*

『モアナと伝説の海』ディズニーは民族も性別も超えて

公開日: : 最終更新日:2019/06/11 アニメ, 映画:マ行, 音楽

ここ数年のディズニーアニメはノリに乗っている。公開する新作がどれも傑作で、興行的にも世界中で成功している。この『モアナと伝説の海』も、その上昇気流を途絶えることなく、さらにパワーアップした作品になっている。上映終了後、自分は相当テンションが上がっていたのだが、一緒に観た我が子たちの反応は意外とドライだった。最高のエンターテイメントに、すっかり悪い意味で慣れてしまっている。クリエイターたちの努力を想像できなくなってしまうのはよろしくない。インプットだけでなく、アウトプットも教えていかないと!

本編中、テーマ曲である『How Far I’ll Go』のフレーズがリプライズされるたび、体温が1〜2℃あがる。ストーリーや登場人物に感情移入する前に、映像と音楽による演出技術の素晴らしさに圧倒! 状況設定の説明や、登場人物の紹介など、まどろっこしいところはミュージカルでスルスル見せちゃう。だからあっという間に大団円になってしまう。本編のほとんどがモアナとマウイ二人だけの場面なのに、スケールが小さくならない。

『モアナと伝説の海』のストーリーの雛形は、古典的でオーソドックスなもの。目指しているのは、ストーリー展開での新しさではない。万人が楽しめる作品というものは、基本はわかりやすい。斬新すぎる作品だと、かっ飛びすぎて観客が理解できない。物語のあらすじは原稿用紙三行で説明できなければ、エンターテイメントにはなりにくい。

じゃあ『モアナ』は、従来どおりの過去作品をなぞった無個性の映画なのかと思ったらさにあらず。この『モアナ』も、ディズニープリンセスものの系譜に入るだろうけど、ラブストーリーの要素がまったくない。モアナと冒険の旅に同行する男・マウイは、伝説の英雄の神。ふたりの間にあるのは、目的を同じくした相棒の関係性。プリンセスものでありながら、王子様不在のバディムービーというのが新しい。ジェンダーレスとなった現代では、男女のカップルと限定してしまうと、万人が感情移入し難くなっているのかもしれない。男女間の恋愛が、誰にでも理解できるアイコンだった時代は終わったらしい。

ファンタジーの主人公にはマスコットキャラクターはつきもの。今回のモアナにもマスコットキャラがいる。小さくて可愛くて、主人公を助けるマスコットキャラは、この子かな?と思わせて逆手にとった皮肉もイイ。ディズニーのぬいぐるみを売りたい商魂に対して自虐的。

悪の力を鎮めるための冒険の旅に出る。そんな選ばれし若者は、今までは少年の役割と決まっていた。ひ弱でも意志の強い少年が、旅をしていくうちにたくましくなっていき、仲間をつくっていく。その少年が担ってきた役割を、少女のモアナが背負っていく。しかもモアナはひ弱ではない。運動神経が良く、度胸もある。これでは世の少年たちの立場がない。モアナのやってることはかなりマッチョ。相棒のマウイも筋肉隆々の無骨なルックス。普通なら怖いキャラクターになりそうなのに、魅力的でチャーミングにデザインされている。

ディズニー作品で有色人種を描いた作品は、過去にもいくつかあったが、やっと可愛く描けるようになった。ポリネシアンらしい見栄えで、どの国の人が見ても好きになれそうなキャラクターを造形するのは至難の技だ。

確か映画公開前だったか、モアナのぬいぐるみを発売しようとしたら、ポリネシア系の人たちから不快感を訴えられて、発売中止になったことがあった。ディズニーとしては、世界中の人に愛される作品にしたいから、これは不本意。抗議したポリネシアンたちは、どんなふうに受け止めたのだろうか?

映画はポリネシアンに対しての敬意に満ち溢れている。登場人物の名前も、ポリネシアにまつわるネーミングばかり。ちなみに「モアナ」はハワイ語で「太平洋」の意味らしい。

緑や海に囲まれた生活。自然信仰や先祖への畏敬の念。民族音楽や舞踊。どれもが魅力的で映画になる要素。大いなるものに生かされているという概念。神秘的で人間らしい生活。憧れてしまう。

でもモデルになったポリネシアンからしたら違和感があるのかもしれない。自分はポリネシアの民族舞踊のハカが好き。闘いの前に敵を威嚇するためのダンス。勇ましくもユーモラス。それをマウイがバトルシーンでやっていたのが楽しかった。

当事者のポリネシアンからしたら、このニュアンスは違うのかも。ポリネシアンの誰もが民族舞踊踊れるわけじゃないよとか、もっと西洋化した生活送ってるよとかあるのかも? そんな感じで引っかかると、きっとシラけちゃうだろうな。不快感を訴えたポリネシアンは、映画本編を観たのかしら? 充分誇らしい作品になっていたと感じるのは、第三者だからかな?

そういえばディズニー過去作の『ムーラン』は中国が舞台だった。確かに同じアジア人として違和感があった。キャラクターも可愛くなかったし。そうなると「いったい誰がこの映画を観るの?」となってしまう。

例えば海外の映画で日本が描かれているときに「なんか違う」と思ったとき、自分は「これはファンタジーなんだ」と早々に割り切って観てしまう。そうするとあまり気にならないものだ。逆に現実との違いにツッコミ入れて笑っている。抗議には保守的なものも感じるが、それですぐ取り下げたディズニーは英断。もっと愛されるキャラクター商品を開発するきっかけになるのだろうから、さらにディズニー帝国は巨体になりそうだ。

映画が始まってからすぐ、「ああ、ハワイに行きたいな〜」と感じさせられる。この映画をきっかけにハワイやニュージーランドの観光が盛り上がるような二時効果が生まれたら、さらに楽しいだろう。

関連記事

no image

『あの頃ペニー・レインと』実は女性の方がおっかけにハマりやすい

  名匠キャメロン・クロウ監督の『あの頃ペニー・レインと』。この映画は監督自身が15

記事を読む

no image

映画づくりの新しいカタチ『この世界の片隅に』

  クラウドファンディング。最近多くのクリエーター達がこのシステムを活用している。ネ

記事を読む

no image

『ファインディング・ドリー』マイノリティへの応援歌

  映画はひととき、現実から逃避させてくれる夢みたいなもの。いつからか映画というエン

記事を読む

no image

『シン・ゴジラ』まだ日本(映画)も捨てたもんじゃない!

映画公開前、ほとんどの人がこの映画『シン・ゴジラ』に興味がわかなかったはず。かく言う自分もこの作品は

記事を読む

no image

『耳をすませば』リア充映画?現実的な作品なのに

  ジブリアニメ『耳をすませば』は ネット民たちの間では「リア充映画」と 言われ

記事を読む

no image

松田優作と内田裕也にもってかれた『ブラックレイン』

  今日は松田優作さんの命日。 高校生の頃、映画『ブラックレイン』を観た。

記事を読む

no image

時事ネタコメディの必要性『ザ・シンプソンズ』

  なんだかネットやマスコミでは みんなフラストレーションが爆発しちゃってる。

記事を読む

no image

部外者が描いたからこそ作品になれた『リトル・ブッダ』

  4月8日は花祭りの日。 ブッダが生まれた日としてお祝いする日だそうで。

記事を読む

no image

『坂本龍一×東京新聞』目先の利益を優先しない工夫

  「二つの意見があったら、 人は信じたい方を選ぶ」 これは本書の中で坂本龍

記事を読む

no image

『ローガン』どーんと落ち込むスーパーヒーロー映画

映画製作時、どんな方向性でその作品を作るのか、事前に綿密に打ち合わせがされる。制作費が高ければ高いほ

記事を読む

no image
『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書い

no image
『カメラを止めるな!』虚構と現実、貧しさと豊かさ

春先に日テレ『金曜ロードSHOW!』枠で放送された『カメラを止

no image
『なつぞら』自分の人生とは関係ないドラマのはずだったのに……

「アニメーターってなによ?」7歳になる息子が、NHK朝の連続テレビ小説

no image
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』そこに自己治癒力はあるのか?

自分はどストライクのガンダム世代。作家の福井晴敏さんの言葉にもあるが、

no image
『ナイトミュージアム』学びは最強の武器

ベン・ステラー監督主演のコメディ映画『トロピック・サンダー』を観たら、

→もっと見る

PAGE TOP ↑