*

『ラストナイト・イン・ソーホー』 ハイセンスなおもちゃ箱

公開日: : ドラマ, 映画:ラ行, 配信

前作『ベイビー・ドライバー』がめちゃめちゃ面白かったエドガー・ライト監督の新作『ラストナイト・イン・ソーホー』。コロナ禍の劇場公開にも関わらず、世の中の映画ファンたちから絶賛の声が聞こえてくる。今回はホラー映画とのこと。驚かされるのが苦手な自分は、ちょっと躊躇する。レーティングもR15となかなか高い。己の勇気を試さんと、再生ボタンを押してみる。

トーマシン・マッケンジーとアニャ・テイラー=ジョイの若手人気女性俳優のダブル主演。それだけで華やか。きっとエドガー・ライト監督は、この二人の俳優が好きで、二人とも主演で起用したかったのだろう。そもそも役者先にありきの企画。二人とも魅力的に撮ってやると意気込みが映像からみなぎっている。

まず、二人の俳優を同等の主人公に描くならどうしたらいいか。そこからプロットが練られている。そうか、二人で一人になればいいんだ。でもどうする? タイムリープで時代を超えた体験の共有をすればいい。映画オタクならではの、過去の面白かった映画のアイデアがどんどん浮かんでくる。このパッチワークを、どう料理しよう。

この映画のいちばんの元ネタは、70〜80年代のイタリアのホラー映画。モンスターがいきなり出てきて、飛び跳ねるほど驚かされるようなホラー描写ではない。光と影を巧みに使って、闇の中に蠢く何かを想像させる絵作り。自分が10代の頃、ホラー映画が流行していた。ホラーが苦手な自分でも、イタリアン・ホラーの芸術的な演出は好きだった。

そういえば映像学校に通っていたころ、授業で『世にも怪奇な物語』を鑑賞した。けして日本のテレビドラマの『世にも奇妙な物語』ではない。フェリーニやロジェ・バダム、ルイ・マルとヨーロッパの巨匠監督たちが描く短編ホラー集。映画を選択した講師が、「こんなわかりやすいエンターテイメント映画を紹介してもしょうがないんだけどね」と呟きながら、レーザーディスクをセットしていた。当時はレーザーディスクがもっとも高画質のメディアだった。レコードのように表面裏面と別れており、片面最大1時間収録されている。映画再生中、講師は別室に行ってしまうのだが、1時間くらい経つと、盤面を裏返すために戻ってくる。生徒たちは、映画が好きで映画学校に来ているくらいだから、放っておいても黙って映画を観ている。

『世にも怪奇な物語』は、怖いというよりも、凝りに凝った映像美のホラー映画。物語は記憶に残らなくとも、映像のイメージだけはいまでも覚えている。潜在意識に染み込む映画とでもいったところ。

『ラストナイト・イン・ソーホー』は、ほかにもヒッチコックなどの影響も強い。要するにアラフィフのエドガー・ライト世代が、子どもの頃うっかりテレビで観てしまった怖い映画のオマージュ。

極力CGは使わないで、カメラワークや段取りのうまさで、不思議な映像を作り出す。これどうやって撮っているのだろうの映像トリックのてんこ盛り。観客の我々も楽しいけれど、さまざまな仕掛けを考えて映像を紡いでいくキャストやスタッフたちも、さぞ楽しかっただろう。ホラー映画なのに楽しい気分になるのが、この映画の最大の魅力。

エンタメ業界のMeeToo運動的な要素も作品テーマに組み込まれている。クラッシックなホラーのようでいて、ちゃんと現代的な要素も物語に含ませているところがニクい。

若い人たちは、この『ラストナイト・イン・ソーホー』を観て、新鮮な印象を受けるだろう。自分の世代では、前世紀の元ネタとなっている映画が浮かんでしまう。でもよく考えてみれば、そのころの講師の年齢は今の自分の年齢と同じくらい。あの頃の若者向けに映画を紹介していた講師の感覚は、今のエドガー・ライト監督が、自分の作品を通して過去作品を紹介する感覚と似ている。現代の作品が、古典作品からのオマージュが隠されているとしたら、当時制作されていた作品も、さらに過去作品からの引用があると捉えた方がいい。

リュミエール兄弟の映画の始まりから100年以上。連綿と続く映画史のなかで、表現の流用とブラッシュアップが繰り返されていく。どんどん映画表現が進化していく。その時代の映画オタクの監督たちによって、手を替え品を替えてイノベーション作品が生まれてくる。

自分と同じころにエドガー・ライト監督も映画を学んでいたことだろう。自分の中に蓄積された、映画の知識の引き出しからパッチワークに向く要素を選んで貼り合わせていく。それが一つの作品になっていく。なんとも楽しい。それが万人が好むような、オシャレなセンスで味付けされていたら、みんなその映画を好きになってしまう。

エドガー・ライト監督の「みんなこんな映画好きでしょ?」という声が聞こえてきそう。なんとも憎たらしいったらありゃしない。

ラストナイト・イン・ソーホー (字幕版) Prime Video

ラストナイト・イン・ソーホー [Blu-ray]

関連記事

『Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 2022 +(プラス)』 推しは推せるときに推せ!

  新宿に『東急歌舞伎町タワー』という新しい商業施設ができた。そこに東急系の

記事を読む

『ローガン』どーんと落ち込むスーパーヒーロー映画

映画製作時、どんな方向性でその作品を作るのか、事前に綿密に打ち合わせがされる。制作費が高けれ

記事を読む

『ツイン・ピークス』 あの現象はなんだったの?

アメリカのテレビドラマ『ツイン・ピークス』が 25年ぶりに続編がつくられるそうです。

記事を読む

no image

『とと姉ちゃん』心豊かな暮らしを

NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』が面白い。なんでも視聴率も記録更新しているらしい。たしかにこ

記事を読む

no image

『さとうきび畑の唄』こんなことのために生まれたんじゃない

  70年前の6月23日は第二次世界大戦中、日本で最も激しい地上戦となった沖縄戦が終

記事を読む

『まだ結婚できない男』おひとりさまエンジョイライフ!

今期のテレビドラマは、10年以上前の作品の続編が多い。この『結婚できない男』や『時効警察』な

記事を読む

『BLUE GIANT』 映画で人生棚卸し

毎年年末になると、映画ファンのSNSでは、その年に観た映画の自身のベスト10を挙げるのが流行

記事を読む

『呪術廻戦』 邪悪で悪いか⁉︎

アニメ映画『呪術廻戦0』のアマプラ独占配信の予告を観て、『呪術廻戦』をぜんぶ観たくなった。実

記事を読む

『ブラックパンサー ワカンダ・フォーエバー』 喪の仕事エンターテイメント

作品全体からなんとも言えない不安感が漂っている。不思議なエンターテイメント映画。ディズニー・

記事を読む

『MEGザ・モンスター』 映画ビジネスなら世界は協調できるか

現在パート2が公開されている『MEGザ・モンスター』。このシリーズ第1弾を観てみた。それとい

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto | Opus』 グリーフケア終章と芸術表現新章

坂本龍一さんが亡くなって、1年が過ぎた。自分は小学生の頃、YM

『SAND LAND』 自分がやりたいことと世が求めるもの

漫画家の鳥山明さんが亡くなった。この数年、自分が子どものころに

『ハイキュー‼︎』 勝ち負けよりも大事なこと

アニメ『ハイキュー‼︎』の存在を初めて意識したのは、くら寿司で

『オッペンハイマー』 自己憐憫が世界を壊す

クリストファー・ノーラン監督の『オッペンハイマー』を、日本公開

『哀れなるものたち』 やってみてわかること、やらないでもいいこと

ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『哀れなるものたち』が日本で

→もっと見る

PAGE TOP ↑