*

『レオン』美少女は殺し屋も殺す

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 映画:ラ行

 

リュック・ベッソン監督作品、ジャン・レノ主演のフランス映画のスタッフ・キャストがハリウッド進出したアクション映画『レオン』。自分もこの映画は大好きで、100回は観てると思う。この映画は一人の孤独な中年殺し屋が主人公。ふとしたきっかけでローティーンの少女と生活を共にすることとなる。親子とも恋人ともいえぬ微妙な危うい関係が物語の横軸。この映画でナタリー・ポートマンがデビューしている。ベッソンの目に止まり、ナタリー自身はそれほど女優業に憧れていなかったにも関わらず、口説き落としたらしい。このマチルダという少女の役のオーディションの最終選考にはリブ・タイラーも残っていたらしい。当時ハイティーンだったリブ・タイラー。監督の意図するのはもっと幼い少女のイメージで、泣く泣く落としたらしい。

フランスと日本のカルチャーの趣味は似ている。ロリコン嗜好のおやじが多いのも特徴。40過ぎのおっさんが必死で12歳の少女を口説いたりするフランスがあれば、アイドルやら萌えアニメに夢中になるおっさんの姿も遠からず。まあ少しでも若い相手と一緒になったほうが、自分の子孫を多く残してくれるだろうという野生の本能がそうさせているのだろう。

この映画『レオン』のアクションシーンは最高にカッコいい。なんでもリュック・ベッソンの前作『ニキータ』でジャン・レノが演じた『掃除人ヴィクトル』というキャラクターを、ベッソンとジャン・レノが気に入り、ヴィクトルを主役に映画を作れないかと企画が浮かび上がった。ヴィクトルは完全な殺し屋なので達観しきっていてもう成長しない。ドラマが生まれないので映画にはなりづらい。ならば幼稚なレオンというキャラクターと、大人っぽいマチルダという少女の関係がアイディアに生まれ、この映画にいきついた。

大人っぽい美少女というのは、オヤジキラーとしていつの世にも存在してる。『レオン』のナタリー・ポートマンも然り、最近の日本では広瀬すずさんや二階堂ふみさんなんか完全にオヤジキラー系美少女。きっと本人は奔放だったり気丈な性格なのだろうが、どうしても清純派として売り込む。そうしないと日本では売れない。制服に閉じ込めて征服しようとするおやじ心理の象徴。それを知ってて演じきる少女たちのしたたかさ。メンタルの弱いおやじの2倍も3倍も上手をいく少女たちは、やはり凄腕の殺し屋も殺してしまうほどの手だれなのだろう。これは確信犯のハニートラップだ。まあ仕掛け人は同じおっさんなのだが。

関連記事

no image

『ラストエンペラー』で近代史に興味がわいた

イタリアのベルナルド・ベルトルッチ監督の『ラストエンペラー』。西洋人が描く東洋の歴史。この映画を観た

記事を読む

no image

ハリウッド映画風日本映画『るろうに剣心 京都大火編』

  今話題で好評の 実写版『るろうに剣心』第2弾『京都大火編』。 本作公開後

記事を読む

no image

美しい地獄『リリイ・シュシュのすべて』

  川崎の中学生殺害事件で、 真っ先に連想したのがこの映画、 岩井俊二監督の20

記事を読む

no image

『ルパン三世 カリオストロの城』これって番外編だよね?

  『ルパン三世』が30年ぶりに テレビシリーズになるとのことで。 数年前か

記事を読む

『レディ・プレイヤー1』やり残しの多い賢者

御歳71歳になるスティーブン・スピルバーグ監督の最新作『レディ・プレイヤー1』は、日本公開時

記事を読む

no image

Someone to watch over me!!『LIFE!』

  自分が20代のはじめの頃、 正社員で勤めた時の会社の上司に こう言われました

記事を読む

no image

『Love Letter』から日本映画が泥臭くなくなった?

  岩井俊二監督の『Love Letter』。 この映画をリアルタイムで観たときに

記事を読む

『ローガン』どーんと落ち込むスーパーヒーロー映画

映画製作時、どんな方向性でその作品を作るのか、事前に綿密に打ち合わせがされる。制作費が高けれ

記事を読む

no image

『ラストサムライ』渡辺謙の作品選び

  トム・クルーズ主演の日本を舞台にした時代物ハリウッド映画『ラストサムライ』。渡辺

記事を読む

no image

『レクイエム・フォー・ドリーム』めくるめく幻覚の世界

  「シェシェシェのシェー」と叫びながら隣人女性に危害を加えて捕まった男がいましたね

記事を読む

『名探偵ピカチュウ』日本サブカル、これからどうなる?

日本のメディアミックス作品『ポケットモンスター』を原作に、ハリ

『グッド・ドクター』明るい未来は、多様性を受け入れること

コロナ禍において、あらゆる産業がストップした。エンターテイメン

『アナと雪の女王2』百聞は一見にしかずの旅

コロナ禍で映画館は閉鎖され、映画ファンはストレスを抱えているこ

『斉木楠雄のΨ難』生きづらさと早口と

ネット広告でやたらと『斉木楠雄のΨ難』というアニメを推してくる

『コンテイジョン』映画は世界を救えるか?

知らないうちに引退宣言をしていて、いつの間に再び監督業に復帰し

→もっと見る

PAGE TOP ↑