*

『ズートピア』理不尽な社会をすり抜ける術

公開日: : 最終更新日:2019/06/11 アニメ, 映画:サ行

ずっと観たかったディズニー映画『ズートピア』をやっと観ることができた。公開当時から本当にあちこちから「面白かった!」という声を聞いた。映画ランキングのヒットチャートに乗っている作品でも、身近で「この映画観た!」と聞くことはあまりない。所詮映画なんてごく一部のファンだけで成立している産業なのかと思っていたから珍しい。それこそ普段映画とは縁もなさそうなお兄ちゃんが、「『ズートピア』よかったな〜」なんて街角で話しているのが聞こえてきたりする。これはすごいこと。

ディズニー映画ならではの、ハイテクを駆使した映像は当然素晴らしい。ファンタジー、SF、サスペンス、推理、そして社会風刺。多くのエンターテイメントの要素があり、ものすごい情報量の映画なのに、鑑賞後お腹いっぱいのクタクタになったりしない。観終わったらまた観たくなる。リピーター続失なのも頷ける。それはこの映画のテーマがシンプルでストレートだから。

大人の方が楽しめるという印象もあるが、実は子どもたちにこそ観てもらいたい。ウチの子達もまだ小さいので、ストーリーこそは難しかったらしいが、この映画が伝えたい根幹は知っておいた方がいいのかもしれない。

主人公のウサギのジュディは「世界をよりよくしたい」と大志を抱いて、大都市ズートピアに警官として上京する。同僚は大男(大動物?)ばかりの職場で、唯一小さな女性の警察官。成績優秀でも誰も歓迎してくれない。ジュディは小さくて可愛いという見かけで判断されるのを嫌う。

夢を抱いて何かをしようとするとき、理想と現実の壁に必ずぶつかる。それでも夢を見続けて頑張ること。それらとどうやって折り合いをつけて、信念を通していくか。弱い存在の者が頑張っている姿には勇気をもらう。主人公の善良な両親も「夢を諦めた方が幸せに生きられる」と考えている。それもまた弱き者のひとつの生き方。中には弱いがゆえ悪事に手を染めてしまう者もいる。案外強い者の方が堂々と生きていたりするものだ。

『ズートピア』の世界観は、多種多様の民族が集まって生きる現代のアメリカの姿。あらゆる差別や偏見は日常のこと。そんな考えとどう付き合っていくか? 映画は難しいテーマを扱っているが、いじめ問題も含む誰もが共感することができる内容。理不尽な状況下で、ジュディはどう立ち向かっていくか? 偏見で傷ついたキツネの相棒ニックとともに、ズートピアを襲う計画を探っていく。

ジュディは婦人警官だからもう大人だし、ニックも中年にさしかかっている。アニメの設定としては年をとっているようにも思えるが、こうして不器用でも頑張って働いたり、一生懸命生きている大人の背中を見せるというのは、子どもたちにとってとても大事。安易に恋愛やお涙頂戴にならないところがいい。ドライでクールな演出だ。

今の日本も格差社会が進んでいると言われている。でも世界的に見たらまだまだ幸せな国。それくらい今、世界が不安定な状態。

先日終わったリオオリンピックでも難民の選手が出場していた。戦争やら貧困やら、スラムの中でその日暮らしの生活の中でスポーツと出会い、これをやらなければ自分はもう人間らしい生き方をできない、これに出会えたことが幸せだと、すがるような思いで練習していたのではと、選手の人生を想像するだけで胸が痛む。

アメリカで起こっている問題は、数年後日本にも起こりうる可能性は高い。『ズートピア』は現代アメリカのメタファーだが、これから日本でも抱えそうな問題提起でもある。この映画での問題は、現代から未来への啓示でもある。

宿命と運命は似て非なるもの。宿命は、自分が生まれた国や家族、人種や環境や時代など、自分自身ではどうしようもないこと。逆に運命は、自分が過去にしてきた行動や、これから選んでいく道、日頃の考え方や態度が反映していくという、自分でいかようにも変えられるもの。

草食動物に生まれたとか、肉食動物に生まれたという宿命はどうしようもない。どうしようもないから、そのアイデンティティーとは仲良く共生するしかない。ただ腐ってしまうのか、それともさらに夢を追い続けて明るく生きていくのかは、自分自身の選択。確かに後者は勇気がいる。でも生きていくのなら、少しでも明るく楽しい方がいい。要は覚悟の問題。

ジュディというキャラクターは、これからの時代に生きていくための心構えのひとつの手本。映画はその時代を捉える歴史的記録としても残っていく。ディズニー作品はこれから10年20年、50年と愛されていくのは、制作者たちも意識してつくっているはず。この『ズートピア』も、現代の空気感を後世に伝える大事な記録として、語り継がれていくのだろう。

果たして未来の子どもたちがこの映画を観て、どう感じるのかとても楽しみだ。

関連記事

『この世界の片隅に』 逆境でも笑って生きていく勇気

小学生の頃、社会の日本近代史の授業で学校の先生が教えてくれた。「第二次大戦中は、今と教育が違

記事を読む

『白洲次郎(テレビドラマ)』自分に正直になること、ズルイと妬まれること

白洲次郎・白洲正子夫妻ってどんな人? 東京郊外ではゆかりの人として有名だけど、恥ずかしながら

記事を読む

『RAW 少女のめざめ』それは有害か無害か? 抑圧の行方

映画鑑賞中に失神者がでたと、煽るキャッチコピーのホラー映画『RAW』。なんだか怖いけど興味を

記事を読む

『SUNNY』 日韓サブカル今昔物語

日本映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は、以前からよく人から勧められていた。自分は最近の

記事を読む

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしまった。上映作品も軒並み公開延期

記事を読む

no image

『スター・トレック BEYOND』すっかりポップになったリブートシリーズ

オリジナルの『スター・トレック』映画版をやっていた頃、自分はまだ小学生。「なんだか単純そうな話なのに

記事を読む

no image

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』アメコミみたいなアイツ

トム・クルーズが好きだ! 自分が映画を観るときに、監督で選ぶことはあっても、役者で決めることはほとん

記事を読む

no image

『スノーデン』オタクが偉人になるまで

スノーデン事件のずっと前、当時勤めていた会社の上司やら同僚がみな、パソコンに付属されているカメラを付

記事を読む

no image

『鉄コン筋クリート』ヤンキーマインド+バンドデシネ

アニメ映画『鉄コン筋クリート』が公開されて今年が10周年だそうです。いろいろ記念イベントやら関連書籍

記事を読む

『斉木楠雄のΨ難』生きづらさと早口と

ネット広告でやたらと『斉木楠雄のΨ難』というアニメを推してくる。Netflix独占で新シーズ

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto | Opus』 グリーフケア終章と芸術表現新章

坂本龍一さんが亡くなって、1年が過ぎた。自分は小学生の頃、YM

『SAND LAND』 自分がやりたいことと世が求めるもの

漫画家の鳥山明さんが亡くなった。この数年、自分が子どものころに

『ハイキュー‼︎』 勝ち負けよりも大事なこと

アニメ『ハイキュー‼︎』の存在を初めて意識したのは、くら寿司で

『オッペンハイマー』 自己憐憫が世界を壊す

クリストファー・ノーラン監督の『オッペンハイマー』を、日本公開

『哀れなるものたち』 やってみてわかること、やらないでもいいこと

ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『哀れなるものたち』が日本で

→もっと見る

PAGE TOP ↑