*

ロビン・ウィリアムズが若者に席を譲った『グッド・ウィル・ハンティング』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア, 映画:カ行

t02200119_0590031813033152631

ロビン・ウィリアムズの突然の訃報。
自殺だったと報道されました。

自殺は悪い事だけれど、
精神的に病気の状態だと
突発的に自殺してしまうこともある。

ロビンには躁鬱病の臭いを感じる。

ロビンの出演作は名作が多く、
ファンも多いだろうが、
なぜか自分は敬遠してしまうところがある。

一度観て感動こそすれ、二度観る事はない。

彼のハイテンションの芝居が
自分を疲れさせているのでしょう。
ロビン主演の作品は、
ロビン以外がどんな作品だったか
覚えていないこともしばしば。

結果的に良い演技をしているので
ゆるされるのですが、
作品としては当初の意図と
異なっているのでは?

この『グッド・ウィル・ハンティング』では
ロビンはあまり自己主張していないように感じる。

これは若者の映画。
監督のガス・ヴァン・サントは
クールでオシャレな青春映画を得意とする。

ロビンは主人公の青年に人生の
アドバイスをする重要な役。
ファンタジー作品に例えるなら賢者の役割。

当時無名だったマット・デイモンと
ベン・アフレックの
シナリオ習作を基にしている。

若い才能の開花。

マットとベンは自分と同年代。
自分は、当時20代前半だった彼らを
羨望の目でみていました。

脚本はすばらしく、
アカデミー賞やらグローブ賞やら
大きな賞を獲得している。

二人ともルックスも良かったので、
映画出演もしたのでしょう。

彼らがアカデミー賞をとって、
壇上で大はしゃぎしている姿を見て
当初嫉妬に近い感情を抱いていた自分も、
彼らに好感を抱いてしまった。

なんだ、いいヤツらじゃないか。

彼らの成功は、執筆したシナリオが
良かっただけではないと思います。

彼らのこの純粋な人柄が、
ガス・ヴァン・サントや
ロビン・ウィリアムズの心を動かし、
この若い才能を活かせてあげようと
動かされたのではないかと感じます。

ロビンも本来これから歳を重ね、
こういった若者たちに
席を譲る精神で演技ができていったなら、
もっと素晴らしい名作が
生まれたかもしれません。

ご冥福をお祈り致します。

関連記事

宿命も、運命も、優しく包み込む『夕凪の街 桜の国』

広島の原爆がテーマのマンガ。 こうの史代氏著『夕凪の街 桜の国』。 戦争や原爆をテー

記事を読む

『桐島、部活やめるってよ』スクールカーストの最下層にいたあの頃の自分

原作小説と映画化、 映画公開後もものすごく話題になり、 日本アカデミー賞を総なめにした

記事を読む

『レクイエム・フォー・ドリーム』めくるめく幻覚の世界

「シェシェシェのシェー」と叫びながら隣人女性に危害を加えて捕まった男がいましたね。危険ドラッ

記事を読む

『レオン』美少女は殺し屋も殺す

リュック・ベッソン監督作品、ジャン・レノ主演のフランス映画のスタッフ・キャストがハリウッド進

記事を読む

『時をかける少女』フリーになって頭角を現した細田守監督

『時をかける少女』というと、自分の世代では 大林宣彦監督・原田知世主演の角川映画を思い出す

記事を読む

『百日紅』天才にしかみえぬもの

この映画は日本国内よりも海外で評価されそうだ。映画の舞台は江戸時代。葛飾北斎の娘のお栄(葛飾

記事を読む

『間宮兄弟』とインテリア

江國香織さん原作の小説を、故・森田芳光監督で映画化された『間宮兄弟』。オタクの中年兄弟が、自

記事を読む

『グーニーズ』ヤツは敵か味方か?

© 1985 - Warner Bros. All rights reserved.[/capti

記事を読む

『借りぐらしのアリエッテイ』恋愛になる前に

昨年末、俳優の神木隆之介さんと志田未来さんの熱愛報道がスクープされた。関係者は否定したけど、世の

記事を読む

東京テロリズムのシミュレーション映画『機動警察パトレイバー the movie2』

今実写版も制作されている アニメ版『パトレイバー』の第二弾。 後に『踊る大走査線』や

記事を読む

『誘拐アンナ』高級酒と記憶の美化

知人である佐藤懐智監督の『誘拐アンナ』。60年代のフランス映画

『勝手にふるえてろ』平成最後の腐女子のすゝめ

https://cinema.ne.jp/recommend/fur

『SLAM DUNK』クリエイターもケンカに強くないと

うちの子どもたちがバスケットボールを始めた。自分はバスケ未経験

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

→もっと見る

PAGE TOP ↑