*

『マイレージ、マイライフ』失業、それもまた人生のチャンス。

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画:マ行

t02200132_0460027613058930525

イケア・ジャパンが従業員全員を
正社員化することを発表した。

非正規社員の立場の悪さは社会問題として
多くとりあげられている。
しかしながら正社員雇用が夢の立場とも
あながち言えない。

果たして正社員で働くばかりが人生かと
誰もが問い始めているいまの世の中に対抗する
社運をかけた大いなる試みでしょう。

スターバックスも全員正社員化に取り組んでいる。
社員のモチベーションもあがるので、
当然サービスも向上されるでしょう。

今後上記の会社にどんな効果がでてくるのか
動向に期待します。

かつては正社員として大手に入社すれば
安泰神話があったが、いまはそんなこともない。
正社員になってもこの不景気、
いつ会社が潰れるかわからないし、
リストラでいつ職をなくすかも見当もつかない。

収入源を一カ所にするなとは、
最近よく言われている言葉だ。

この映画の主人公は大手企業の解雇宣告人。
リストラ対象者に、解雇の旨を伝える専門家。
世界中を旅して、方々でリストラを宣告する仕事。

そんな仕事があったのかとびっくり。

こんな仕事をしている主人公だから、
私生活でも人間関係はものすごくドライ。
楽な距離で付き合い、深入りしない。

人に深入りしないということは、
自分の人生にも誰も深く関わって来ないことです。

主人公は自分の孤独に徐々に気づいていきます。

本作の監督はジェイソン・ライトマン。
『ゴーストバスターズ』のアイバン・ライトマンの息子。
自分とも同年代。

父親の作風は娯楽中心だったにも関わらず、
息子のジェイソンは社会問題を多く扱う。
しかも世間で嫌われる立場や仕事を持った人物を
主人公に配置する。挑戦的だ。

社会派なテーマにも関わらず、演出はオシャレで、
ビジュアル的に魅入ってしまう。

本作も親しい友人がリストラで
落ち込んでいる姿を見て、
励ます意味も含めて浮かんだアイディアらしい。

リストラというとネガティブなイメージだし、
毎日働いていた会社から「あなたはいらない」と
言われるのは心に傷をつくる。

しかしながら視点を変えれば、
新しい人生のスタート。
むしろないがしろにしていた
自分の人生と向き合うチャンスでもある。

逆境をチャンスと捉える心の余裕があったなら、
人生は開けて行くのは確実。

一度きりの短い人生。
仕事の意味合いは一体なんなんか、
じっくり考えてみるのもいいのかもしれない。

泥臭くならず、この映画みたいにオシャレにね。

関連記事

『モアナと伝説の海』ディズニーは民族も性別も超えて

(C)2017 Disney. All Rights Reserved.[/caption]

記事を読む

『耳をすませば』リア充映画?現実的な作品なのに

ジブリアニメ『耳をすませば』は ネット民たちの間では「リア充映画」と 言われているらしい

記事を読む

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

http://marvel.disney.co.jp/movie/thor-br.html[/ca

記事を読む

『名探偵ホームズ』ストーリー以外の魅力とは?

最近、ジブリ作品が好きな自分の子どもと一緒に『名探偵ホームズ』を観た。 かつて『風の谷

記事を読む

現代のプリンセスはタイヘン!!『魔法にかけられて』

先日テレビで放送していた『魔法にかけられて』。 ディズニーが自社のプリンセスものを 皮肉

記事を読む

デジタルデトックスのススメ『めがね』

荻上直子監督の前作『かもめ食堂』のヒットを受け継いで、ほとんどキャストも同じのこの映画『めが

記事を読む

『マトリックス』って続編はつまらないよね

映画『マトリックス』はSFアクション映画の転機になるような作品だった。もうカッコいいという言

記事を読む

『魔女の宅急便』魔法に頼らないということ

ウチの子どもたちも大好きなジブリアニメ『魔女の宅急便』。 実はウチの子たちはジブリアニ

記事を読む

『ミニオンズ』子ども向けでもオシャレじゃなくちゃ

もうすぐ4歳になろうとしているウチの息子は、どうやら笑いの神様が宿っているようだ。いつも常に

記事を読む

トップアイドルだからこそこの生活感!!『もらとりあむタマ子』

ダメ男というのは笑えるが、ダメ女というのはなかなか笑えない。それは世間一般の潜在意識の中に「

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

http://marvel.disney.co.jp/movie/t

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを

『ブレードランナー2049』映画への接し方の分岐点

http://www.bladerunner2049.jp/[/ca

『トロールズ』これって文化的鎖国の始まり?

配信チャンネルの目玉コーナーから、うちの子どもたちが『トロール

→もっと見る

PAGE TOP ↑