今、我が子と一緒に観直すのは楽しい。

記事を読む

no image

『レヴェナント』これは映画技術の革命 ~THX・イオンシネマ海老名にて

  自分は郊外の映画館で映画を観るのが好きだ。都心と違って比較的混雑することもなく余

記事を読む

『勝手にふるえてろ』平成最後の腐女子のすゝめ

自分はすっかり今の日本映画を観なくなってしまった。べつに洋画でなければ映画ではないとスカして

記事を読む

no image

日本企業がハリウッドに参入!?『怪盗グルーのミニオン危機一発』

  『怪盗グルー』シリーズは子ども向けでありながら大人も充分に楽しめるアニメ映画。ア

記事を読む

no image

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』特別な存在にならないという生き方 in 立川シネマシティ

立川シネマシティ[/caption] 世界中の映画ファンの多くが楽しみにしていた『スター・ウ

記事を読む

no image

『カールじいさんの空飛ぶ家』憐憫の情を脱せなければ、ドラマは始まらない。

  ディズニーアニメの最新作『ベイマックス』が 予告編とあまりに内容が違うと話題に

記事を読む

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

『SUNNY』 日韓サブカル今昔物語

日本映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、以前からよく人か

→もっと見る

PAGE TOP ↑