*

『インセプション』 自分が頭が良くなった錯覚に堕ちいる映画

公開日: : 最終更新日:2021/02/28 映画:ア行

クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』。公開当時、映画館で観たがさっぱり乗れなかった。なんで人気があるのかと、蚊帳の外に放り出された気分になったのを覚えている。ノーラン監督の新作『テネット』も公開されたし、いまブームの『鬼滅の刃 無限列車編』も『インセプション』の元ネタだし、あらためて観直してみた。前言撤回、面白かった!

映画は夢の中の情報を盗むスパイの話。荒唐無稽になりかねない設定を、ハードボイルドタッチで大真面目に観客を説得してくる。映画の中での設定を、上映時間の半分の一時間費やして説明してる。自分が前回乗れなかったのは、この理屈責めなところ。なんだか理数系の講義を聞いてるみたい。眠くなってしまった。この前半で飽きてしまうと、後半のアクション部分は何が起こっているのかさっぱりわからない。

クリストファー・ノーランは、ゴリゴリのオタク気質な監督。理数系で、人の心の機微には基本的には興味ない。ドラマがないエンターテイメント作品が、単純に当時の自分には受け付けられなかった。でも、理屈だけで進んでしまう大作映画があってもいい。「映画はこうあるべきである」というこだわりが、この映画の面白さを理解する弊害となった。

『インセプション』は、いまから10年前の2010年作品。出演してる役者さんたちは、今ではみんな主役格。トム・ハーディが若い!

硬派に決めてる『インセプション』だけど、唯一浮いてると感じたのはエレン・ペイジ。おじさんばかりのキャスティングの中での紅一点。それも萌えアニメのようなブリブリ感。同性には嫌われそう。いかにもオタクのおじさん好みのルックス。エロとは関係ない映画なはずなのに、ものすごくイヤらしい感じがしてくる。実は硬派になりきれていないところも、この映画のオタクっぽさでもある。

エレン・ペイジはこの映画の後に、自身が性的マイノリティであることをカミングアウトしている。ブリブリ萌えキャラを割り切って演じていることに、生きづらさを感じてしまう。エレン・ペイジは、おじさんの妄想を具現化するような役ばかりだった。10年たってこのセクハラみたいな役割は、どう見えてくるのだろうか。

クリストファー・ノーラン作品は、完全なるホモソーシャル世界のエンターテイメント。観賞後いろいろ講釈したくなる。オタク魂を疼かせる。でも人様の作ったものにぶら下がるのは、カッコ悪いからやめておこう。せめてウチウチで、「あーでもないこーでもない」と語り合う程度で留めておこう。

「カッコいい」という概念は、時代の流行に左右される。『インセプション』は、まだまだ「カッコいい」部類の映画だろうけど、あと10年経ったら、世の中の価値基準が変わってどうなっているかわからない。「あの頃はこんな感じだったんだね」と、古い価値観の標識みたいな映画にもなりかねない。ウェルメイドではない。

良く言えば「時代を象徴した映画」。「カッコいい」と「ダサい」は紙一重。何事もハマりすぎると、時代や世の流れを見落としてしまう。オタク気質はほどほどに。エンターテイメントとの距離感を考えさせられる映画でもあるのがとても皮肉で、笑えてしまう。

関連記事

no image

『エイリアン』とブラック企業

  去る4月26日はなんでもエイリアンの日だったそうで。どうしてエイリアンの日だった

記事を読む

no image

『ウォレスとグルミット』欽ちゃんはいずこ?

  この『ウォレスとグルミット』は、現在大ヒット中の映画『ひつじのショーン』のアード

記事を読む

no image

オカルト? カルト?『オーメン』

  6月6日はダミアンの誕生日だ!! と最近言わなくなった。もう『オーメン』の話をし

記事を読む

no image

モラトリアム中年の悲哀喜劇『俺はまだ本気出してないだけ』

  『俺はまだ本気出してないだけ』とは 何とも悲しいタイトルの映画。 42歳

記事を読む

no image

『エクス・マキナ』萌えの行方

イギリスの独立系SFスリラー映画『エクス・マキナ』。なんともいえないイヤ〜な後味がする映画。心にのっ

記事を読む

『映像研には手を出すな!』好きなことだけしてたい夢

NHKの深夜アニメ『映像研には手を出すな!』をなぜか観始めてしまった。 実のところなん

記事を読む

『怒り』 自己責任で世界がよどむ

正直自分は、最近の日本のメジャー映画を侮っていた。その日本の大手映画会社・東宝が製作した映画

記事を読む

no image

『オール・ユー・ニード・イズ・キル 』日本原作、萌え要素を捨てれば世界標準

  じつに面白いSF映画。 トム・クルーズのSF映画では 最高傑作でしょう。

記事を読む

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットしていたという噂は、よく耳にして

記事を読む

『お嬢さん』 無国籍お耽美映画は解放へ向かう

韓国産の作風は、韓流ドラマのような甘ったるいものと、血みどろで殺伐とした映画と極端に分かれて

記事を読む

『時をかける少女』 永遠に続く人生の忘れ物

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』が公開されるにあたり、彼

『愛がなんだ』 さらば自己肯定感

2019年の日本映画『愛がなんだ』が、若い女性を中心にヒットし

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』 特殊能力と脳障害

いま中年に差し掛かる年代の男性なら、小学生時代ほとんどが触れて

『タリーと私の秘密の時間』 幸福という名の地獄

ジェイソン・ライトマン監督の作品のテーマは、いつもグッとくる。

『パフューム ある人殺しの物語』 狂人の言い訳

パトリック・ジュースキントの小説『香水 ある人殺しの物語』の文

→もっと見る

PAGE TOP ↑