*

『レゴバットマン/ザ・ムービー』男のロマンという喜劇

公開日: : 最終更新日:2019/06/10 アニメ, 映画:ラ行

映画『レゴバットマン』が面白いという噂はずっと聞いていた。でもやっぱり子ども向けなので後回しになっていた。今年のハロウィンでウチの子たちが、ジョーカーとハーレクインのコスプレをやったのを機に、DCコミックのキャラクターがようやく我が家でも浸透し始めた。

自分はDCの実写映画は、『ワンダーウーマン』以外はあまりピンとこなかった。『ワンダーウーマン』は大好き。一応コスプレの予習として『スーサイド・スクワッド』もみんなで見直したけど、やっぱりついていけない。ジャレッド・レトのジョーカーとマーゴット・ロビーのハーレクインがサイコーな分、かなり残念。DC映画って暗過ぎて、シナリオがちゃんと整理されてない気がする。原作知ってる人だけしかわからないってのはマニアック過ぎる。

バットマンを扱った過去の映画も、自分にはピンとこないものばかりだった。あの名作と言われたクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』三部作も、自分は振り落とされてしまった。あまりに映画の展開のテンポが早すぎて、感情移入できないどころか状況把握できない。暗い場面も多いので、毎回睡魔との戦いだった。これがなんで人気があるのか、とうとう最後までわからずじまい。自分的には好きそうな世界観なので、ちょっと悔しかった。

だからこの『レゴバットマン』もあまり期待せずに子どもたちと観始めた。そしたらもう、冒頭から笑いっぱなし。こんなバットマンが観たかった!

日本語吹き替え版のバットマンの声は山ちゃんこと山寺宏一さん。ホントは高い声も出せるのに、ムリに低音ボイスを出してる感じがうまい。後でオリジナル英語版を観てみたら、意外とカッコよくて面白くない。吹き替え版の山ちゃんの方が、バカバカしくくだらなく演じてて、ダンゼン面白い。なんでもかんでも山ちゃんにキャスティングされてる感があるけど、山ちゃんの真価がハッキリ分かった。七色の声を持っているだけじゃなく、コメディセンスや表現の幅が圧倒的なのね。

この『レゴバットマン』を観ていると、なぜ今まで自分がバットマンを好きになれなかったのかだんだん分かってきた。バットマンことブルース・ウェインは、幼い頃目の前で両親を強盗に殺される。大富豪の御曹司だったウェインは、金にモノを言わせ自分自身で武器を作り、アーマードスーツを着込んで、悪に復讐し始める。バットマンと名乗って。

要するに、あまりに悲惨な経験をしてしまったがために心が病んで、閉じこもってしまった人。リッチだったから、正義の味方になって承認欲求を満たしてるけど、やっぱり人嫌い。ひとりぼっちで豪邸に閉篭もる。でも先代からの執事アルフレッドだけは除く。アルフレッドは忠実な部下であり、父親がわりでもある。

そんな心の病を背負ったバットマン。まさにダークナイト。こんな性格の暗いヤツ、好きになるのは難しい。悪役もみんな心が壊れてしまった人ばかりだし。

うつ病みたいなバットマンを、この『レゴバットマン』は、これでもかといじくりまわしている。いままでのバットマンの歪んだ正義感はそこにはなく、むしろ健全な精神状態へ彼を引き戻そうとするパワーがこちらの映画にはある。バットマン、幸せになって!

自分の世界に閉じ籠り、それを男のロマンと言い放つ。正義という自分だけの理屈で、なんの権限もないのに、誰かを裁く。……ん? これって日々ネットで正義を振りかざしている人たちに似てないか? 大富豪ではないけど、ネットはある。バットマンスーツはないけど、匿名アバターは持ってる。世界の正義を守るより、自分自身の人生を守る方が大事だぞ!

そんな誰もが陥りやすいダークサイドを正当化してるからこそ、バットマンは人気があるのか? だったら歪んでる。バットマンは、自分はまったく理解ができないダークヒーローだけど、これに共感できる人が多いというのは結構危うい。「これはヘンだよ」と笑い飛ばせるセンスは必要だ。バットマンはツッコミどころ満載。

「DCは暗い」とデッドプールもツッコミ入れてた。ディズニー・マーベルが成功したのは、明るいコメディに仕上げたから。ぴちぴちコスプレの大人が集まって、根暗に理屈をグチグチ言ってたって面白いわけがない。原作は所詮子ども向けのカートゥーン。笑いと背中合わせの幼稚な世界で、大真面目にやるなんてダサ過ぎる。どんどん暗い方へ向かっている現代、なにかを告発するわけでもないフィクションの世界で暗くなってはダメだ。ただただ病気になるだけ。

『レゴバットマン』では、DCコミックの悪役だけでなく、ワーナー映画に出てくる悪役が勢ぞろいする。これらの悪役たち、ウチの子たちは全部知ってる。これはおかしな英才教育になってしまったぞ。将来なんの役にも立たないダメ知識。そんなことに子どもたちの脳細胞を使わせてしまったことに、恥ずかしくなってしまった。

映画好きも男のロマン。やっぱりそんなものに固執するのはくだらない。自分のつまらぬこだわりに自分自身でツッコミながら笑って生きる余裕が必要だ。

今のバットマン役のベン・アフレックやスーパーマン役のヘンリー・カヴィルも降板したがってるらしい。DC映画は新しい視点を求められているのだろう。

もし『レゴバットマン』みたいな斬新な切り口で実写映画が作られたら、自分もバットマンを大好きになるんだけどなぁ……。

関連記事

no image

『風が吹くとき』こうして戦争が始まる

  レイモンド・ブリッグズの絵本が原作の映画『風が吹くとき』。レイモンド・ブリッグズ

記事を読む

no image

『リメンバー・ミー』生と死よりも大事なこと

春休み、ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』が日本で劇場公開された。本国アメリカ公開から半年遅れだ。

記事を読む

no image

『ラストエンペラー』で近代史に興味がわいた

イタリアのベルナルド・ベルトルッチ監督の『ラストエンペラー』。西洋人が描く東洋の歴史。この映画を観た

記事を読む

no image

『キングスマン』威風堂々、大人のわるふざけ。

  作品選びに慎重なコリン・ファースがバイオレンス・アクションに主演。もうそのミスマ

記事を読む

no image

『バードマン』あるいはコミック・ヒーローの反乱

  アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の 新作がコメディと聞いて、ま

記事を読む

no image

『スター・トレック BEYOND』すっかりポップになったリブートシリーズ

オリジナルの『スター・トレック』映画版をやっていた頃、自分はまだ小学生。「なんだか単純そうな話なのに

記事を読む

no image

『ズートピア』理不尽な社会をすり抜ける術

ずっと観たかったディズニー映画『ズートピア』をやっと観ることができた。公開当時から本当にあちこちから

記事を読む

no image

『おおかみこどもの雨と雪』で人生に向き合おう

  『リア充』って良い言葉ではないと思います。 『おおかみこどもの雨と雪』が

記事を読む

『コジコジ』カワイイだけじゃダメですよ

漫画家のさくらももこさんが亡くなった。まだ53歳という若さだ。さくらももこさんの代表作といえ

記事を読む

no image

『花とアリス』男が描く少女マンガの世界

  岩井俊二監督作品『花とアリス』が アニメ化されるというニュースが来ましたね。

記事を読む

『アナと雪の女王2』百聞は一見にしかずの旅

コロナ禍で映画館は閉鎖され、映画ファンはストレスを抱えているこ

『斉木楠雄のΨ難』生きづらさと早口と

ネット広告でやたらと『斉木楠雄のΨ難』というアニメを推してくる

『コンテイジョン』映画は世界を救えるか?

知らないうちに引退宣言をしていて、いつの間に再び監督業に復帰し

『欲望の時代の哲学2020 マルクス・ガブリエル NY思索ドキュメント』流行に乗らない勇気

Eテレで放送していた哲学者マルクス・ガブリエルのドキュメンタリ

『ブラックパンサー』伝統文化とサブカルチャー、そしてハリウッドの限界?

♪ブラックパンサー、ブラックパンサー、ときどきピンクだよ〜♫

→もっと見る

PAGE TOP ↑