*

育児ママを励ます詩『今日』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア,

t02200147_0450030013135672077

今SNSで拡散されている
今日』という詩をご存知でしょうか。

10年程前、ニュージーランドでの
読み人知らずの詩なのです。
育児ママの一日を綴った詩。
今まさに育児中のママさんたちの共感を得て、
SNSで拡散されています。

妻もママ友から紹介されたと、教えてくれました。

育児ママの苦労を表現しているので、
該当するママさんたちは泣けてきちゃいます。

でもなぜか、自分と妻は憤りを感じました。
それはこの詩そのものではなく、
この詩が生まれた土壌にです。

ここまで育児は世間的に低く、
社会的に理解されない労働なのかと。

育児というのは重労働。

日本では昔から家事は低く扱われていました。
実際に経済に関わらない労働は
労働でないという考え方。

自分も子どもたちと一日中
対峙することがたまにあるが、
育児は本当にたいへん。

赤ん坊と一日過ごすなんて、本当にストレスフル。
孤独だし、恐怖だし、自分に自信がなくなる。

日本が育児や介護、
家事全般を低くみているのは
昔からわかっていたことだが、
同じ先進国であるニュージーランドでも
このような詩がうまれてくるくらい
育児ママにこれほど理解がないのかと思うと、
とても嘆かわしい。

この詩を読んで救われなければならないくらい、
育児ママたちは縁の下で苦労しているのです。

日本の社会、日本の男性たちは、
今まであまりにも家事を軽視しすぎた。
そりゃあ少子化になっても当然。

育児がママさんだけの自己責任、
個人解決のレベルで耐えなければならない
システムはおかしい。

子どもを育てることは、
とても大事な労働だと思うのですけどね。

関連記事

『ドリーム』あれもこれも反知性主義?

近年、洋画の日本公開での邦題の劣悪なセンスが話題になっている。このアメリカ映画『ドリーム』も

記事を読む

男は泣き、女は勇気をもらう『ジョゼと虎と魚たち』

この映画『ジョゼと虎と魚たち』。 公開当時、ミニシアター渋谷シネクイントに 長蛇の列に並

記事を読む

『東京ディズニーランド』お客様第一主義の行方

自分はディズニーランドは大好きです。 子どもたちも喜ぶし、 自分も子どもみたいに楽しんで

記事を読む

『父と暮らせば』生きている限り、幸せをめざさなければならない

今日、2014年8月6日は69回目の原爆の日。 毎年、この頃くらいは戦争と平和について

記事を読む

『トゥモロー・ワールド』少子化未来の黙示録

人類に子どもが一切生まれなくなった 近未来を描くSF作。 内線、テロ、人権無視、

記事を読む

『スターウォーズ展』新作公開というお祭り

いよいよ『スターウォーズ』の新作公開まで一週間! 街に出れば、どこもかしこもスターウォーズの

記事を読む

『スノーマン』ファンタジーは死の匂いと共に

http://co-trip.jp/article/36020/[/caption] 4歳に

記事を読む

『モモ』知恵の力はディストピアも越えていく

https://ja.wikipedia.org[/caption] ドイツの児童作家ミヒャ

記事を読む

サブカルの歴史的アイコン『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

1995年のテレビシリーズから始まり、 2007年から新スタートした『新劇場版』と 未だ

記事を読む

『ダメなときほど運はたまる』欽ちゃん流自己啓発

欽ちゃんこと萩本欽一さん。自分が小さい頃は欽ちゃんのテレビ番組全盛期で、なんでも30%は視聴

記事を読む

PAGE TOP ↑