*

『かぐや姫の物語』この不気味さはなぜ?

公開日: : 最終更新日:2019/06/14 アニメ, 映画:カ行

 

なんとも不気味な気分で劇場を後にした映画。

日本人なら、昔話で誰もが知っている
『竹取物語』の映像化。

アメリカのアカデミー賞にもノミネートされ
また話題になっている。
ただ競合相手が『ベイマックス』や
『ヒックとドラゴン2』だったりなので、
かなり苦戦でしょうね。

高畑勲監督は、アニメ作家というよりも
学者肌のような人と感じる。

この『かぐや姫の物語』は
映画を観たというよりも『竹取物語』を
研究した学術書を読んだような印象。

不気味な印象を与えるのは、
全篇に「死」の臭いが感じるから。

かぐや姫は死に向かってまっすぐに進んでいく。

美人薄命というが、とかく今も昔も
容姿端麗な女性は不幸な人生を送ることが多い。
政治や権力の道具として人生を送るからだ。

人間を不幸にさせる欲望。
「金(経済)」「権力」「美」の追求。

かつての昔、
この『竹取物語』を書いた作家は
どこまでこの教訓めいた主題を
意識していただろう?

きっと物語を書くのが
精一杯だったと推測できるので、
感覚的にこれらの欲が、
人を不幸にするものと
感じ取っていたのでしょう。

かぐや姫は幸せな人生を送りたかったという
シンプルな欲求で生きている。

ただ、人をまどわす程の美女。
オリジナルキャラクターの
幼なじみの青年ですら、
妻子ある身にも関わらず、
かぐやの美しさに翻弄される。

本当の幸せとはなんだろう?

クライマックスの月からのお迎えの場面。
劇場では観客のすすり泣く声が聞こえたが、
なんとも不気味な場面に、
自分は身の毛がよだった。

天から楽を奏でて、月の人たちがかぐやを迎えにくる。
なんともノーテンキな音楽に笑えちゃう。
天上人は観音像の容姿。あきらかに死の描写。

月に赤ん坊時代のかぐや姫の顔が
ぽっかり浮かぶのも気持ち悪い。

水墨画が動くというハイテクな絵作り。
日本人として誇りを感じてしまう程の様式美。
制作費が50億という、大ヒットしても元がとれない
クレージーな作品。

制作者は後世に何かを残したかったのかも知れません。

登場人物達の顔がデカいのに共感してしまった。
今のアニメとはひと味違った作品。

感動というよりは、静かな狂気を感じてしまう。
本来の『竹取物語』もそんな話だったのだろう。

 

&

関連記事

no image

『風と共に去りぬ』時代を凌駕した人生観

  小学生の娘が突然、映画『風と共に去りぬ』が観たいと言い出した。なかなか渋い趣味。

記事を読む

no image

『ダイナミック・ヴィーナス』暴力の中にあるもの

佐藤懐智監督と内田春菊さん[/caption] 今日は友人でもある佐藤懐智監督の『ダイナミッ

記事を読む

no image

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ある意味これもゾンビ映画

『スターウォーズ』の実写初のスピンオフ作品『ローグ・ワン』。自分は『スターウォーズ』の大ファンだけど

記事を読む

no image

ブライト・ノアにみる大人のあり方『機動戦士ガンダム』

  『機動戦士ガンダム』は派生作品があまりに多過ぎて、 TSUTAYAでは1コーナ

記事を読む

no image

『ベイマックス』涙なんて明るく吹き飛ばせ!!

お正月に観るにふさわしい 明るく楽しい映画『ベイマックス』。 日本での宣伝のされかた

記事を読む

no image

『機動戦士ガンダム』とホモソーシャル

  『ガンダム』といえば、我々アラフォー世代男子には、 小学校の義務教育の一環とい

記事を読む

no image

『インクレディブル・ファミリー』ウェルメイドのネクスト・ステージへ

ピクサー作品にハズレは少ない。新作が出てくるたび、「また面白いんだろうな〜」と期待のハードルをかなり

記事を読む

no image

『風立ちぬ』憂いに沈んだ未来予想図

  映画『風立ちぬ』、 Blu-rayになったので観直しました。 この映画、

記事を読む

no image

『華氏911』アメリカは日本が進む反面教師?

  世界のパワーバランスが崩れ始めている。 平和ボケしている日本人にも とうとう

記事を読む

no image

『赤毛のアン』アーティストの弊害

  アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグラフィは、スタジオ

記事を読む

no image
『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書い

no image
『カメラを止めるな!』虚構と現実、貧しさと豊かさ

春先に日テレ『金曜ロードSHOW!』枠で放送された『カメラを止

no image
『なつぞら』自分の人生とは関係ないドラマのはずだったのに……

「アニメーターってなによ?」7歳になる息子が、NHK朝の連続テレビ小説

no image
『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』そこに自己治癒力はあるのか?

自分はどストライクのガンダム世代。作家の福井晴敏さんの言葉にもあるが、

no image
『ナイトミュージアム』学びは最強の武器

ベン・ステラー監督主演のコメディ映画『トロピック・サンダー』を観たら、

→もっと見る

PAGE TOP ↑