*

『スターウォーズ/フォースの覚醒』語らざるべき新女性冒険譚

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 アニメ, 映画:サ行, 音楽

 

I have a goood feeling about this!!

やっとこさ『スターウォーズ』の新作『エピソードⅦ/フォースの覚醒』を観ることができた。この待ちに待ったシリーズ最新作。監督のJ・J・エイブラムスはじめ、多くの人がネット上でのネタバレを警戒していた。ネットでは『フォースブロック』なるネタバレ防止の拡張機能まで作られる次第。自分の周りでも公開3日間で観に行った方は多かったけれど、誰として内容に言及する人はいなかった。口のかたい、未見の人を思いやる心あるみんなに、フォースのご加護あれ! そう、この新作は未見の人に内容を語ってはいけない映画なのです。だから自分もネタバレはしないつもりですが、何も知りたくない方はここから先はご注意下さいませ。

『スターウォーズ/フォースの覚醒』は映画館によって上映方法が様々。3D上映だけではなく、IMAX、最新の4DXやら、『スターウォーズ』の生みの親・ルーカスが開発したイオンシネマ海老名のTHX、ドルビーアトモス、立川シネマシティでは独自の『極上爆音上映』なるものもあり、まったくもって目移りしてしまう。で、自分も『スターウォーズ』ならば特別興行で観たいと思い、ネット予約しようとした。確定ボタンを押す瞬間、請求額に愕然とした。先日親子三人で『妖怪ウォッチ』の映画を観た時の総額より、一人で観る『スターウォーズ』の方が高額なのだ!! 普段の映画の2〜3倍の入場料。さすがの特別興行の高騰ぶりに、確定ボタンのクリックの指が止まりました。ふとこの差額で、子ども達と楽しめることに使った方が意義深く思えてしまった。自分はプリクエール三部作(ep.Ⅰ〜Ⅲ)の時は徹夜して先行オールナイトを観た口。このシリーズに労力もカネも惜しまないくらい。でも当時は独身。今ではこの高額をポンと出すには勇気がいる。ということで2Dで鑑賞することにしました。それでも充分楽しめました。平日の昼間に行ったからか、2Dだったからか、空いててゆったり観れた。初日のお祭り騒ぎが嘘みたい。今まで特別興行で映画を観て、楽しめはしたけれど、やはり果たしてこの高額はどんなものかといつも疑問を感じていた。入場料、もう少し安くならんのかしら?

この最新作を観ると、クラシック三部作(ep.Ⅳ〜Ⅵ)をすぐ観直したくなる。けっしてプリクエール三部作じゃなくてね。プリクエール三部作は、当時不評だったけれど、自分はそれはそれで好き。プリクエールは悪が勝って終わる暗い話だし、群像劇で感情移入しずらいから不人気なのかも? 今回は主人公を絞って、個人の目線で物語が進んでいく、とても観やすい映画。

この『フォースの覚醒』は『スターウォーズ』の続編新作であるけれど、J・J・エイブラムス監督の新作でもある。JJ特有の、テンポのいいキャラクター紹介や、説明的な場面でもスルリと流れでみせてしまう演出テクニックは健在。前作のオマージュも交えながら新しい作品を作ろうとしてる「本気」を感じる。『スターウォーズ』の魅力は、敷居が低いこと。初めて観る人にも、手を広げて受け入れてくれる。この『フォースの覚醒』からはじめてシリーズに触れる観客にも優しくわかりやすいつくり。新しい観客は、興味がわけばその前のシリーズを観ていけばいい。JJは『スタートレック』のリブート作も監督しているが、これもオールドファンはもちろん納得できて、それでいて新参の観客も楽しめるような親切な工夫がホントに上手い。まったくもって手練の監督さんなのです。

今度の新三部作は、女の子が主人公。これって三十年以上前の第一作の時代では考えられなかったこと。こういったSFファンタジー冒険譚は、少年が主人公なのが鉄則だった。本来は男の子の世界。でも時代は変わり、いっけん華奢だけど強い女の子が、マスコット(ドロイドのBB8)と一緒に旅を進めていく。彼女がいく先々で、仲間がどんどん増えて、たくましくなっていく。RPGの楽しさ。これってジブリ作品の影響もあるだろうし、男ばかりのファンタジーは出尽くしたのかも。主人公のレイが登場した時の音楽が、ジョン・ウイリアムズなのに、心なし久石譲チックになったような気がした。男の世界で女の子が活躍するのは、男にとっては萌えポイントだし、女人禁制のSF映画に女性客を惹き入れる魅力にもなる。そうなると、ますます男の出番がなくなってくる。白人女性と黒人男性が主人公という、いままでのエンターテイメントではあまり使われない組み合わせ。『スターウォーズ』という、スタンダードアイコンを舞台にしながら、ジワジワ新しいことに踏み込んでいる制作者の意欲がニクい!! とにかく、はやく続きがみたくなる。さあ、次回作『エピソードⅧ』が公開されるまでに、自分は一体何回この『フォースの覚醒』を観直すのだろう……。

May the force be with US!!

関連記事

no image

日本のアニメ、実は海外ではさほど売れてない

  今国策として『クールジャパン』の名のもと、 日本のカウンターカルチャーを 世

記事を読む

no image

『ベルサイユのばら』ロックスターとしての自覚

「あ〜い〜、それは〜つよく〜」 自分が幼稚園に入るか入らないかの頃、宝塚歌劇団による『ベルサイユの

記事を読む

no image

男は泣き、女は勇気をもらう『ジョゼと虎と魚たち』

  この映画『ジョゼと虎と魚たち』。 公開当時、ミニシアター渋谷シネクイントに

記事を読む

no image

『幕が上がる』覚悟の先にある楽しさ

  自分はアイドル文化や萌えとかよくわからない。だから『ももいろクローバーZ』の存在

記事を読む

no image

『サウンド・オブ・ミュージック』さらに高みを目指そう!

先日行われた息子の幼稚園の発表会の演目は『サウンド・オブ・ミュージック』だった。自分が生まれる前の映

記事を読む

no image

『ポンヌフの恋人』ボウイを愛した監督・カラックス

  デヴィッド・ボウイの訃報はまったく信じられなかった。1月8日のボウイの誕生日に、

記事を読む

no image

『ゲゲゲの女房』本当に怖いマンガとは?

  水木しげるさんの奥さんである武良布枝さんの自伝エッセイ『ゲゲゲの女房』。NHKの

記事を読む

no image

『ベルリン・天使の詩』ドイツカルチャーがカッコいい!!

  昨年倒産したフランス映画社の代表的な作品。 東西の壁がまだあった頃のドイツ。ヴ

記事を読む

no image

『電車男』オタクだって素直に恋愛したかったはず

  草食男子って、 もう悪い意味でしか使われてないですね。 自分も草食系なんで…

記事を読む

no image

『それでもボクはやってない』隠そうとしてもでてくるのが個性

  満員電車で痴漢と疑われた男性が、駅のホームから飛び降りて逃走するというニュースが

記事を読む

no image
『ジョーカー』時代が求めた自己憐憫ガス抜き映画

めちゃめちゃ話題になってる映画『ジョーカー』。ハリウッド映画のアメコミ

no image
『いだてん』近代日本史エンタメ求む!

大河ドラマの『いだてん 〜東京オリムピック噺〜』の視聴率が伸び悩んでい

no image
『万引き家族』親がなければ子は育たず

カンヌ国際映画祭でグランプリにあたるパルムドールを受賞した『万引き家族

no image
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』その扇動、のるかそるか?

『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビースト

no image
『日本のいちばん長い日(1967年)』ミイラ取りがミイラにならない大器

1967年に公開された映画『日本のいちばん長い日』。原作はノンフィクシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑