*

育児ママを励ます詩『今日』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア,

t02200147_0450030013135672077

今SNSで拡散されている
今日』という詩をご存知でしょうか。

10年程前、ニュージーランドでの
読み人知らずの詩なのです。
育児ママの一日を綴った詩。
今まさに育児中のママさんたちの共感を得て、
SNSで拡散されています。

妻もママ友から紹介されたと、教えてくれました。

育児ママの苦労を表現しているので、
該当するママさんたちは泣けてきちゃいます。

でもなぜか、自分と妻は憤りを感じました。
それはこの詩そのものではなく、
この詩が生まれた土壌にです。

ここまで育児は世間的に低く、
社会的に理解されない労働なのかと。

育児というのは重労働。

日本では昔から家事は低く扱われていました。
実際に経済に関わらない労働は
労働でないという考え方。

自分も子どもたちと一日中
対峙することがたまにあるが、
育児は本当にたいへん。

赤ん坊と一日過ごすなんて、本当にストレスフル。
孤独だし、恐怖だし、自分に自信がなくなる。

日本が育児や介護、
家事全般を低くみているのは
昔からわかっていたことだが、
同じ先進国であるニュージーランドでも
このような詩がうまれてくるくらい
育児ママにこれほど理解がないのかと思うと、
とても嘆かわしい。

この詩を読んで救われなければならないくらい、
育児ママたちは縁の下で苦労しているのです。

日本の社会、日本の男性たちは、
今まであまりにも家事を軽視しすぎた。
そりゃあ少子化になっても当然。

育児がママさんだけの自己責任、
個人解決のレベルで耐えなければならない
システムはおかしい。

子どもを育てることは、
とても大事な労働だと思うのですけどね。

関連記事

はやいことに三代目『いないいないばぁっ!!』『みいつけた!』

小さい子どもがいる家の 朝の定番番組はNHK Eテレ。 ホントは朝はニュースとかみた

記事を読む

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグラフィは、スタジオジブリのもの

記事を読む

『かもめ食堂』クオリティ・オブ・ライフがファンタジーにならないために

2006年の日本映画で荻上直子監督作品『かもめ食堂』は、一時閉館する前の恵比寿ガーデンシネマ

記事を読む

『トレインスポッティング』はミニシアターの立位置を変えた!!

スコットランドの独立の 是非を問う投票が終わり、 独立はなしということで決着がついた。

記事を読む

『さとうきび畑の唄』こんなことのために生まれたんじゃない

70年前の6月23日は第二次世界大戦中、日本で最も激しい地上戦となった沖縄戦が終了した日だそ

記事を読む

『ニンフォマニアック』それは障害か、才能か?

人通りの多い通りにあるファーストフード店でお茶をしていた時のこと。通りを一望できるその店から

記事を読む

『her』ネットに繋がっている時間、私の人生は停まっている

http://her.asmik-ace.co.jp/#Top[/caption] スパイク

記事を読む

『葉加瀬太郎』と子どもの習い事

何でも今年は葉加瀬太郎さんのデビュー25周年らしいです。まだ『クライズラー&カンパニー』

記事を読む

『ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密』賢者が道を踏み外すとき

日本では劇場未公開の『ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密』。DVDのジャケットだけ見る

記事を読む

『それでもボクはやってない』隠そうとしてもでてくるのが個性

満員電車で痴漢と疑われた男性が、駅のホームから飛び降りて逃走するというニュースが多発している

記事を読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

『ピーターラビット』男の野心とその罠

http://www.peterrabbit-movie.jp/[/

『めぐり逢えたら』男脳女脳ってホント?

1993年のアメリカ映画『めぐり逢えたら』。実は自分は今まで観

『タクシー運転手』深刻なテーマを軽く触れること

http://klockworx-asia.com/taxi-dri

→もっと見る

PAGE TOP ↑