*

女子が怒りだす草食系男子映画『イノセンス』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, 映画:ア行

t02200220_0400040013218710544

押井守監督のアニメーション映画。
今も尚シリーズが続く『攻殻機動隊』の
続編にも関わらず『2』とうたわず、
物語はいちげんさんでは理解できない不親切なつくり。
この作品、男のファンが多いのはもちろんなのですが、
一緒につれていかれた女子が不快に感じ、
怒りだしてしまうなんてこともしばしば。

なんでも、ふられた女にイジイジ文句を言っているのを
延々聞かされているような気になるそうです。

台詞劇で、多くの引用、
凝り過ぎの画面作り、ものすごい情報量の本作。

一言でいえば「単純な事を難しくいっている」作品。
理屈っぽい。そりゃ女性は嫌う。

ただ、どれが真実かわからなくさせるのが、
この作品の狙いなので、迷路を楽しむのがいい。

本作の中でも「家族をもつな」「ペットを飼うな」
「子どもより人形の方がいい」などの台詞がある。

主人公の刑事二人。
ひとりは犬を飼っており、もうひとりは家族持ち。
それを仕事をするには不利のような描写がある。

事件を追うたびに出会う人たちはみな、
孤独に生きる事の幸せを語ったりする。

押井監督は次回作『スカイ・クロラ』で
前言撤回のように「家族を持とう!』と急に言い出す。

昭和時代のアニメ作家は、反骨精神の人が多く、
当時も「オレは結婚なんてしない!」といっていた人も多い。
だが実際のところ、みんな収まるところに収まって、
「なんだよあいつ」と言われている人がほとんど。

結局ポーズでカッコつけた発言をするのですが、
実生活はいたって不通の人なのです。

しかし今はみんな結婚もしない。
恋人すらもつくらない。

昭和のアニメ作家たちは、
自分の部下たちが
いつまでもスタジオで仕事ばかりして、
家に帰らない事に懸念しています。

結局、「みんな結婚しろよ!」と
反骨精神とは真逆なことを言い始めた次第です。

関連記事

ワーカホリックという病『アメリカン・スナイパー』

365日24時間いつでもご用命ください。不眠不休で対応致します。 なんとも頼もしい言葉

記事を読む

モラトリアム中年の悲哀喜劇『俺はまだ本気出してないだけ』

『俺はまだ本気出してないだけ』とは 何とも悲しいタイトルの映画。 42歳の中年男が突

記事を読む

『モアナと伝説の海』ディズニーは民族も性別も超えて

(C)2017 Disney. All Rights Reserved.[/caption]

記事を読む

『ドラゴンボール』元気玉の行方

http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=

記事を読む

『借りぐらしのアリエッテイ』恋愛になる前に

昨年末、俳優の神木隆之介さんと志田未来さんの熱愛報道がスクープされた。関係者は否定したけど、世の

記事を読む

『一九八四年』大事なことはおばちゃんに聞け!

https://ja.wikipedia.org/[/caption] 『一九八四年』はジョ

記事を読む

自分の人生に責任をもつこと その1

自分に言い聞かせるつもりで記します。 ネットに拡散された『宮崎駿に人生を壊された女』という

記事を読む

子ども目線は逆境を超える『崖の上のポニョ』

日中二歳の息子の子守りをすることになった。 『風立ちぬ』もBlu-rayになることだし

記事を読む

『ピーターパン』子どもばかりの世界。これって今の日本?

1953年に制作されたディズニーの アニメ映画『ピーターパン』。 世代を超え、時代を

記事を読む

『バケモノの子』意味は自分でみつけろ!

細田守監督のアニメ映画『バケモノの子』。意外だったのは上映館と上映回数の多さ。スタジオジブリ

記事を読む

PAGE TOP ↑