*

育児ママを励ます詩『今日』

公開日: : 最終更新日:2019/06/15

 

今SNSで拡散されている
今日』という詩をご存知でしょうか。

10年程前、ニュージーランドでの
読み人知らずの詩なのです。
育児ママの一日を綴った詩。
今まさに育児中のママさんたちの共感を得て、
SNSで拡散されています。

妻もママ友から紹介されたと、教えてくれました。

育児ママの苦労を表現しているので、
該当するママさんたちは泣けてきちゃいます。

でもなぜか、自分と妻は憤りを感じました。
それはこの詩そのものではなく、
この詩が生まれた土壌にです。

ここまで育児は世間的に低く、
社会的に理解されない労働なのかと。

育児というのは重労働。

日本では昔から家事は低く扱われていました。
実際に経済に関わらない労働は
労働でないという考え方。

自分も子どもたちと一日中
対峙することがたまにあるが、
育児は本当にたいへん。

赤ん坊と一日過ごすなんて、本当にストレスフル。
孤独だし、恐怖だし、自分に自信がなくなる。

日本が育児や介護、
家事全般を低くみているのは
昔からわかっていたことだが、
同じ先進国であるニュージーランドでも
このような詩がうまれてくるくらい
育児ママにこれほど理解がないのかと思うと、
とても嘆かわしい。

この詩を読んで救われなければならないくらい、
育児ママたちは縁の下で苦労しているのです。

日本の社会、日本の男性たちは、
今まであまりにも家事を軽視しすぎた。
そりゃあ少子化になっても当然。

育児がママさんだけの自己責任、
個人解決のレベルで耐えなければならない
システムはおかしい。

子どもを育てることは、
とても大事な労働だと思うのですけどね。

関連記事

no image

『キングコング 髑髏島の巨神』映画体験と実体験と

なんどもリブートされている『キングコング』。前回は『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン

記事を読む

no image

『メッセージ』ひとりが幸せを感じることが宇宙を変える

ずっと気になっていた映画『メッセージ』をやっと観た。人類が宇宙人とファースト・コンタクトを取るストー

記事を読む

no image

『乾き。』ヌルい日本のサブカル界にカウンターパンチ!!

  賛否両論で話題になってる本作。 自分は迷わず「賛」に一票!! 最近の『ド

記事を読む

no image

『薔薇の名前』難解な語り口の理由

  あまりテレビを観ない自分でも、Eテレの『100分de名著』は面白くて、毎回録画し

記事を読む

no image

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

小学生の娘が、学校図書室から借りてきたマンガ『光とともに…』。サブタイトルに『〜自閉症児を抱えて〜』

記事を読む

no image

『帝都物語』混沌とした世にヤツは来る!!

  9月1日といえば防災の日。1923年の同日に関東大震災で、東京でもたいへんな被害

記事を読む

no image

『デッドプール2』おバカな振りした反骨精神

映画の続編は大抵つまらなくなってしまうもの。ヒット作でまた儲けたい企業の商魂が先に立つ。同じキャラク

記事を読む

no image

『真田丸』歴史の隙間にある笑い

NHK大河ドラマは近年不評で、視聴率も低迷と言われていた。自分も日曜の夜は大河ドラマを観るという習慣

記事を読む

no image

『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書いた映画評集を見つけた。『映画か

記事を読む

no image

『否定と肯定』感情を煽るものはヤバい

製作にイギリスのBBCもクレジットされている英米合作映画『否定と肯定』。原題は『Denial』と「否

記事を読む

no image
『キャプテン・マーベル』脱・女性搾取エンタメ時代へ

ディズニー・マーベル作品はリリース順に観ていくのが正しい。リンクネタが

no image
『海よりもまだ深く』足元からすり抜けていく大事なもの

ずっと気になっていた是枝裕和監督の『海よりもまだ深く』。覚えずらいタイ

no image
『未来少年コナン』厄介な仕事の秘密

NHKのアニメ『未来少年コナン』は、自分がまだ小さい時リアルタイムで観

no image
『ジョーカー』時代が求めた自己憐憫ガス抜き映画

めちゃめちゃ話題になってる映画『ジョーカー』。ハリウッド映画のアメコミ

no image
『いだてん』近代日本史エンタメ求む!

大河ドラマの『いだてん 〜東京オリムピック噺〜』の視聴率が伸び悩んでい

→もっと見る

PAGE TOP ↑