*

『スノーマン』ファンタジーは死の匂いと共に

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 アニメ, 映画:サ行, , 音楽

4歳になる息子が観たいと選んだのが、レイモンド・ブリッグスの絵本が原作の短編アニメーション『スノーマン』。お、なかなかナイスなチョイスじゃないの。これならお父さんも観たい! 久しぶりに観ようじゃないの『スノーマン』!

このアニメーション作品『スノーマン』は、原作の雰囲気にものすごく忠実で、絵本の手書きのイラストがそのまま動きだすような、一枚一枚手間ひまかけて描いて動かしている丁寧なつくり。本編はサイレントで、セリフも効果音もなく、映像と音楽のみで展開する。

少年が作った雪だるま・スノーマンが夜な夜な動きだし、少年の良き友人として一緒になって遊ぶ。少年はスノーマンに自分の取り巻く世界を紹介する。そのお礼なのか、スノーマンは少年を不思議な世界へ誘ってくれる。スノーマンと一緒に空を飛び、夢のような楽しい世界へ連れて行ってくれる。

スノーマンと少年が空を飛ぶ場面でかかるのが『Walking in the air』という曲。自分がこの曲を初めて聴いたのはラジオ番組だった。当時『PSY・S』という音楽ユニットで活躍されていた松浦雅也さんのNHKFMのラジオ番組『サウンドストリート』で紹介されていた。リスナーの皆さんも気にいるでしょうとおすすめしてました。なんでも友人の記念日にこのビデオをプレゼントしたとのこと。のちにこれほど有名な作品になるとは。かなりの先見の明でした。松浦さん、流石!

そういえば、この『サウンドストリート』のホスト前任者は坂本龍一さんだった。松浦雅也さん当時のあだ名は「博士」。坂本龍一さんが「教授」と呼ばれているからか? この曲を初めて聴いたとき、この美しくも悲しい曲が、まさかこんな可愛らしいスノーマンの映像のものとは思いもしなかったが、まったく違和感なく受け入れることができた。

『スノーマン』では、サイレントなので、本編では基本的に人の肉声は入らない。唯一このスノーマンと少年が飛翔する場面にかかる『Walking in the air』は歌曲なので、人の声が入る。ボーイソプラノのシンプルな曲。空を飛ぶという、心が解き放たれる象徴的な場面にしては切ない。人の声が入るということは、ここまでインパクトのあることなのかと思うほど、強調され印象的な場面となる。人の声のもつ力。

ここでは死の匂いを感じずには得られない。ファンタジーとはそもそも死と隣り合わせの世界。その死とのスリルが、想像世界の魅力となる。スノーマンが連れて行ってくれる世界は楽しいことばかり。これは死の直前にみる走馬灯の世界に近い。スノーマンは少年が作り出した理想の心の友達。心の友達は厄介だ。未成熟な時期にみる幻は、居ごこちが良すぎて抜け出られなくなる危険性がある。

ピクサーの最近作『インサイド・ヘッド』の中でも、ローティーンの少女の脳内には「ビンボン」という心の友達がいる。このビンボンが登場するときは、少女の精神状態がかなりまずいとき。物語上ビンボンは消えゆくべき存在。スノーマンも然り。

スノーマンと楽しい一夜の旅を経験した少年は、朝目覚めると無残に溶けてしまったスノーマンの姿にがく然として物語は終わります。自分が初めて『スノーマン』を観たのは10代前半。なんて悲しい終わり方なんだろうとショックを受けました。しかしレイモンド・ブリッグスが選んだこのラストシーンは正しい結末なんだと、後になって思えてきた。スノーマンとの世界は、妄想の世界。人にはときに現実逃避も必要だけど、そこにどっぷりハマり過ぎては、現実世界では障壁となってしまう。スノーマンの姿が儚く溶けてなくなってしまうことで、少年は本当に目が醒めるのです。残酷で悲しい終わり方にみえるけど、これこそ現実。少年は一瞬死にかけて、生きることについて見せつけられたことになる。

こんなに可愛いタッチの絵柄なのに、音楽や演出が悲しげだった意図はハッキリとした。

2013年の最近になって『スノーマン』の続編『スノーマンとスノードッグ』という作品が発表された。技術も前作よりも進化して、前作へのオマージュがいっぱい。でもこの新作には死の匂いはしない。まったくもってマイルド。独立した作品というよりは、ファンサービスに力点を置いている作品。それはそれでアリでしょう。でもやはり死や狂気と隣り合わせだからこそ、ファンタジーはおもしろい。

あんなに楽しかったのに、寂しく終わる本編。息子は当然ショックを受けていたみたいだけど、このやるせないラストシーンは、子供たちの想像力に刺激を与えるのは間違いない。

 

関連記事

no image

『虹色のトロツキー』男社会だと戦が始まる

  アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGINE』を観た後、作者安彦良和氏の作品

記事を読む

no image

『時をかける少女』フリーになって頭角を現した細田守監督

  『時をかける少女』というと、自分の世代では 大林宣彦監督・原田知世主演の角川映

記事を読む

no image

『オール・ユー・ニード・イズ・キル 』日本原作、萌え要素を捨てれば世界標準

  じつに面白いSF映画。 トム・クルーズのSF映画では 最高傑作でしょう。

記事を読む

no image

『マグノリアの花たち』芝居カボチャとかしましく

年末テレビの健康番組で、糖尿病の特集をしていた。糖尿病といえば、糖分の摂取を制限される病気だと思って

記事を読む

no image

『ドリーム』あれもこれも反知性主義?

  近年、洋画の日本公開での邦題の劣悪なセンスが話題になっている。このアメリカ映画『

記事を読む

no image

部外者が描いたからこそ作品になれた『リトル・ブッダ』

  4月8日は花祭りの日。 ブッダが生まれた日としてお祝いする日だそうで。

記事を読む

no image

『高い城の男』占いは当たらない?

  映画『ブレードランナー』の原作者フィリップ・K・ディックの代表作『高い城の男』。

記事を読む

no image

『総員玉砕せよ!』と現代社会

  夏になると毎年戦争と平和について考えてしまう。いま世の中ではキナくさいニュースば

記事を読む

no image

『猿の惑星:聖戦記』SF映画というより戦争映画のパッチワーク

地味に展開しているリブート版『猿の惑星』。『猿の惑星:聖戦記』はそのシリーズ完結編で、オリジナル第1

記事を読む

no image

『DENKI GROOVE THE MOVIE?』トンガリ続けて四半世紀

  オフィス勤めしていた頃。PCに向かっている自分の周辺視野に、なにかイヤなものが入

記事を読む

no image
『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書い

no image
『カメラを止めるな!』虚構と現実、貧しさと豊かさ

春先に日テレ『金曜ロードSHOW!』枠で放送された『カメラを止

no image
『なつぞら』自分の人生とは関係ないドラマのはずだったのに……

「アニメーターってなによ?」7歳になる息子が、NHK朝の連続テレビ小説

no image
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』そこに自己治癒力はあるのか?

自分はどストライクのガンダム世代。作家の福井晴敏さんの言葉にもあるが、

no image
『ナイトミュージアム』学びは最強の武器

ベン・ステラー監督主演のコメディ映画『トロピック・サンダー』を観たら、

→もっと見る

PAGE TOP ↑