*

90年代再燃か!?『ONE OK ROCK』

公開日: : 最終更新日:2019/06/14 音楽

 

若い子に人気の『ONE OK ROCK』。
映画『るろうに剣心』実写版三部作の主題歌で
自分は初めて聞いたのだけれど、
当初は自分の知らない洋楽を、
例によって金にモノを言わせて、
無理矢理主題歌に起用しているのだと思ってました。

『リンキンパーク』とか
90年代洋楽のオルタナ系やエモ系の
自分の知らない曲を使っているのかと。

歌詞はメインが英語。
発音も日本人英語じゃない。
でもところどころに日本語が
まじってるように聞こえる。

空耳か?
空耳アワーに投稿か?

いやいや『ONE OK ROCK』は
海外のバンドじゃなくて、
純粋な日本人バンド。

歌詞は英語の韻を踏みながら、
日本語もさらりと入り込んでる。
これ、けっこうカッコいい。
詩に意味がないのもイイ。
英語っぽく聞こえる日本語。

ボーカルのTakaさんはなんと、
森進一さんと森晶子さんの息子。
英語の発音も良く、ネイティブが聞いても
日本人英語には聞こえないらしいです。

両親がトップの演歌歌手で
天賦の才能もあったことでしょうが、
やはり恵まれた英才教育の機会にも
恵まれていたのでしょう。
なんでもジャーニーズにも在籍していた時があり、
『NEWS』のメンバーだったとか。

両親の離婚やら、幼い時からの芸能活動やら、
苦労して荒む要素はたくさんありそうだけど、
その苦労が開花した好例ですね。

なんでも海外でも人気があるらしく、
この散りばめられた日本語がカッコいいと
評価している海外の人もいるとか。

以前、アメリカの独立系映画の
プロデューサーの話を聞いたのですが、
日本人歌手が海外で活躍するのは、
言葉の壁が大き過ぎて難しいらしい。
日本人独自のアイデンティティーを
表現する方向で持って行かなければ
世界には通用しないとのことでした。

どうもTakaさんは耳が
尋常じゃないくらい良いみたいですね。

国内の商業主義から発生したバンドとはいえ、
国内完結型ではとどまらず、
世界に通用するエンターテイナーを、
日本で作って行こうとするのはとてもイイ!

国内完結型のショービジネスだと、
どうしても特定の客から
どれだけむしり取るかの発想になる。

そもそも世界がターゲットになれば、
当れば大きいし、厳しい目にさらされる分、
作品がどんどん向上していく。
とても頭のいいビジネス戦略だ。

自分たち中年世代には懐かしいサウンドで、
若い子には新鮮なのでしょう。
いや日本でこのバンドの音が
カッコいいと思う感性の若い子って、
なかなか耳が肥えてらっしゃる。

20年遅れでやっと日本人の耳も
世界に通用するポップスが
分かるようになったのかと思うと
なんとなく嬉しい。

ただボーカルのTakaさん、
お父さんにそっくりなので、
シャウトしてる姿からは
「おふくろさん……」って
いまにも聞こえてきそうなのです。

関連記事

no image

『オネアミスの翼』くいっっっぱぐれない!!

  先日終了したドラマ『アオイホノオ』の登場人物で ムロツヨシさんが演じる山賀博之

記事を読む

no image

『ポンヌフの恋人』ボウイを愛した監督・カラックス

  デヴィッド・ボウイの訃報はまったく信じられなかった。1月8日のボウイの誕生日に、

記事を読む

no image

『葉加瀬太郎』と子どもの習い事

何でも今年は葉加瀬太郎さんのデビュー25周年らしいです。まだ『クライズラー&カンパニー』がそ

記事を読む

no image

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』顛落の悲劇。自業自得か殉教者か?

  問題作すぎて新作『ニンフォマニアック』の 日本公開も危ぶまれながらもうじき公開

記事を読む

no image

『グラディエーター』Are You Not Entertained?

当たり外れの激しいリドリー・スコット監督の作品。この『グラディエーター』はファーストショットを観た瞬

記事を読む

『トーチソング・トリロジー』 ただ幸せになりたいだけなのにね

最近日本でもようやく意識が高まりつつあるジェンダー問題。オリンピック関係者の女性蔑視発言で、

記事を読む

『TENET テネット』 テクノのライブみたいな映画。所謂メタドラえもん!

ストーリーはさっぱり理解できないんだけど、カッコいいからいい! クリストファー・ノーランの新

記事を読む

『アナと雪の女王2』百聞は一見にしかずの旅

コロナ禍で映画館は閉鎖され、映画ファンはストレスを抱えていることだろう。 自分はどうか

記事を読む

『スタンド・バイ・ミー』 現実逃避できない恐怖映画

日本テレビの『金曜ロードショー』のリクエスト放映が楽しい。選ばれる作品は80〜90年代の大ヒ

記事を読む

『龍の歯医者』 坂の上のエヴァ

コロナ禍緊急事態宣言中、ゴールデンウィーク中の昼間、NHK総合でアニメ『龍の歯医者』が放送さ

記事を読む

『君の名前で僕を呼んで』 知性はやさしさにあらわれる

SF超大作『DUNE』の公開も間近なティモシー・シャラメの出世

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』 変遷するヒーロー像

コロナ禍の影響で、劇場公開の延期を何度も重ね、当初の公開日から

『アンという名の少女』 戦慄の赤毛のアン

NetflixとカナダCBCで制作されたドラマシリーズ『アンと

『MINAMATA ミナマタ』 柔らかな正義

アメリカとイギリスの合作映画『MINAMATA』が日本で公開さ

『ワンダーウーマン1984』 あの時代を知っている

ガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督のコンビでシリーズ

→もっと見る

PAGE TOP ↑