*

『レオン』美少女は殺し屋も殺す

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 テレビ, メディア, 映画:ラ行

774aac2cfd3994322631bfe0e3312e17_10868

リュック・ベッソン監督作品、ジャン・レノ主演のフランス映画のスタッフ・キャストがハリウッド進出したアクション映画『レオン』。自分もこの映画は大好きで、100回は観てると思う。この映画は一人の孤独な中年殺し屋が主人公。ふとしたきっかけでローティーンの少女と生活を共にすることとなる。親子とも恋人ともいえぬ微妙な危うい関係が物語の横軸。この映画でナタリー・ポートマンがデビューしている。ベッソンの目に止まり、ナタリー自身はそれほど女優業に憧れていなかったにも関わらず、口説き落としたらしい。このマチルダという少女の役のオーディションの最終選考にはリブ・タイラーも残っていたらしい。当時ハイティーンだったリブ・タイラー。監督の意図するのはもっと幼い少女のイメージで、泣く泣く落としたらしい。

フランスと日本のカルチャーの趣味は似ている。ロリコン嗜好のおやじが多いのも特徴。40過ぎのおっさんが必死で12歳の少女を口説いたりするフランスがあれば、アイドルやら萌えアニメに夢中になるおっさんの姿も遠からず。まあ少しでも若い相手と一緒になったほうが、自分の子孫を多く残してくれるだろうという野生の本能がそうさせているのだろう。

この映画『レオン』のアクションシーンは最高にカッコいい。なんでもリュック・ベッソンの前作『ニキータ』でジャン・レノが演じた『掃除人ヴィクトル』というキャラクターを、ベッソンとジャン・レノが気に入り、ヴィクトルを主役に映画を作れないかと企画が浮かび上がった。ヴィクトルは完全な殺し屋なので達観しきっていてもう成長しない。ドラマが生まれないので映画にはなりづらい。ならば幼稚なレオンというキャラクターと、大人っぽいマチルダという少女の関係がアイディアに生まれ、この映画にいきついた。

大人っぽい美少女というのは、オヤジキラーとしていつの世にも存在してる。『レオン』のナタリー・ポートマンも然り、最近の日本では広瀬すずさんや二階堂ふみさんなんか完全にオヤジキラー系美少女。きっと本人は奔放だったり気丈な性格なのだろうが、どうしても清純派として売り込む。そうしないと日本では売れない。制服に閉じ込めて征服しようとするおやじ心理の象徴。それを知ってて演じきる少女たちのしたたかさ。メンタルの弱いおやじの2倍も3倍も上手をいく少女たちは、やはり凄腕の殺し屋も殺してしまうほどの手だれなのだろう。これは確信犯のハニートラップだ。まあ仕掛け人は同じおっさんなのだが。

関連記事

マンガ原作でも世界中の大人が評価した『アデル、ブルーは熱い色』

日本とフランスの文化は似てる。 カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールを受賞した『

記事を読む

オカルト? カルト?『オーメン』

6月6日はダミアンの誕生日だ!! と最近言わなくなった。もう『オーメン』の話をしても誰も分か

記事を読む

『まれ』劇伴作曲家の新しい才能・澤野弘之氏

NHK朝の連続テレビ小説の 春の新番組『まれ』。 はやくも好評ですね。 今週は少女

記事を読む

『清洲会議』でおいてけぼり

現在公開中の新作『ギャラクシー街道』も好調らしい三谷幸喜監督の前作にあたる『清洲会議』。

記事を読む

『台風クラブ』制服に封じ込まれたもの

http://filmex.net/2011/so05.html[/caption] このた

記事を読む

アーティストは「神」じゃない。あなたと同じ「人間」。

ちょっとした現代の「偶像崇拝」について。 と言っても宗教の話ではありません。 先日妻

記事を読む

『エレファント・マン』と感動ポルノ、そして体調悪化

Paramount Pictures / Photofest / Zeta Image[/capt

記事を読む

『NHKニッポン戦後サブカルチャー史』90年代以降から日本文化は鎖国ガラパゴス化しはじめた!!

NHKで放送していた 『ニッポン戦後サブカルチャー史』の書籍版。 テレビの放送もとて

記事を読む

『ファイト・クラブ』とミニマリスト

http://www.playbuzz.com/thelaststraw10/do-you-rem

記事を読む

『母と暮せば』Requiem to NAGASAKI

残り少ない2015年は、戦後70年の節目の年。山田洋次監督はどうしても本年中にこの映画『母と

記事を読む

『チョコレートドーナツ』ホントの幸せってなんだろう?

http://bitters.co.jp/choco/[/capti

『プロジェクトA』ジャッキー映画でちょっと強くなった気になる

ジャッキー・チェンの映画を観たあとは、観るまえよりちょっとだけ

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』映画監督がアイドルになるとき

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの監督ジェームズ・ガ

『わたしは、ダニエル・ブレイク』世の中をより良くするために

http://www.longride.jp/danielblake

『マザー!』観客はそれほど高尚ではない?

http://paramount.nbcuni.co.jp/moth

→もっと見る

PAGE TOP ↑