*

『レゴバットマン/ザ・ムービー』男のロマンという喜劇

公開日: : 最終更新日:2020/10/18 アニメ, 映画:ラ行

映画『レゴバットマン』が面白いという噂はずっと聞いていた。でもやっぱり子ども向けなので後回しになっていた。今年のハロウィンでウチの子たちが、ジョーカーとハーレクインのコスプレをやったのを機に、DCコミックのキャラクターがようやく我が家でも浸透し始めた。

自分はDCの実写映画は、『ワンダーウーマン』以外はあまりピンとこなかった。『ワンダーウーマン』は大好き。一応コスプレの予習として『スーサイド・スクワッド』もみんなで見直したけど、やっぱりついていけない。ジャレッド・レトのジョーカーとマーゴット・ロビーのハーレクインがサイコーな分、かなり残念。DC映画って暗過ぎて、シナリオがちゃんと整理されてない気がする。原作知ってる人だけしかわからないってのはマニアック過ぎる。

バットマンを扱った過去の映画も、自分にはピンとこないものばかりだった。あの名作と言われたクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』三部作も、自分は振り落とされてしまった。あまりに映画の展開のテンポが早すぎて、感情移入できないどころか状況把握できない。暗い場面も多いので、毎回睡魔との戦いだった。これがなんで人気があるのか、とうとう最後までわからずじまい。自分的には好きそうな世界観なので、ちょっと悔しかった。

だからこの『レゴバットマン』もあまり期待せずに子どもたちと観始めた。そしたらもう、冒頭から笑いっぱなし。こんなバットマンが観たかった!

日本語吹き替え版のバットマンの声は山ちゃんこと山寺宏一さん。ホントは高い声も出せるのに、ムリに低音ボイスを出してる感じがうまい。後でオリジナル英語版を観てみたら、意外とカッコよくて面白くない。吹き替え版の山ちゃんの方が、バカバカしくくだらなく演じてて、ダンゼン面白い。なんでもかんでも山ちゃんにキャスティングされてる感があるけど、山ちゃんの真価がハッキリ分かった。七色の声を持っているだけじゃなく、コメディセンスや表現の幅が圧倒的なのね。

この『レゴバットマン』を観ていると、なぜ今まで自分がバットマンを好きになれなかったのかだんだん分かってきた。バットマンことブルース・ウェインは、幼い頃目の前で両親を強盗に殺される。大富豪の御曹司だったウェインは、金にモノを言わせ自分自身で武器を作り、アーマードスーツを着込んで、悪に復讐し始める。バットマンと名乗って。

要するに、あまりに悲惨な経験をしてしまったがために心が病んで、閉じこもってしまった人。リッチだったから、正義の味方になって承認欲求を満たしてるけど、やっぱり人嫌い。ひとりぼっちで豪邸に閉篭もる。でも先代からの執事アルフレッドだけは除く。アルフレッドは忠実な部下であり、父親がわりでもある。

そんな心の病を背負ったバットマン。まさにダークナイト。こんな性格の暗いヤツ、好きになるのは難しい。悪役もみんな心が壊れてしまった人ばかりだし。

うつ病みたいなバットマンを、この『レゴバットマン』は、これでもかといじくりまわしている。いままでのバットマンの歪んだ正義感はそこにはなく、むしろ健全な精神状態へ彼を引き戻そうとするパワーがこちらの映画にはある。バットマン、幸せになって!

自分の世界に閉じ籠り、それを男のロマンと言い放つ。正義という自分だけの理屈で、なんの権限もないのに、誰かを裁く。……ん? これって日々ネットで正義を振りかざしている人たちに似てないか? 大富豪ではないけど、ネットはある。バットマンスーツはないけど、匿名アバターは持ってる。世界の正義を守るより、自分自身の人生を守る方が大事だぞ!

そんな誰もが陥りやすいダークサイドを正当化してるからこそ、バットマンは人気があるのか? だったら歪んでる。バットマンは、自分はまったく理解ができないダークヒーローだけど、これに共感できる人が多いというのは結構危うい。「これはヘンだよ」と笑い飛ばせるセンスは必要だ。バットマンはツッコミどころ満載。

「DCは暗い」とデッドプールもツッコミ入れてた。ディズニー・マーベルが成功したのは、明るいコメディに仕上げたから。ぴちぴちコスプレの大人が集まって、根暗に理屈をグチグチ言ってたって面白いわけがない。原作は所詮子ども向けのカートゥーン。笑いと背中合わせの幼稚な世界で、大真面目にやるなんてダサ過ぎる。どんどん暗い方へ向かっている現代、なにかを告発するわけでもないフィクションの世界で暗くなってはダメだ。ただただ病気になるだけ。

『レゴバットマン』では、DCコミックの悪役だけでなく、ワーナー映画に出てくる悪役が勢ぞろいする。これらの悪役たち、ウチの子たちは全部知ってる。これはおかしな英才教育になってしまったぞ。将来なんの役にも立たないダメ知識。そんなことに子どもたちの脳細胞を使わせてしまったことに、恥ずかしくなってしまった。

映画好きも男のロマン。やっぱりそんなものに固執するのはくだらない。自分のつまらぬこだわりに自分自身でツッコミながら笑って生きる余裕が必要だ。

今のバットマン役のベン・アフレックやスーパーマン役のヘンリー・カヴィルも降板したがってるらしい。DC映画は新しい視点を求められているのだろう。

もし『レゴバットマン』みたいな斬新な切り口で実写映画が作られたら、自分もバットマンを大好きになるんだけどなぁ……。

関連記事

no image

おばさまに好評の『ハウルの動く城』

  スタジオジブリ作品『ハウルの動く城』。 公開当時、大勢から「わけがわからない」

記事を読む

no image

『6才のボクが、大人になるまで。』育児の恐れを緩和させる映画的時間旅行

  『6才のボクが、大人になるまで。』と、邦題そのままの映画。6才の少年が18才にな

記事を読む

no image

『精霊の守り人』メディアが混ざり合う未来

  『NHK放送90年 大河ファンタジー』と冠がついたドラマ『精霊の守り人』。原作は

記事を読む

no image

部外者が描いたからこそ作品になれた『リトル・ブッダ』

  4月8日は花祭りの日。 ブッダが生まれた日としてお祝いする日だそうで。

記事を読む

『かぐや姫の物語』 この不気味さはなぜ?

なんとも不気味な気分で劇場を後にした映画。 日本人なら、昔話で誰もが知っている 『

記事を読む

no image

東京テロリズムのシミュレーション映画『機動警察パトレイバー the movie2』

  今実写版も制作されている アニメ版『パトレイバー』の第二弾。 後に『踊る

記事を読む

『天使のたまご』 アート映画風日本のアニメ

最新作の実写版『パトレイバー』も話題の世界的評価の高い押井守監督の異色作『天使のたまご』。ス

記事を読む

『龍の歯医者』 坂の上のエヴァ

コロナ禍緊急事態宣言中、ゴールデンウィーク中の昼間、NHK総合でアニメ『龍の歯医者』が放送さ

記事を読む

『STAND BY ME ドラえもん』 大人は感動、子どもには不要な哀しみ?

映画『STAND BY ME ドラえもん』を 5歳になる娘と一緒に観に行きました。

記事を読む

no image

『バードマン』あるいはコミック・ヒーローの反乱

  アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の 新作がコメディと聞いて、ま

記事を読む

『時をかける少女』 永遠に続く人生の忘れ物

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が公開されるにあたり、彼

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

→もっと見る

PAGE TOP ↑