*

『マイレージ、マイライフ』失業、それもまた人生のチャンス。

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 映画:マ行

 

イケア・ジャパンが従業員全員を
正社員化することを発表した。

非正規社員の立場の悪さは社会問題として
多くとりあげられている。
しかしながら正社員雇用が夢の立場とも
あながち言えない。

果たして正社員で働くばかりが人生かと
誰もが問い始めているいまの世の中に対抗する
社運をかけた大いなる試みでしょう。

スターバックスも全員正社員化に取り組んでいる。
社員のモチベーションもあがるので、
当然サービスも向上されるでしょう。

今後上記の会社にどんな効果がでてくるのか
動向に期待します。

かつては正社員として大手に入社すれば
安泰神話があったが、いまはそんなこともない。
正社員になってもこの不景気、
いつ会社が潰れるかわからないし、
リストラでいつ職をなくすかも見当もつかない。

収入源を一カ所にするなとは、
最近よく言われている言葉だ。

この映画の主人公は大手企業の解雇宣告人。
リストラ対象者に、解雇の旨を伝える専門家。
世界中を旅して、方々でリストラを宣告する仕事。

そんな仕事があったのかとびっくり。

こんな仕事をしている主人公だから、
私生活でも人間関係はものすごくドライ。
楽な距離で付き合い、深入りしない。

人に深入りしないということは、
自分の人生にも誰も深く関わって来ないことです。

主人公は自分の孤独に徐々に気づいていきます。

本作の監督はジェイソン・ライトマン。
『ゴーストバスターズ』のアイバン・ライトマンの息子。
自分とも同年代。

父親の作風は娯楽中心だったにも関わらず、
息子のジェイソンは社会問題を多く扱う。
しかも世間で嫌われる立場や仕事を持った人物を
主人公に配置する。挑戦的だ。

社会派なテーマにも関わらず、演出はオシャレで、
ビジュアル的に魅入ってしまう。

本作も親しい友人がリストラで
落ち込んでいる姿を見て、
励ます意味も含めて浮かんだアイディアらしい。

リストラというとネガティブなイメージだし、
毎日働いていた会社から「あなたはいらない」と
言われるのは心に傷をつくる。

しかしながら視点を変えれば、
新しい人生のスタート。
むしろないがしろにしていた
自分の人生と向き合うチャンスでもある。

逆境をチャンスと捉える心の余裕があったなら、
人生は開けて行くのは確実。

一度きりの短い人生。
仕事の意味合いは一体なんなんか、
じっくり考えてみるのもいいのかもしれない。

泥臭くならず、この映画みたいにオシャレにね。

関連記事

no image

『みんなのいえ』家づくりも命がけ

  念願のマイホームを手に入れる。自分の土地を得て城を持つことを夢に描くのは、日本人

記事を読む

no image

夢物語じゃないリサーチ力『マイノリティ・リポート』

  未来描写でディストピアとも ユートピアともとれる不思議な映画、 スピルバーグ

記事を読む

no image

『マイマイ新子と千年の魔法』真のインテリジェンスとは?

  近年のお気に入り映画に『この世界の片隅に』はどうしも外せない。自分は最近の日本の

記事を読む

『まだ結婚できない男』おひとりさまエンジョイライフ!

今期のテレビドラマは、10年以上前の作品の続編が多い。この『結婚できない男』や『時効警察』な

記事を読む

no image

『メッセージ』ひとりが幸せを感じることが宇宙を変える

ずっと気になっていた映画『メッセージ』をやっと観た。人類が宇宙人とファースト・コンタクトを取るストー

記事を読む

no image

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』物語みたいに割り切れないこと

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の評判は、劇場公開時からよく耳にしていた。ただ、どの感想を聞い

記事を読む

『名探偵ピカチュウ』日本サブカル、これからどうなる?

日本のメディアミックス作品『ポケットモンスター』を原作に、ハリウッドで製作された実写映画『名

記事を読む

no image

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

ポップコーン・ムービーの王道、今ノリにノってるディズニー・マーベルの人気キャラクター・ソーの最新作『

記事を読む

no image

『Mr.インクレディブル』好きな仕事に就くこと

  今年続編が公開される予定のピクサー2004年の映画『Mr.インクレディブル』。も

記事を読む

no image

『モアナと伝説の海』ディズニーは民族も性別も超えて

ここ数年のディズニーアニメはノリに乗っている。公開する新作がどれも傑作で、興行的にも世界中で成功して

記事を読む

『パラサイト 半地下の家族』国境を越えた多様性韓流エンタメ

ここのところの韓流エンターテイメントのパワーがすごい。音楽では

『ターミネーター/ニュー・フェイト』老人も闘わなければならない時代

『ターミネーター』シリーズ最新作の『ニュー・フェイト』。なんで

『家族を想うとき』頑張り屋につけ込む罠

  引退宣言をすっかり撤回して、新作をつくり続

『もののけ姫』女性が創る社会、マッドマックスとアシタカの選択

先日、『マッドマックス/怒りのデスロード』が、地上波テレビ放送

『ジョジョ・ラビット』長いものに巻かれてばかりいると…

「この映画好き!」と、開口一番発してしまう映画『ジョジョ・ラビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑