*

『インセプション』自分が頭が良くなった錯覚に堕ちいる映画

公開日: : 映画:ア行

クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』。公開当時、映画館で観たがさっぱり乗れなかった。なんで人気があるのかと、蚊帳の外に放り出された気分になったのを覚えている。ノーラン監督の新作『テネット』も公開されたし、いまブームの『鬼滅の刃 無限列車編』も『インセプション』の元ネタだし、あらためて観直してみた。前言撤回、面白かった!

映画は夢の中の情報を盗むスパイの話。荒唐無稽になりかねない設定を、ハードボイルドタッチで大真面目に観客を説得してくる。映画の中での設定を、上映時間の半分の一時間費やして説明してる。自分が前回乗れなかったのは、この理屈責めなところ。なんだか理数系の講義を聞いてるみたい。眠くなってしまった。この前半で飽きてしまうと、後半のアクション部分は何が起こっているのかさっぱりわからない。

クリストファー・ノーランは、ゴリゴリのオタク気質な監督。理数系で、人の心の機微には基本的には興味ない。ドラマがないエンターテイメント作品が、単純に当時の自分には受け付けられなかった。でも、理屈だけで進んでしまう大作映画があってもいい。「映画はこうあるべきである」というこだわりが、この映画の面白さを理解する弊害となった。

『インセプション』は、いまから10年前の2010年作品。出演してる役者さんたちは、今ではみんな主役格。トム・ハーディが若い!

硬派に決めてる『インセプション』だけど、唯一浮いてると感じたのはエレン・ペイジ。おじさんばかりのキャスティングの中での紅一点。それも萌えアニメのようなブリブリ感。同性には嫌われそう。いかにもオタクのおじさん好みのルックス。エロとは関係ない映画なはずなのに、ものすごくイヤらしい感じがしてくる。実は硬派になりきれていないところも、この映画のオタクっぽさでもある。

エレン・ペイジはこの映画の後に、自身が性的マイノリティであることをカミングアウトしている。ブリブリ萌えキャラを割り切って演じていることに、生きづらさを感じてしまう。エレン・ペイジは、おじさんの妄想を具現化するような役ばかりだった。10年たってこのセクハラみたいな役割は、どう見えてくるのだろうか。

クリストファー・ノーラン作品は、完全なるホモソーシャル世界のエンターテイメント。観賞後いろいろ講釈したくなる。オタク魂を疼かせる。でも人様の作ったものにぶら下がるのは、カッコ悪いからやめておこう。せめてウチウチで、「あーでもないこーでもない」と語り合う程度で留めておこう。

「カッコいい」という概念は、時代の流行に左右される。『インセプション』は、まだまだ「カッコいい」部類の映画だろうけど、あと10年経ったら、世の中の価値基準が変わってどうなっているかわからない。「あの頃はこんな感じだったんだね」と、古い価値観の標識みたいな映画にもなりかねない。ウェルメイドではない。

良く言えば「時代を象徴した映画」。「カッコいい」と「ダサい」は紙一重。何事もハマりすぎると、時代や世の流れを見落としてしまう。オタク気質はほどほどに。エンターテイメントとの距離感を考えさせられる映画でもあるのがとても皮肉で、笑えてしまう。

関連記事

no image

『あしたのジョー』は死んだのか?

  先日『あしたのジョー』の主人公矢吹丈の ライバル・力石徹役の仲村秀生氏が亡くな

記事を読む

no image

『オール・ユー・ニード・イズ・キル 』日本原作、萌え要素を捨てれば世界標準

  じつに面白いSF映画。 トム・クルーズのSF映画では 最高傑作でしょう。

記事を読む

no image

『オネアミスの翼』くいっっっぱぐれない!!

  先日終了したドラマ『アオイホノオ』の登場人物で ムロツヨシさんが演じる山賀博之

記事を読む

no image

『おさるのジョージ』嗚呼、黄色い帽子のおじさん……。

  もうすぐ3歳になろうとするウチの息子は イヤイヤ期真っ最中。 なにをするにも

記事を読む

no image

日本映画の時代を先行し、追い抜かれた『踊る大走査線』

  『踊る大走査線』はとても流行ったドラマ。 ドラマが映画化されて、国民的作品とな

記事を読む

no image

それを言っちゃおしまいよ『ザ・エージェント』

社会人として働いていると「それを言っちゃおしまいよ」という場面は多々ある。効率や人道的な部分で、これ

記事を読む

no image

『アメリカン・ビューティー』幸福か不幸か?

  アカデミー賞をとった本作。最近ではすっかり『007』監督となった映像派のサム・メ

記事を読む

no image

うつ発生装置『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

  90年代のテレビシリーズから 最近の『新劇場版』まで根強い人気が続く 『エヴ

記事を読む

no image

サブカルの歴史的アイコン『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

  1995年のテレビシリーズから始まり、 2007年から新スタートした『新劇場版

記事を読む

no image

『エリン・ブロコビッチ』シングルマザーに将来はないのか?

  日本の6人に1人が貧困家庭の子どもだそうです。 先日テレビで特集が再放送されて

記事を読む

『ミッドナイト・イン・パリ』隣の芝生、やっぱり気になる?

ウッディ・アレン監督が2011年に発表した『ミッドナイト・イン

『1917 命をかけた伝令』戦争映画は平和だからこそ観れる

コロナ禍の影響で『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が当

『インセプション』自分が頭が良くなった錯覚に堕ちいる映画

クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』。公開当時、映

『ホドロフスキーのDUNE』伝説の穴

アレハンドロ・ホドロフスキー監督がSF小説の『DUNE 砂の惑

『TENET テネット』テクノのライブみたいな映画。所謂メタドラえもん!

ストーリーはさっぱり理解できないんだけど、カッコいいからいい!

→もっと見る

PAGE TOP ↑