*

『下妻物語』は日本映画の分岐点?

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 ドラマ, 映画:サ行,

 

台風18号は茨城を始め多くの地に甚大なる被害を与えました。被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

被害にあった茨城の地で下妻とあがっていて、すぐ映画『下妻物語』を思い出した。この映画がなければその土地の名前を知る由もなかったわけです。ロケになったあの場所が今回、どれほどの被害を受けたのかと想像すると胸が痛みます。

この映画『下妻物語』は中島哲也監督の名前も世に広めた作品でもあります。深沢恭子さん演じるロリータファッションの高校生と、土屋アンナさん演じるヤンキー娘の女の友情の物語です。嶽本野ばらさん原作の小説に忠実に映像化しているにもかかわらず、情報過多な演出で、観客を飽きさせない圧倒的なパワーで押し切る演出がとても面白かった。自分は予告編を観て「これ面白そう」とは直感で分かったのですが、如何せん若い女の子が主人公の映画なので観に行くのが恥ずかしかったのを記憶しております。でも観賞後の満足感は120%でしたね。

ロリータファッションの子もヤンキーの子も、お互いのセンスは嫌っているのです。でもそこへ向かうポリシーはお互い尊重し合っている。そうなんです、趣味が同じだからといって人生観が合うとは限らないのです。同じものを観て同じものに興味を持っていても、馬が合わないなんてことよくあります。趣味が違うのになぜか気があう人というのも存在します。そうなると俄然後者の人を親しい友人になってしまうわけです。ここで描かれている友情は、アツいマッチョなものと思えます。

この『下妻物語』が公開された2004年は、シネコンブームの真っただ中。日本映画は不人気で、映画館で観るといえばハリウッド映画が主流だった頃、この『下妻物語』の登場で「あれ、邦画もおもしろいじゃない」と思う人が増えたような気がします。で、今の邦画にも客が入るようになった時代を迎えたわけですが、では邦画が面白くなったのかと言えば、全然「NO」でしょう。『下妻物語』の類似作はいまだに続出しているし、何と言っても日本の映画のチャートにあがる作品はみんな似てる。アニメかマンガ原作、テレビシリーズの映画化ばかり。

日本映画はなぜか生活に密着していない作品が多い。これは日本人の不真面目さが現れているよう。現実の生活から目をそむけて、フィクションの世界へ逃げ込む。海外の作品が持っている問題意識のようなものは全く感じられない。どんなに派手なハリウッド作でも、なんら社会問題を明るく蹴飛ばしたりしている姿を見るとかなわない。

日常に興味がないから、生活がどんどん悪くなっていく。住みづらくなるような流れになっても気づけない。平生普段の生活にまじめに向き合っていれば、世の中がおかしな方向へ向かえば死守したいと感じる。政治に興味がないということは、自分の人生に興味がないということと同義語かも知れない。

この『下妻物語』の表層的な演出技術を模倣してみても、面白い作品は作れない。研究するなら、なぜ中島監督がこの演出を選んだのかの哲学を追究した方が良いのだろう。

 

関連記事

no image

『なつぞら』自分の人生とは関係ないドラマのはずだったのに……

「アニメーターってなによ?」7歳になる息子が、NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』の番宣でのセリフ「

記事を読む

no image

『お嬢さん』無国籍お耽美映画は解放へ向かう

韓国産の作風は、韓流ドラマのような甘ったるいものと、血みどろで殺伐とした映画と極端に分かれているよう

記事を読む

no image

『怒り』自己責任で世界がよどむ

正直自分は、最近の日本のメジャー映画を侮っていた。その日本の大手映画会社・東宝が製作した映画『怒り』

記事を読む

no image

『高慢と偏見(1995年)』婚活100年前、イギリスにて

  ジェーン・オースティンの恋愛小説の古典『高慢と偏見』をイギリスのBBCテレビが制

記事を読む

no image

『ごめんね青春!』クドカンもああみえて天才なのよね

  話題の新ドラマ『ごめんね青春!』。 脚本はクドカンこと宮藤官九郎さん。

記事を読む

no image

『ワールド・ウォーZ』ゾンビものとディザスターもののイノベーション

  ブラッド・ピットが自ら製作も手がけた 映画『ワールド・ウォーZ』。 ゾン

記事を読む

no image

『ジャングル大帝』受け継がれる精神 〜冨田勲さんを偲んで

  作曲家の冨田勲さんが亡くなられた。今年は音楽関係の大御所が立て続けに亡くなってい

記事を読む

no image

『幕が上がる』覚悟の先にある楽しさ

  自分はアイドル文化や萌えとかよくわからない。だから『ももいろクローバーZ』の存在

記事を読む

no image

『惑星ソラリス』偏屈な幼児心理

  2017年は、旧ソ連の映画監督アンドレイ・タルコフスキーに呼ばれているような年だ

記事を読む

no image

『サウルの息子』みせないことでみえてくるもの

カンヌ映画祭やアカデミー賞など、世界の大きな映画祭で、賞をとりまくっていたハンガリー映画『サウルの息

記事を読む

no image
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』その扇動、のるかそるか?

『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビースト

no image
『日本のいちばん長い日(1967年)』ミイラ取りがミイラにならない大器

1967年に公開された映画『日本のいちばん長い日』。原作はノンフィクシ

no image
『SHOAH ショア』ホローコースト、それは証言か虚言か?

ホロコーストを調べている身内から借りたクロード・ランズマンのブルーレイ

no image
『ひろしま』いい意味でもう観たくないと思わせるトラウマ映画

ETV特集で『ひろしま』という映画を取り扱っていた。広島の原爆投下から

no image
『愛の渦』ガマンしっぱなしの日本人に

乱交パーティの風俗店での一夜を描いた『愛の渦』。センセーショナルな内容

→もっと見る

PAGE TOP ↑