*

『CASSHERN』本心はしくじってないっしょ

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, テレビ, メディア, 映画:カ行, 音楽

casshern-1

先日、テレビ朝日の『しくじり先生』とい番組に紀里谷和明監督が出演していた。演題は『日本映画界から嫌われてしまった男』。この番組は一時期一世風靡したような人で、メディアから姿を消してしまった人が、自らの失敗談を語り、次のプロジェクトの告知をするような番組。したたかに次の作戦の宣伝をしているので、講師の殆どは自分がしくじっているとは感じていない。番組の意図としては、失敗している人を上から目線で批判しようとするものなのだろうが、やはり自分の名前を看板に活躍していた人は、常に次のことを考え行動しているように思える。

紀里谷和明監督といえば、元宇多田ヒカルさんの旦那というイメージがいちばん強い。彼女のPVを監督してして、そのビジュアルセンスのカッコ良さと、楽曲のイメージに合った映像づくりができていてスゴいと思ったものです。そのフォトグラファー出身の紀里谷監督の長編デビュー作『CASSHERN』は、70年代アニメ『新造人間キャシャーン』の実写映像化。当時はまだ漫画アニメ原作の実写化ブーム前夜、子どもの頃観ていたアニメがどうスタイリッシュに実写化されるのか、もの凄く期待して映画館に行ったものです。いつもはガラガラの郊外のシネコンも大入りでした。

で、蓋を開けてみたら、全然面白くないのこの映画。こっちは『スパイダーマン』や『マトリックス』みたいな映画の日本版が観れると思っていたのに、登場人物達がコスプレで延々戦争論を語ってるの。もっとバカバカしいものが観たいのにナニコレ?って感じ。そりゃあ『新造人間キャシャーン』は人間に奴隷のように扱われていたロボット達が、人間に反旗を翻す戦争の話だから、とうぜん差別問題や侵略戦争なんかを作者が調べるのはあたりまえのこと。でも結局娯楽作品なので、そこで深刻に捉えてしまって、ひっぱられてしまってはいけない。シビアなバックボーンはあれど、バカをやっていく器、なんとなくブレてしまって大物になりきれない残念感がした。

この映画は6億というメジャー作品にしては低予算で、15億稼いだらしい。これは立派なヒット作。それでも紀里谷監督は評価されず、日本映画界からほぼ抹殺されようとしたらしい。『しくじり先生』の番組では「日本映画の悪口を言い回ったから、業界から嫌われた」と言っていたが、問題はそればかりではなさそう。ちなみに日本では酷評だった紀里谷監督もハリウッドからスカウトされたらしい。ただリーマンショックと重なって白紙になったとか。なんと運のない男なのだろう。

才能がなければ始まらないが、その人が成功するには運も必要。この『しくじり先生』では紀里谷監督の態度ばかり責めていたが、とんがっていなければ新しいものは絶対に生まれない。この運のない理由が、番組の紀里谷監督の言葉で理解できた。フォトグラファー時代、一気にトップに躍り出て、ちょこっとシャッター押すだけで何百万とギャラが入って来たとき、彼は天狗になって遊びまくっていたそうです。本来そのときこそストイックにブラッシュアップすべきだったのに、仕事に集中できなかったのでしょうね。運がないというよりは、運が逃げていったという感じ。

紀里谷監督のハリウッド作品、観たかったな〜と思っていたら、なんでもモーガン・フリーマン主演の新作が公開されるとか。な〜んだ、『しくじり先生』とか言っておきながら、全然しくじってないじゃん。果たして紀里谷監督のハリウッド作品はどんなものになるのだろう?

関連記事

『マザー!』観客はそれほど高尚ではない?

http://paramount.nbcuni.co.jp/mother/[/caption]

記事を読む

『ごめんね青春!』クドカンもああみえて天才なのよね

話題の新ドラマ『ごめんね青春!』。 脚本はクドカンこと宮藤官九郎さん。 昨年『あまち

記事を読む

『それでもボクはやってない』隠そうとしてもでてくるのが個性

満員電車で痴漢と疑われた男性が、駅のホームから飛び降りて逃走するというニュースが多発している

記事を読む

『やさしい本泥棒』子どもも観れる戦争映画

http://video.foxjapan.com/release/bookthief/[/cap

記事を読む

『レヴェナント』これは映画技術の革命 ~THX・イオンシネマ海老名にて

自分は郊外の映画館で映画を観るのが好きだ。都心と違って比較的混雑することもなく余裕で映画が観

記事を読む

ロビン・ウィリアムズが若者に席を譲った『グッド・ウィル・ハンティング』

ロビン・ウィリアムズの突然の訃報。 自殺だったと報道されました。 自殺は悪い事だけれ

記事を読む

発信者がウソをついてたら?『告白』

中島哲也監督作品、湊かなえ著原作『告白』。この映画の演出のセンスの良さにシビレました。音楽の

記事を読む

『ロッキー』ここぞという瞬間はそう度々訪れない

写真:Album/アフロ[/caption] 『ロッキー』のジョン・G・アヴィルドセン監督が

記事を読む

ホントは奇跡の企画『となりのトトロ』

先日『となりのトトロ』がまたテレビで放映してました。 ウチの子ども達も一瞬にして夢中になり

記事を読む

『茶の味』かつてオタクが優しかった頃

http://asianwiki.com/The_Taste_of_Tea[/caption]

記事を読む

『誘拐アンナ』高級酒と記憶の美化

知人である佐藤懐智監督の『誘拐アンナ』。60年代のフランス映画

『勝手にふるえてろ』平成最後の腐女子のすゝめ

https://cinema.ne.jp/recommend/fur

『SLAM DUNK』クリエイターもケンカに強くないと

うちの子どもたちがバスケットボールを始めた。自分はバスケ未経験

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

→もっと見る

PAGE TOP ↑