*

『グレムリン』30周年。洋画デビューの思い出深い作品。

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 映画:カ行

 

妻がギズモのTシャツを買ってきた。
小さなウチの子どもたちは
「カワイイ! なにこれ!」と飛びついてきた。
ホントは怖い映画なのにね。

ギズモとは映画『グレムリン』に登場する
架空の動物『モグワイ』の名前。
愛らしいルックスなのだが、
人が飼うには危険が多い生き物。

モグワイは本編では触れていないが
どうやら宇宙生物らしい。

可愛いルックスなので
ペットにしたくなるのだが、
禁断の約束事が多いので、
人には飼えないらしい。

主人公は可愛いギズモと生活を共にするが、
不可抗力で約束事をひとつづつ破ってしまう。
それによって街が大惨事へとなっていく。

禁断なもの、手に負えないもの、
責任のとりきれないものに手を出してしまう人間。
制約が多い時点でかなり危険なものを、
大丈夫大丈夫と根拠のない理由で、
無責任に取り込んで、後で大変な事になってしまう。

何かに似てる。

自分はこの映画で洋画デビューしたのです。
自分の年代からするとほとんどは
『E.T.』で初洋画なのです。
ウチは親が映画を観ない人だったので、
かなり遅れての洋画デビュー。
それまではアニメ映画ばかり観ていました。

ハリウッド映画って面白い!!

自分の映画人生はこの作品から始まった。
今年は『グレムリン』30周年。
リブート作も決まり、現代の技術でギズモが蘇るのか?

ブラックユーモアたっぷり、
皮肉や風刺をたくさん織り込めた本作。
このスピリットは、新作も揺るがないで欲しいものです。

可愛いだけじゃダメですよ。

関連記事

no image

何が来たってへっちゃらさ!『怪盗グルーのミニオン危機一発』

  世界のアニメ作品はほぼCGが全盛。 ピクサー作品に始まり、 母体であるディズ

記事を読む

no image

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』集え、 哀しい目をしたオヤジたち!!

  『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』はマーベル・ユニバースの最新作。『アベン

記事を読む

no image

日本企業がハリウッドに参入!?『怪盗グルーのミニオン危機一発』

  『怪盗グルー』シリーズは子ども向けでありながら大人も充分に楽しめるアニメ映画。ア

記事を読む

no image

『桐島、部活やめるってよ』スクールカーストの最下層にいたあの頃の自分

  原作小説と映画化、 映画公開後もものすごく話題になり、 日本アカデミー賞を総

記事を読む

『コンテイジョン』映画は世界を救えるか?

知らないうちに引退宣言をしていて、いつの間に再び監督業に復帰していたスティーブン・ソダーバー

記事を読む

no image

『コクリコ坂から』横浜はファンタジーの入口

  横浜、とても魅力的な場所。都心からも交通が便利で、横浜駅はともかく桜木町へでてし

記事を読む

no image

『キングコング 髑髏島の巨神』映画体験と実体験と

なんどもリブートされている『キングコング』。前回は『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン

記事を読む

『希望のかなた』すべては個々のモラルに

「ジャケ買い」ならぬ「ジャケ借り」というものもある。どんな映画かまったく知らないが、ジャケッ

記事を読む

『カメラを止めるな!』虚構と現実、貧しさと豊かさ

春先に日テレ『金曜ロードSHOW!』枠で放送された『カメラを止めるな!』をやっと観た。ずいぶ

記事を読む

no image

『(500)日のサマー』映画は技術の結集からなるもの

  恋愛モノはどうも苦手。観ていて恥ずかしくなってくる。美男美女の役者さんが演じてる

記事を読む

『パラサイト 半地下の家族』国境を越えた多様性韓流エンタメ

ここのところの韓流エンターテイメントのパワーがすごい。音楽では

『ターミネーター/ニュー・フェイト』老人も闘わなければならない時代

『ターミネーター』シリーズ最新作の『ニュー・フェイト』。なんで

『家族を想うとき』頑張り屋につけ込む罠

  引退宣言をすっかり撤回して、新作をつくり続

『もののけ姫』女性が創る社会、マッドマックスとアシタカの選択

先日、『マッドマックス/怒りのデスロード』が、地上波テレビ放送

『ジョジョ・ラビット』長いものに巻かれてばかりいると…

「この映画好き!」と、開口一番発してしまう映画『ジョジョ・ラビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑