*

『チェブラーシカ』哀愁の旧ソ連名残

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 アニメ, 映画:タ行, 音楽

t02200155_0300021213181917529

なんでも5年ぶりに
新作が作られた『チェブラーシカ』。
こんどは本家ロシア産なのかな?
はたしてどんな作風になっているのか?

ロシアアニメ『チェブラーシカ』を
ウチの娘に観せてみたのは2歳の時。

熊とも猿ともいえない
愛らしいチェブラーシカが、
みんなの役に立ちたいと、
友達とともに公園を作るエピソード。

公園が遂に完成したスピーチを
チェブラーシカがして最後に
「ウラー!!(ばんざーい)」と叫びます。

その仕草と言い方に娘はバカウケ。
もう10回くらいその場面ばかり
ヘビーローテション。
百発百中でバカウケでした。

このチェブラーシカの
「誰かの役に立たなければ」と
自分を追い込んで行くような考え方、
旧ソ連時代型社会主義の名残りなのかと
日本人の自分には違和感を感じた。

音楽や表現が哀愁溢れ、
子ども向けとは思えないくらい
シブい作品になっていた。

日本で本格的に本作が紹介された
2000年代初頭、ミニシアターでやったりと
アート映画の扱いをされていたと思う。

監督はロマン・カチャーノフ。
きっと本作が発表された
1960~70年代の旧ソ連では
子ども向け作品は希少だったでしょう。
少しでも子どもたちに芸術的なものに
触れて欲しいという制作者の優しさを感じます。

カチャーノフが頭角を表すのはスターリン死後。
旧ソ連の共産主義とは関係がないのだろうが、
まだまだペレストロイカ前、
表現の規制が厳しかった頃の作品。

なんでもスターリンは、
時の芸術家たちを自分の配下に置いて、
政治的な作品を作らせたそうです。

芸術家達はプロパガンダに利用されるフリをしながら、
自分の意図を潜ませて作品を作ったらしいです。

政治が芸術に介入して民衆を
コントロールしようとする。
流れのいい時代であれば、
これはルネッサンスにも成長するだろうが、
独裁的な世の中だと、とても不遇なものとなる。

こないだテレビで観たのですが、
音楽家のショスタコビッチは
プロパガンダの象徴的な『革命』という曲で
体制に取り込まれたフリをしながらも、
『カルメン』のなかのフレーズを多用する。
その意味は「信じるな!」。
すぐに悪政は終わるというもの。

気付かれないように自分の意志を忍ばせた。
スターリン時代の旧ソ連の特徴。

この『チェブラーシカ』は近年
日本のスタッフでリメイクされました。

歴史的な暗い要素はバッサリ切って、
表面的な可愛らしいチェブラーシカの誕生です。

時代や国を超えて愛されるキャラクターは
その時代や場所によって性格も変わっていきます。

チェブラーシカに歴史的な重みがなくなるのは
果たして良いことなのか、悪いことなのか?
今後数十年後、過去の歴史観として
冷静に判断できる頃になったら、
文化研究家達が語ってくれることでしょう。

そのとき笑われることがなければいいですが……。

関連記事

『シン・ゴジラ』まだ日本(映画)も捨てたもんじゃない!

from : www.oricon.co.jp/(C)2016 TOHO CO.,LTD.[/ca

記事を読む

『バンカー・パレス・ホテル』フランス人と日本人の文化的嗜好は似てる

ダメよ~、ダメダメ。 日本エレキテル連合という 女性二人の芸人さんがいます。 白塗

記事を読む

『映画 妖怪ウォッチ2』とその未来

映画版『妖怪ウォッチ』の第二弾『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』、ウチ

記事を読む

『東京暮色』生まれてきた命、生まれてこなかった命

「東京暮色」4Kデジタル修復版 海外版ポスター (c)1957/2018松竹株式会社[/capti

記事を読む

『キングスマン』威風堂々、大人のわるふざけ。

作品選びに慎重なコリン・ファースがバイオレンス・アクションに主演。もうそのミスマッチ感だけで

記事を読む

『タクシー運転手』深刻なテーマを軽く触れること

http://klockworx-asia.com/taxi-driver/[/caption]

記事を読む

『インクレディブル・ファミリー』ウェルメイドのネクスト・ステージへ

https://www.disney.co.jp/movie/incredible-family.

記事を読む

『くまのプーさん』ハチミツジャンキーとピンクの象

8月3日はハチミツで、『ハチミツの日』。『くまのプーさん』がフィーチャーされるの日でもありま

記事を読む

原作への愛を感じる『ドラえもん のび太の恐竜2006』

今年は『ドラえもん』映画化の 35周年だそうです。 3歳になる息子のお気に入り映画

記事を読む

『ツイン・ピークス』ってなんだったの?

アメリカのテレビドラマ『ツイン・ピークス』が 25年ぶりに続編がつくられるそうです。

記事を読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナ

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuin

『ピーターラビット』男の野心とその罠

http://www.peterrabbit-movie.jp/[/

『めぐり逢えたら』男脳女脳ってホント?

1993年のアメリカ映画『めぐり逢えたら』。実は自分は今まで観

『タクシー運転手』深刻なテーマを軽く触れること

http://klockworx-asia.com/taxi-dri

→もっと見る

PAGE TOP ↑