*

『ルパン三世 ルパンvs複製人間』カワイイものは好きですか?

公開日: : 最終更新日:2020/03/13 アニメ, 映画:ラ行, 音楽

先日『ルパン三世』の原作者であるモンキー・パンチさんが亡くなられた。平成が終わりに近づいて、昭和時代のアイコン的存在の人物たちが、急にこの世を去っていくような感じがする。なんだか本当に時代の流れというものはあるらしい。

そのモンキー・パンチさんの追悼番組として、日テレの『金曜ロードSHOW!』枠で、『ルパン三世』アニメ映画の第一弾である『ルパンvs複製人間』が放送された。

この映画は自分も小さい頃から何度も観ていた作品。身内の携わった作品とあって、なかなか触れずにいた。今回の放送で久々に観たら、やっぱりめちゃくちゃ面白い。かなりテンションがあがってしまった。

映画は40年以上前に製作されたものなのに、2019年の現代だからこそ、やっとしっくり理解できるSF作品になったのかもしれない。この古い映画に関しては、既に語り尽くされた感もある。それくらい愛され続けてきた作品なのだろう。

クローン技術やらAIやら、巨大な力による管理社会やらが当たり前のように登場する。まったく古さを感じさせないストーリー。先見の明がある。SF映画というものは、いかに説得力のある未来予知ができるかにかかっている。

『ルパン三世』という世界観を拝借して、映画はアニメというジャンルどころか、日本映画であることも飛び越えようとしている。ハナっから世界標準。世界に通用する映画を作る気満々だ。

今回テレビ放送したバージョンは、一昨年のリバイバル上映のためにリマスターされた最新版。しかも吉川惣司監督自ら監修している。

数年前、『金曜ロードSHOW!』で、初めてハイビジョン版の本作を観たとき、監督が「こんなキレイな自分の作品観たの初めてだよ。呼んでくれれば監修するのになあ」と言っていたので、晴れての究極版だ。このレストアされた高画質高音質は、まるで最新作を観ているような錯覚に陥った。古いアニメ技術が新しくみえる。 意図的にレトロを狙った新作のようだ。

『ルパン三世』の魅力といえば、大野雄二さんの有名な劇伴。とにかく音楽がカッコイイ。「時代の流行に流されない、ウェルメイドな作品を作りたかった」と吉川監督の言葉通り、この音楽も時代性を感じさせない要素となっている。CG全般になってしまった現代のアニメからすると、40年前の手描きアニメ技術は、時代が一回りして新鮮な感覚すらある。ただ、ギャグのセンスが昭和なのはご愛嬌。

この映画の中での登場人物たちは、敵も味方もみんなルパンのことが大好き。このホモソーシャルの世界観が、のちのアニメの流れを予感させる。冒頭からメカやミリタリー、美女のヌードと、男が好きなものが続々と登場する。むしろ女性の好みそうなものが、まったく登場しない。

今回は、小学生のうちの子どもたちと、放送をリアルタイムで鑑賞した。劇中、お色気場面が多いのだが、今観ると、そこで描かれているのは普通の恋人同士のやりとり。現代の妄想ばかりのアニメに比べると、極めて健全な描写に感じる。最近のアニメといえば、抑圧された悶々とした性描写ばかりが気になる。実は『ルパンvs複製人間』みたいなものなら、子どもが観ても問題ないような気すらしてしまう。普通の恋愛描写が貴重なのだ。自分たちだって、小さな子どもの頃にこの作品を観ている。大丈夫。エロチズムはあるけど、エロくない。

映画放送当日は、ツイッターでも『ルパンvs複製人間』がトレンド入りしたらしい。つぶやきの中に「もっと吉川惣司監督が評価されるべきだ」というものが散見した。残念ながら、センスが時代の先を進みすぎたのだろう。

『ルパン三世』といえば、本作と、宮崎駿監督の『カリオストロの城』がよく挙げられる。モンキー・パンチさんも言っているが、「『カリオストロ』は傑作だけど、僕のルパンじゃない」と。

ルパン三世は、犯罪の天才でサイコパスなところに魅力がある。平気で人を裏切ったり殺したりできる。宮崎監督のルパンは、心優しき大泥棒。犯罪者なのに心優しいという相反するアイデンティティ。それもキャラクターとして魅力がある。きっと宮崎監督は、世知辛い世の中だからこそ、エンターテイメントの世界ぐらいは、甘く優しい勧善懲悪な世界にしたかったのだろう。

ただその後に続く日本のエンタメ作品が、「いい人」や「美談」しかでてこなくなってしまったのがつまらない。現実逃避系ばかりで、みんな慰めて貰いたがってる。甘ったるすぎて具合悪くなっちゃうよ。

そんな世の流れで、本作のようなドライな世界観が受け入れられる筈もない。日本人はカワイイものが好き過ぎて、それ以外のものを排除してしまった。「ドライでカッコイイ」ってなにそれ食えるの?ぐらいの勢いだ。これじゃあ日本産のエンタメは世界に通用しない。日本中がみんな弱ってる。

だからこそ、今回の『ルパンvs複製人間』の放送が新鮮だった。これくらいクールな作品は、もうなかなか日本では生まれてこないだろう。自分はもう、うわべだけカワイイものや、優しいものばかり集まるものは辟易なのだけど、世のみんなは一体どう感じているのだろうか?

関連記事

『ソウルフル・ワールド』 今そこにある幸福

ディズニープラスを利用し始めた。小学生の息子は、毎日のように自分で作品を選んで楽しんでいる。

記事を読む

『天使のたまご』 アート映画風日本のアニメ

最新作の実写版『パトレイバー』も話題の世界的評価の高い押井守監督の異色作『天使のたまご』。ス

記事を読む

no image

『ピーターパン』子どもばかりの世界。これって今の日本?

  1953年に制作されたディズニーの アニメ映画『ピーターパン』。 世代を

記事を読む

『魔女の宅急便』 魔法に頼らないということ

ウチの子どもたちも大好きなジブリアニメ『魔女の宅急便』。 実はウチの子たちはジブリアニ

記事を読む

no image

部外者が描いたからこそ作品になれた『リトル・ブッダ』

  4月8日は花祭りの日。 ブッダが生まれた日としてお祝いする日だそうで。

記事を読む

『007 スペクター』シリアスとギャグの狭間で

評判の良かった『007 スペクター』をやっと観た。 前作『スカイフォール』から監督は続

記事を読む

『シン・ゴジラ』まだ日本(映画)も捨てたもんじゃない!

映画公開前、ほとんどの人がこの映画『シン・ゴジラ』に興味がわかなかったはず。かく言う自分もこ

記事を読む

no image

何が来たってへっちゃらさ!『怪盗グルーのミニオン危機一発』

  世界のアニメ作品はほぼCGが全盛。 ピクサー作品に始まり、 母体であるディズ

記事を読む

『STAND BY ME ドラえもん』 大人は感動、子どもには不要な哀しみ?

映画『STAND BY ME ドラえもん』を 5歳になる娘と一緒に観に行きました。

記事を読む

『この世界の片隅に』 逆境でも笑って生きていく勇気

小学生の頃、社会の日本近代史の授業で学校の先生が教えてくれた。「第二次大戦中は、今と教育が違

記事を読む

『tick, tick… BOOM! 』 焦ってする仕事の出来栄えは?

毎年2月になると、アメリカのアカデミー賞の話が気になる。エンタ

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしま

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 マイノリティとエンターテイメント

小学生の息子は『ハリー・ポッター』が好き。これも親からの英才教

『このサイテーな世界の終わり』 老生か老衰か?

Netflixオリジナル・ドラマシリーズ『このサイテーな世界の

『鬼滅の刃 遊郭編』 テレビの未来

2021年の初め、テレビアニメの『鬼滅の刃』の新作の放送が発表

→もっと見る

PAGE TOP ↑