*

愛すべき頑固ジジイ『ロボジー』

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 映画:ラ行

 

2015年のゴールデンウィーク映画で『龍三と7人の子分たち』という映画があって、ジジイ達のコメディ作品というふれこみだったので、これは面白そうだと思って観に行ったら、コメディというよりは犯罪映画で、あまりにガラが悪過ぎて引いてしまった自分。じゃあどんなジジイコメディが好みなのかと考えてみたら、案外近年作で『ロボジー』が当てはまった。しかも日本映画というところが良いじゃない。

監督は矢口史靖氏。『ウォーターボーイズ』や『スイングガールズ』など学生部活もののコメディ作が多い監督さん。もともと好きな作品が多いので、この『ロボジー』も期待大だった。

ロボット製造会社の設計士のダメダメトリオが、新型ロボットが完成の寸前で壊れてしまい、苦肉の策でロボットの中身に人に入ってもらう事にする。オーディションをしたら、腰痛持ちのおじいちゃんの動きが、たまらなくロボットに似ていたので大抜擢。そしてこのロボットに理系女子が恋をしたりする。

基本的に登場人物全員を愛情込めて描いているので、観ているうちにどんどんキャラクターが好きになってくる。朝ドラ女優の吉高由里子さんの理系女子っぷりも笑える。キレイな女優さんなのに、そうみせない監督のイジワルぶりもなかなか好み。

そしてもっとも魅力的なのはミッキー・カーチスこと五十嵐信次郎さんの『ロボジー』。このおじいさんのキャラクターが最高。
職人気質の頑固じいさんで、短気で自分勝手、でも寂しがりや。こんな愛すべきじいさん、自分の周りにもいます。きっと自分も将来こんなじいさんになることでしょう。

ロボット工学をテーマに扱っているのも、いまの日本的なイメージで面白い。
この映画のロボットは、ちっともカッコ良くなくて泥臭い。「世界に誇る日本の◯◯」とか、ギャグにしかならない自画自賛はダサいからもうやめにしましょうよ。

ロボットが今のリアルな日本に共存している姿は、こんな感じだと思う。それはそれで魅力的な日常だと思うのだけれど……。

関連記事

no image

『ラ・ラ・ランド』夢をみること、叶えること

ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』の評判は昨年末から日本にも届いていた。たまたま自分は日本公開初日の

記事を読む

no image

『ラストサムライ』渡辺謙の作品選び

  トム・クルーズ主演の日本を舞台にした時代物ハリウッド映画『ラストサムライ』。渡辺

記事を読む

no image

『ルパン三世 カリオストロの城』これって番外編だよね?

  『ルパン三世』が30年ぶりに テレビシリーズになるとのことで。 数年前か

記事を読む

no image

『ローレライ』今なら右傾エンタメかな?

  今年の夏『進撃の巨人』の実写版のメガホンもとっている特撮畑出身の樋口真嗣監督の長

記事を読む

no image

『リング』呪いのフォーマットは変われども

『リング』や『呪怨』を作った映画制作会社オズが破産したそうです。 そういえば幼稚園頃の娘が「さ

記事を読む

no image

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ある意味これもゾンビ映画

『スターウォーズ』の実写初のスピンオフ作品『ローグ・ワン』。自分は『スターウォーズ』の大ファンだけど

記事を読む

no image

部外者が描いたからこそ作品になれた『リトル・ブッダ』

  4月8日は花祭りの日。 ブッダが生まれた日としてお祝いする日だそうで。

記事を読む

no image

『ラースと、その彼女』心の病に真摯に向き合ったコメディ

  いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気者になったライアン・ゴズリング。彼の魅力は、そこは

記事を読む

『レディ・プレイヤー1』やり残しの多い賢者

御歳71歳になるスティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』は、日本公開時

記事を読む

no image

『ラストエンペラー』で近代史に興味がわいた

イタリアのベルナルド・ベルトルッチ監督の『ラストエンペラー』。西洋人が描く東洋の歴史。この映画を観た

記事を読む

『好きにならずにいられない』自己演出の必要性

日本では珍しいアイスランド映画『好きにならずにいられない』。エ

『ミッドナイト・イン・パリ』隣の芝生、やっぱり気になる?

ウッディ・アレン監督が2011年に発表した『ミッドナイト・イン

『1917 命をかけた伝令』戦争映画は平和だからこそ観れる

コロナ禍の影響で『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が当

『インセプション』自分が頭が良くなった錯覚に堕ちいる映画

クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』。公開当時、映

『ホドロフスキーのDUNE』伝説の穴

アレハンドロ・ホドロフスキー監督がSF小説の『DUNE 砂の惑

→もっと見る

PAGE TOP ↑