*

『東京ゴッドファーザーズ』地味な題材のウェルメイドアニメ

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, 映画:タ行

t02200181_0488040113162987417

クリスマスも近いので、
ちなんだ映画をセレクト。

なんでもこの『東京ゴッドファーザーズ』というアニメ、
ジョン・フォードの『三人の名付親』という映画から
インスパイアされたとのことで、
何となく古き良きアメリカ映画の
ウェルメイドな雰囲気がする。

ホームレス三人組が主人公
世の中からドロップアウトした彼らは、
元競輪選手のオヤジ、家出女子高生、
ドラッグクイーンのデコボコ三人組。

ふとしたことから一人の赤ん坊をひろい、
母親を探し出し、届けるまでのお話し。

その旅の道の途中、
三人がなぜホームレスになってしまったかの
エピソードが見え隠れし、
各々の問題も大団円意は昇華して行く。
赤ん坊を捨てた母親の心もきちんと言及していく。

人間が描かれたとても良く出来た脚本。

これ、アニメにする必要あったの?
っていうくらい、現代の東京が舞台の作品なので、
実写で撮ってしまった方がラクに感じてしまう。

でもこんな良質だけど地味なお話、
普通に役者さんでやったら、インパクトも何もなく、
完全に埋もれてしまうような企画でしょうね。

そういったメディアのセレクトの妙というのも
この作品ならでは。

むしろアニメファンより、
映画ファンの方が納得するのではないでしょうか。

非常に残念なのは、本作の今敏監督は
2010年に癌で亡くなっているのです。

実写的なアニメを作る、個性的な監督さんだったので
享年46歳という、早すぎる死がとても無念に感じます。

次回作として準備中だった『夢みる機械』も
死後から話を聞かないので、頓挫しているのかもしれません。

今敏作品で音楽をよく担当している
平沢進さんの楽曲は既に発表されているので、
今敏監督の最後の作品が、
いつか日の目を見ることを願うばかりです。

死後発表された彼の死期を悟った
ブログがあります。
人生について考えさせられます。
ご冥福をお祈りします。

関連記事

『かぐや姫の物語』この不気味さはなぜ?

なんとも不気味な気分で劇場を後にした映画。 日本人なら、昔話で誰もが知っている 『

記事を読む

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』顛落の悲劇。自業自得か殉教者か?

問題作すぎて新作『ニンフォマニアック』の 日本公開も危ぶまれながらもうじき公開せまる デ

記事を読む

『デッドプール2』おバカな振りした反骨精神

http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/[/caption]

記事を読む

『クラッシャージョウ』ガラパゴス前夜にて

アニメ映画『クラッシャージョウ』。1983年の作品で、公開当時は自分は小学生だった。この作品

記事を読む

『メアリと魔女の花』制御できない力なんていらない

http://www.maryflower.jp/[/caption] スタジオジブリのスタ

記事を読む

儀式は人生に大切なもの『ディア・ハンター』

マイケル・チミノ監督の ベトナム戦争を扱った名作『ディア・ハンター』。 三時間の長尺

記事を読む

『サマーウォーズ』ひとりぼっちにならないこと

昨日15時頃、Facebookが一時的にダウンした。 なんでもハッカー集団によるものだった

記事を読む

『太陽』これってアート?コメディ?ロシア人監督が描く昭和天皇

今日は終戦記念日。 この作品はロシアの アレクサンドル・ソクーロフ監督が描く、 第

記事を読む

作者を逆感化させた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

正直に言ってしまうと自分は 『ドラゴンボール』はよく知らない。 鳥山明氏の作品は『Dr.

記事を読む

『東京暮色』生まれてきた命、生まれてこなかった命

「東京暮色」4Kデジタル修復版 海外版ポスター (c)1957/2018松竹株式会社[/capti

記事を読む

PAGE TOP ↑