*

トップアイドルだからこそこの生活感!!『もらとりあむタマ子』

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 映画:マ行

 

ダメ男というのは笑えるが、ダメ女というのはなかなか笑えない。それは世間一般の潜在意識の中に「女の人はきちんとしている。きちんとしていなければ」というような固定観念があるからではないだろうか?

山下敦弘監督と前田敦子さん主演という、『苦役列車』のコンビ再びのこの映画。なんでも当初は映画化する予定ではない映像コンテンツだったこの企画が、長編映画へとなっていったのだ。

前田敦子さんといえば元AKB48のセンターを勤めたトップアイドル。自分はこのアイドル文化や萌え文化が理解できずにいるので、とうぜんAKBにも疎い。山下敦弘監督といえば単館系映画の監督さんと言うイメージが強い。当初は硬派な作風だったけど『リンダリンダリンダ』あたりから、女の子を可愛く撮れる監督さんと言うイメージになっていった。しかも単館系というスタイルはそのままなので、アイドル映画のようなダサい感じには決してならない。この映画もトップアイドル主演にしてはひっそりと公開された。

自分は正直AKBの女の子達があんまり可愛いと思えない。とても普通っぽくて、創られた女の子像を演じて、オッサン達にヒャーヒャー言われている、発信者と受信者の偶像崇拝的なものを感じてしまって、どこにも本物が無い感じが苦手。

でも、この映画の前田敦子さんはとても魅力的。職を無くして、実家に転がり込んで、一日中マンガを読んだりゲームをしたりしてダラダラ過ごしてる。実はこういった生活感ある姿の前田敦子さんの方が、自分が彼女に抱いていたイメージそのまま。親近感が湧く。

ただ、この映画がうまくいっているのは、前田敦子さんというアイドルの虚像を演じ切ったパーソナリティだったからこそ。普通の女の子がノーメイクで寝癖のままでダラダラしていても、なんとなくそのままで笑えない。

前田敦子さんは相当の映画好きと聞きます。本来ならメジャー系のアイドル映画に引っ張りだこであろうに、こういったインディーズ系の作品にもどんどん出てしまう。AKBファンは困惑するだろうけど、自分のような映画ファンの目にも留まっていく訳だから、作品選びのセンスはいいと思います。

この映画では前田敦子さん演じるタマ子は、一年中ダラダラと何もしていないのだが、お父さんは地道に働き者。流行っていなさそうなスポーツ店を経営しながら、家事もこなす。家で出される素朴な家庭料理がとても美味しそう。働かざるもの食うべからずとは言ったものの、映画に出てくるカレーライスやゴーヤーチャンプルとか健康そうな食べ物ばかり。良い食べ物は良い心を築く。

タマ子は丸一年ダラダラしていたけれど、大きな人生の中ではこのダラダラも必要。本来彼女はしっかりしていて、ひととき父親に甘えていただけという、大きな人生の流れでは短い期間。働かないでいるのは生ける屍であるが、この映画のようにゆっくり時間が流れていくひとときは、人生に何度かは必要なのだと思う。

関連記事

『未来少年コナン』 厄介な仕事の秘密

NHKのアニメ『未来少年コナン』は、自分がまだ小さい時リアルタイムで観ていた。なんでもNHK

記事を読む

『メッセージ』 ひとりが幸せを感じることが宇宙を変える

ずっと気になっていた映画『メッセージ』をやっと観た。人類が宇宙人とファースト・コンタクトを取

記事を読む

『未来を花束にして』勝ち得たものの代償

イギリス映画の『未来を花束にして』。100年前のロンドンを舞台に、女性の選挙権の必要性を訴え

記事を読む

no image

『モアナと伝説の海』ディズニーは民族も性別も超えて

ここ数年のディズニーアニメはノリに乗っている。公開する新作がどれも傑作で、興行的にも世界中で成功して

記事を読む

no image

『メアリと魔女の花』制御できない力なんていらない

スタジオジブリのスタッフが独立して立ち上げたスタジオポノックの第一弾作品『メアリと魔女の花』。先に鑑

記事を読む

no image

デジタルデトックスのススメ『めがね』

  荻上直子監督の前作『かもめ食堂』のヒットを受け継いで、ほとんどキャストも同じのこ

記事を読む

no image

『間宮兄弟』とインテリア

  江國香織さん原作の小説を、故・森田芳光監督で映画化された『間宮兄弟』。オタクの中

記事を読む

no image

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

ポップコーン・ムービーの王道、今ノリにノってるディズニー・マーベルの人気キャラクター・ソーの最新作『

記事を読む

no image

現代のプリンセスはタイヘン!!『魔法にかけられて』

  先日テレビで放送していた『魔法にかけられて』。 ディズニーが自社のプリンセスも

記事を読む

no image

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』物語みたいに割り切れないこと

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の評判は、劇場公開時からよく耳にしていた。ただ、どの感想を聞い

記事を読む

『時をかける少女』 永遠に続く人生の忘れ物

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が公開されるにあたり、彼

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

→もっと見る

PAGE TOP ↑