*

ロビン・ウィリアムズが若者に席を譲った『グッド・ウィル・ハンティング』

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 映画:カ行

 

ロビン・ウィリアムズの突然の訃報。
自殺だったと報道されました。

自殺は悪い事だけれど、
精神的に病気の状態だと
突発的に自殺してしまうこともある。

ロビンには躁鬱病の臭いを感じる。

ロビンの出演作は名作が多く、
ファンも多いだろうが、
なぜか自分は敬遠してしまうところがある。

一度観て感動こそすれ、二度観る事はない。

彼のハイテンションの芝居が
自分を疲れさせているのでしょう。
ロビン主演の作品は、
ロビン以外がどんな作品だったか
覚えていないこともしばしば。

結果的に良い演技をしているので
ゆるされるのですが、
作品としては当初の意図と
異なっているのでは?

この『グッド・ウィル・ハンティング』では
ロビンはあまり自己主張していないように感じる。

これは若者の映画。
監督のガス・ヴァン・サントは
クールでオシャレな青春映画を得意とする。

ロビンは主人公の青年に人生の
アドバイスをする重要な役。
ファンタジー作品に例えるなら賢者の役割。

当時無名だったマット・デイモンと
ベン・アフレックの
シナリオ習作を基にしている。

若い才能の開花。

マットとベンは自分と同年代。
自分は、当時20代前半だった彼らを
羨望の目でみていました。

脚本はすばらしく、
アカデミー賞やらグローブ賞やら
大きな賞を獲得している。

二人ともルックスも良かったので、
映画出演もしたのでしょう。

彼らがアカデミー賞をとって、
壇上で大はしゃぎしている姿を見て
当初嫉妬に近い感情を抱いていた自分も、
彼らに好感を抱いてしまった。

なんだ、いいヤツらじゃないか。

彼らの成功は、執筆したシナリオが
良かっただけではないと思います。

彼らのこの純粋な人柄が、
ガス・ヴァン・サントや
ロビン・ウィリアムズの心を動かし、
この若い才能を活かせてあげようと
動かされたのではないかと感じます。

ロビンも本来これから歳を重ね、
こういった若者たちに
席を譲る精神で演技ができていったなら、
もっと素晴らしい名作が
生まれたかもしれません。

ご冥福をお祈り致します。

関連記事

no image

『帰ってきたヒトラー』ドイツの空気感を伝える、コワイ社会風刺コメディ

公開時、自分の周りで好評だった『帰ってきたヒトラー』。毒のありそうな社会風刺コメディは大好物なので、

記事を読む

no image

古いセンスがカッコイイぜ!!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

  パッチワークのイノベーション。そのセンスが抜群の娯楽映画。 マーベルコミッ

記事を読む

no image

『借りぐらしのアリエッテイ』恋愛になる前に

昨年末、俳優の神木隆之介さんと志田未来さんの熱愛報道がスクープされた。関係者は否定したけど、世の

記事を読む

no image

低予算か大作か?よくわからない映画『クロニクル』

  ダメダメ高校生三人組が、未知の物体と遭遇して 超能力を身につけるというSFもの

記事を読む

no image

『コジコジ』カワイイだけじゃダメですよ

漫画家のさくらももこさんが亡くなった。まだ53歳という若さだ。さくらももこさんの代表作といえば、文句

記事を読む

no image

『ゴジラ(1954年)』戦争の傷跡の貴重な記録

  今年はゴジラの60周年記念で、 ハリウッドリメイク版ももうすぐ日本公開。 な

記事を読む

no image

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』集え、 哀しい目をしたオヤジたち!!

  『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』はマーベル・ユニバースの最新作。『アベン

記事を読む

no image

何が来たってへっちゃらさ!『怪盗グルーのミニオン危機一発』

  世界のアニメ作品はほぼCGが全盛。 ピクサー作品に始まり、 母体であるディズ

記事を読む

no image

『聲の形』頭の悪いフリをして生きるということ

自分は萌えアニメが苦手。萌えアニメはソフトポルノだという偏見はなかなか拭えない。最近の日本のアニメや

記事を読む

no image

『嫌われ松子の一生』道から逸れると人生終わり?

  中島哲也監督の名作である。映画公開当時、とかく中島監督と主演の中谷美紀さんとが喧

記事を読む

no image
『日本のいちばん長い日(1967年)』ミイラ取りがミイラにならない大器

1967年に公開された映画『日本のいちばん長い日』。原作はノンフィクシ

no image
『SHOAH ショア』ホローコースト、それは証言か虚言か?

ホロコーストを調べている身内から借りたクロード・ランズマンのブルーレイ

no image
『ひろしま』いい意味でもう観たくないと思わせるトラウマ映画

ETV特集で『ひろしま』という映画を取り扱っていた。広島の原爆投下から

no image
『愛の渦』ガマンしっぱなしの日本人に

乱交パーティの風俗店での一夜を描いた『愛の渦』。センセーショナルな内容

no image
『八甲田山』ブラック上司から逃げるには

今年になって日本映画『八甲田山』のリマスター・ブルーレイが発売されたら

→もっと見る

PAGE TOP ↑