*

トップアイドルだからこそこの生活感!!『もらとりあむタマ子』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア, 映画:マ行

main

ダメ男というのは笑えるが、ダメ女というのはなかなか笑えない。それは世間一般の潜在意識の中に「女の人はきちんとしている。きちんとしていなければ」というような固定観念があるからではないだろうか?

山下敦弘監督と前田敦子さん主演という、『苦役列車』のコンビ再びのこの映画。なんでも当初は映画化する予定ではない映像コンテンツだったこの企画が、長編映画へとなっていったのだ。

前田敦子さんといえば元AKB48のセンターを勤めたトップアイドル。自分はこのアイドル文化や萌え文化が理解できずにいるので、とうぜんAKBにも疎い。山下敦弘監督といえば単館系映画の監督さんと言うイメージが強い。当初は硬派な作風だったけど『リンダリンダリンダ』あたりから、女の子を可愛く撮れる監督さんと言うイメージになっていった。しかも単館系というスタイルはそのままなので、アイドル映画のようなダサい感じには決してならない。この映画もトップアイドル主演にしてはひっそりと公開された。

自分は正直AKBの女の子達があんまり可愛いと思えない。とても普通っぽくて、創られた女の子像を演じて、オッサン達にヒャーヒャー言われている、発信者と受信者の偶像崇拝的なものを感じてしまって、どこにも本物が無い感じが苦手。

でも、この映画の前田敦子さんはとても魅力的。職を無くして、実家に転がり込んで、一日中マンガを読んだりゲームをしたりしてダラダラ過ごしてる。実はこういった生活感ある姿の前田敦子さんの方が、自分が彼女に抱いていたイメージそのまま。親近感が湧く。

ただ、この映画がうまくいっているのは、前田敦子さんというアイドルの虚像を演じ切ったパーソナリティだったからこそ。普通の女の子がノーメイクで寝癖のままでダラダラしていても、なんとなくそのままで笑えない。

前田敦子さんは相当の映画好きと聞きます。本来ならメジャー系のアイドル映画に引っ張りだこであろうに、こういったインディーズ系の作品にもどんどん出てしまう。AKBファンは困惑するだろうけど、自分のような映画ファンの目にも留まっていく訳だから、作品選びのセンスはいいと思います。

この映画では前田敦子さん演じるタマ子は、一年中ダラダラと何もしていないのだが、お父さんは地道に働き者。流行っていなさそうなスポーツ店を経営しながら、家事もこなす。家で出される素朴な家庭料理がとても美味しそう。働かざるもの食うべからずとは言ったものの、映画に出てくるカレーライスやゴーヤーチャンプルとか健康そうな食べ物ばかり。良い食べ物は良い心を築く。

タマ子は丸一年ダラダラしていたけれど、大きな人生の中ではこのダラダラも必要。本来彼女はしっかりしていて、ひととき父親に甘えていただけという、大きな人生の流れでは短い期間。働かないでいるのは生ける屍であるが、この映画のようにゆっくり時間が流れていくひとときは、人生に何度かは必要なのだと思う。

関連記事

『嫌われ松子の一生』道から逸れると人生終わり?

中島哲也監督の名作である。映画公開当時、とかく中島監督と主演の中谷美紀さんとが喧嘩しながら作

記事を読む

『グラディエーター』Are You Not Entertained?

https://www.youtube.com/watch?v=QPk1NdvplCI[/capt

記事を読む

『乾き。』ヌルい日本のサブカル界にカウンターパンチ!!

賛否両論で話題になってる本作。 自分は迷わず「賛」に一票!! 最近の『ドラえもん』は

記事を読む

『あの頃ペニー・レインと』実は女性の方がおっかけにハマりやすい

名匠キャメロン・クロウ監督の『あの頃ペニー・レインと』。この映画は監督自身が15歳で音楽ライ

記事を読む

『母と暮せば』Requiem to NAGASAKI

残り少ない2015年は、戦後70年の節目の年。山田洋次監督はどうしても本年中にこの映画『母と

記事を読む

『映画 妖怪ウォッチ2』とその未来

映画版『妖怪ウォッチ』の第二弾『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』、ウチ

記事を読む

『インサイド・ヘッド』むずかしいことをゆかいに!!

ピクサーの2015年作品『インサイド・ヘッド』。ものすごい脚本だな〜、と感心してしまう映画。

記事を読む

『名探偵ホームズ』ストーリー以外の魅力とは?

最近、ジブリ作品が好きな自分の子どもと一緒に『名探偵ホームズ』を観た。 かつて『風の谷

記事を読む

さよならロビン・ウィリアムズ = ジーニー『アラジン』

ロビン・ウィリアムズが 8月11日に亡くなったそうです。 彼の作品には名作が多く、

記事を読む

『ソーシャル・ネットワーク』ガキのケンカにカネが絡むと

ご存知、巨大SNS・Facebookの創始者マーク・ザッカーバーグの自伝映画。 アメリ

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

http://marvel.disney.co.jp/movie/t

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを

『ブレードランナー2049』映画への接し方の分岐点

http://www.bladerunner2049.jp/[/ca

『トロールズ』これって文化的鎖国の始まり?

配信チャンネルの目玉コーナーから、うちの子どもたちが『トロール

→もっと見る

PAGE TOP ↑