本日8月9日は長崎の原爆の日。

とかく原爆といえば広島ばかりが
とりざたされますが、本作は長崎が舞台。

映画『TOMORROW 明日』は
黒木和雄監督の
戦争レクイエム三部作の第一作にあたり、
長崎出身の井上光晴氏の原作となります。

『明日』というタイトルのように、
原爆投下の前日1945年8月8日の物語。

実は物語というほどドラマチックな
展開はあえておさえて、
淡々と銃後の人々の生活を描いています。

こんなときだからと祝言をあげる夫婦。
それをみまもる周囲の人々。
出産をむかえる妊婦。
捕虜の差別に心を痛める男。
赤紙が届き、ここではないどこかを
夢見る若い恋人たち。

起承転結もなく、
静かにそれらのエピソードを紡いでいく。
映画としては何も起こらないのです。

ただ、観客の私達は知っているのです。
この登場人物達に「明日」は来ないことを。

そのあらかじめ知っている結末で、
この作品を見ていく訳です。
映画としての仕掛けはそこ。

なんでも制作者達は、
当時の長崎の前日の記録を
徹底的に調べたらしく、
原爆投下の早朝に赤ちゃんを
産んだ人の記録など、
胸を痛めたそうです。

本来普通に来るはずだった「明日」。
その瞬間まで、みんな明日のことを
考えていたと思います。