*

『東京ゴッドファーザーズ』地味な題材のウェルメイドアニメ

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, 映画:タ行

t02200181_0488040113162987417

クリスマスも近いので、
ちなんだ映画をセレクト。

なんでもこの『東京ゴッドファーザーズ』というアニメ、
ジョン・フォードの『三人の名付親』という映画から
インスパイアされたとのことで、
何となく古き良きアメリカ映画の
ウェルメイドな雰囲気がする。

ホームレス三人組が主人公
世の中からドロップアウトした彼らは、
元競輪選手のオヤジ、家出女子高生、
ドラッグクイーンのデコボコ三人組。

ふとしたことから一人の赤ん坊をひろい、
母親を探し出し、届けるまでのお話し。

その旅の道の途中、
三人がなぜホームレスになってしまったかの
エピソードが見え隠れし、
各々の問題も大団円意は昇華して行く。
赤ん坊を捨てた母親の心もきちんと言及していく。

人間が描かれたとても良く出来た脚本。

これ、アニメにする必要あったの?
っていうくらい、現代の東京が舞台の作品なので、
実写で撮ってしまった方がラクに感じてしまう。

でもこんな良質だけど地味なお話、
普通に役者さんでやったら、インパクトも何もなく、
完全に埋もれてしまうような企画でしょうね。

そういったメディアのセレクトの妙というのも
この作品ならでは。

むしろアニメファンより、
映画ファンの方が納得するのではないでしょうか。

非常に残念なのは、本作の今敏監督は
2010年に癌で亡くなっているのです。

実写的なアニメを作る、個性的な監督さんだったので
享年46歳という、早すぎる死がとても無念に感じます。

次回作として準備中だった『夢みる機械』も
死後から話を聞かないので、頓挫しているのかもしれません。

今敏作品で音楽をよく担当している
平沢進さんの楽曲は既に発表されているので、
今敏監督の最後の作品が、
いつか日の目を見ることを願うばかりです。

死後発表された彼の死期を悟った
ブログがあります。
人生について考えさせられます。
ご冥福をお祈りします。

関連記事

『犬ヶ島』オシャレという煙に巻かれて

http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/[/caption]

記事を読む

『銀河鉄道999』永遠の命、それは拝金主義の象徴。

『銀河鉄道999』は自分が小学生低学年の頃、 社会現象になるくらいの人気があった。

記事を読む

『スターウォーズ/フォースの覚醒』語らざるべき新女性冒険譚

I have a goood feeling about this!! やっとこさ『ス

記事を読む

『クラフトワーク』テクノはドイツ発祥、日本が広めた?

ドイツのテクノグループ『クラフトワーク』が 先日幕張で行われた『ソニックマニア』に出演しま

記事を読む

『オネアミスの翼』くいっっっぱぐれない!!

先日終了したドラマ『アオイホノオ』の登場人物で ムロツヨシさんが演じる山賀博之氏。

記事を読む

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は諸刃の刃

ジェイムズ・キャメロン監督が放った愛すべきキャラクター『ターミネーター』。何度も続編やらテレ

記事を読む

『台風クラブ』制服に封じ込まれたもの

http://filmex.net/2011/so05.html[/caption] このた

記事を読む

『ボス・ベイビー』新しい家族なんていらないよ!

https://bossbaby.jp/[/caption] 近年のドリームワークス・アニメ

記事を読む

『コクリコ坂から』横浜はファンタジーの入口

横浜、とても魅力的な場所。都心からも交通が便利で、横浜駅はともかく桜木町へでてしまえば、開放

記事を読む

日本アニメを世界的評価に繋げた『AKIRA』

日本のアニメが凄いと世界に知らしめた エポックメーキング的作品『AKIRA』。 今更

記事を読む

『誘拐アンナ』高級酒と記憶の美化

知人である佐藤懐智監督の『誘拐アンナ』。60年代のフランス映画

『勝手にふるえてろ』平成最後の腐女子のすゝめ

https://cinema.ne.jp/recommend/fur

『SLAM DUNK』クリエイターもケンカに強くないと

うちの子どもたちがバスケットボールを始めた。自分はバスケ未経験

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

→もっと見る

PAGE TOP ↑