*

『レ・ミゼラブル』ミュージカル映画って流行なの?

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 映画:ラ行

 

今年の当り映画といえば
文句なく『アナと雪の女王』。
昨年といえば『レ・ミゼラブル』。
どちらもミュージカル映画。
これって流行なのかな?

自分はどちらの作品も無条件で好き。
だからこの映画の批判をする人は、
ヤボちんだな~と思ってしまう。

でも実は自分はミュージカル映画が苦手。

生の歌声が聴ける本場のミュージカルならまだしも、
口パクで音楽に合わせて、ダンスとカメラワークでみせる
ミュージカル映画ではなかなかノレず、飽きてしまう。

けど、この映画はすべて生歌。

役者さんもミュージカル役者ではなく、
ハリウッドのトップ俳優。

ようするにキャスティングのポイントが
歌唱力ではなく、華のある役者さんというところ。

生歌になることで、
歌と言うよりはセリフに近くなる。
この演出意図が素晴らしい。

ミュージカルファンは物足りないかも知れないが、
ミュージカル映画としては新境地。
やはりナマモノに勝るものはない。

監督は若きイギリスの監督・トム・フーパー。
本作の前は『英国王のスピーチ』で、これまた好評。

自分と同年代のこの監督さん。
本作のインタビューで、
ツラツラ演出意図を語っちゃってる。

これダメね。

作家が自作をこと細かく説明するなんて無粋。
作品は人に観せた時点で観客のものになる。
作家の意図はどうであれ、
感じ方は観客自身に委ねなければならない。

作品が子どもなら、人の目に触れた時点で
自立したことになる。
作品に過干渉になってしまってはカッコわるい。

これだけの名作を作っておきながら
こんな失敗をしてしまうフーパー監督に
親近感も感じてしまう自分もいたりします。

 

関連記事

no image

愛すべき頑固ジジイ『ロボジー』

  2015年のゴールデンウィーク映画で『龍三と7人の子分たち』という映画があって、

記事を読む

『ローガン』どーんと落ち込むスーパーヒーロー映画

映画製作時、どんな方向性でその作品を作るのか、事前に綿密に打ち合わせがされる。制作費が高けれ

記事を読む

『龍の歯医者』 坂の上のエヴァ

コロナ禍緊急事態宣言中、ゴールデンウィーク中の昼間、NHK総合でアニメ『龍の歯医者』が放送さ

記事を読む

no image

『ラースと、その彼女』心の病に真摯に向き合ったコメディ

  いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気者になったライアン・ゴズリング。彼の魅力は、そこは

記事を読む

no image

『レザボア・ドッグス』チャンスをつかむには、せっかちさんの方がいい

  新作準備の『ザ・ヘイトフル・エイト』 の脚本流出で制作中止を発表し、 先日そ

記事を読む

no image

ハリウッド映画風日本映画『るろうに剣心 京都大火編』

  今話題で好評の 実写版『るろうに剣心』第2弾『京都大火編』。 本作公開後

記事を読む

no image

『6才のボクが、大人になるまで。』育児の恐れを緩和させる映画的時間旅行

  『6才のボクが、大人になるまで。』と、邦題そのままの映画。6才の少年が18才にな

記事を読む

『リメンバー・ミー』 生と死よりも大事なこと

春休み、ピクサーの最新作『リメンバー・ミー』が日本で劇場公開された。本国アメリカ公開から半年

記事を読む

no image

『ロッキー』ここぞという瞬間はそう度々訪れない

『ロッキー』のジョン・G・アヴィルドセン監督が亡くなった。人生長く生きていると、かつて自分が影響を受

記事を読む

no image

『リング』呪いのフォーマットは変われども

『リング』や『呪怨』を作った映画制作会社オズが破産したそうです。 そういえば幼稚園頃の娘が「さ

記事を読む

『君の名前で僕を呼んで』 知性はやさしさにあらわれる

SF超大作『DUNE』の公開も間近なティモシー・シャラメの出世

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』 変遷するヒーロー像

コロナ禍の影響で、劇場公開の延期を何度も重ね、当初の公開日から

『アンという名の少女』 戦慄の赤毛のアン

NetflixとカナダCBCで制作されたドラマシリーズ『アンと

『MINAMATA ミナマタ』 柔らかな正義

アメリカとイギリスの合作映画『MINAMATA』が日本で公開さ

『ワンダーウーマン1984』 あの時代を知っている

ガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督のコンビでシリーズ

→もっと見る

PAGE TOP ↑