*

『ヴァチカンのエクソシスト』 悪魔は陽キャがお嫌い

公開日: : アニメ, 映画:ア行, 映画:ハ行, , 配信

SNSで評判だった『ヴァチカンのエクソシスト』を観た。自分は怖がりなので、ホラー映画が大の苦手。でも黒装束の神父が小さなスクーターに乗ってる画像を見て、これは笑えそうと興味が湧いてしまった。日本でも、お坊さんがカブで滑走している姿には胸が躍る。しかし映画が始まってすぐに後悔した。この映画、普通に怖いじゃん!

『エクソシスト』というと、先日亡くなったウィリアム・フリードキン監督の古典的名作を思い出す。ホラーが苦手な自分でも、こっちの『エクソシスト』は、子どもの頃から何回も観ている。怖いけど、なんだか芸術的で好きだった。

『ヴァチカンのエクソシスト』でもっとも興味深いのは、主人公のガブリエーレ・アルモルト神父が、実在した人物だということ。2016年に他界したので、つい最近まで存命だった。原作は、彼の自伝でもある『エクソシストは語る(An Exorcist Tells His Story)』。もちろん『ヴァチカンのエクソシスト』は映画的な演出で、大仰に盛っているのだろうけど。

監督はオーストラリア出身のジュリアス・エイヴァリー。若い監督というのがよくわかる。映画はオーソドックスなホラー映画の演出なので、新しみこそはないのだけれど、ところどころに日本のアニメの影響を伺わせて親しみを感じる。それこそ『呪術廻戦』や『鬼滅の刃』のような、ダークファンタジーものの第一話を観ているような気分。なんでもこの『ヴァチカンのエクソシスト』は、続編制作も決定したらしいので、ほんとにアニメやヒーローものの映画のようになってきた。実話と虚構が一緒くたになっていて楽しい。

ガブリエーレ・アルモルト神父の写真が映画にも登場する。あかんべーと下を出したユーモラスな写真。映画の描かれ方からしても、この人物がとてもチャーミングだったのがわかる。ラッセル・クロウが演じるアルモルト神父はとても魅力的。まず彼の乗っているスクーターがかわいい。ベスパかと思っていたら、ランブレッタ製とのこと。それにフェラーリのステッカーを貼っているという屈折ぶり。靴下の色までスクーターのボディカラーとコーディネートしてるのがますますいい。

アルモルト神父が、ヴァチカンに召喚されるところから物語が始まる。エクソシストの存在を否定しようとするヴァチカン側の圧迫面接。そんなシリアスな場でも、アルモルトは臆することはない。若い修道女にちょっかい出したり、余裕の態度で軽やか。悪魔の存在そのものを訝しむヴァチカン側。それはアルモルトが手練れの仕事をしているから。実在、仕事ができる人は、どんどん任されごとが増えてくる。データ上ではすんなり仕事をこなしているように見える。現場を知らない司令塔は、現場当事者の苦労や努力も知らずに、好き勝手を言ってくる。どの業界も同じようなもの。

脳科学が進歩して、今まで霊現象と言われていた事象も、精神疾患の症例とわかってきた。そんな時代に本物のエクソシストが存在していたのも面白いし、ローマの政治も関与しているのも興味深い。精神疾患と悪魔憑きの判別が難しいというのがリアル。

自分は、世の中にある霊現象のほとんどは、脳が見せている錯覚だと思っている。でも自分はファンタジーやSFが大好き。悪魔がいたら嫌だけど、どこか心の奥底では、霊の存在があって欲しいと思っている。脳がただのコンピューターのように、死んだら停止してそれでおしまいというのも味気ない。自分自身も歳を重ねてきて、己の死を想像しないこともない。壊れたら停止して消えてしまうというのは、自分ごととなると恐ろしくなってくる。虚無の世界への旅立ちは、旅立ちではない。

死後の世界を想像すればするほど、どんどん気持ちが暗くなっていく。アルモルト神父が言う。「冗談を言うことを覚えなさい。悪魔は冗談を嫌うから」と。ユーモアは人間だけが持つ感覚。笑いがなくなった時こそが、人間性を見失った時。戦争や貧困、病で追い詰められていくと、人は笑うどころではなくなってしまう。それでは悪魔の思う壺。悪魔が巣食った状態。ふとSNSを見れば、笑いとはまったく無縁な、誰かを責め立てる言葉たちが溢れている。悪意は誰の中にも潜んでる。誰もが悪魔に憑依されかねない。ユーモアを持つことが、悪魔祓いの最大の武器。

「あなたのファンです。あなたの記事は全部読みました」とアルモルトが言われる。「私の書いた本は読んだかい? 名著だ」と答える。自分で拙著を名著と言う。本気か嘘かわからない。図々しいのか冗談か。大袈裟に謙遜するよりスマートな対応。俄然アルモルト神父の本を読んでみたくなった。

オシャレでかわいい、強面大男のアルモルト神父。オシャレというものも、自分のためにするものと、他人に不快を与えないために心配るものとある。アルモルト神父のオシャレは、後者にあたる。そんなオシャレさんは、鼻につくことはない。そもそもオシャレは、自分も他人も気分を良くさせる。とかくホラー映画は、深刻な状況が描かれているので、登場人物は自然と暗くなってしまう。主人公が陽キャだと観客は救われる。どんな状況でも活路を探せる主人公。

難しいことを眉間に皺を寄せて語るのは当たり前。如何にかわいく自分らしく生きていくか。自分らしく生きるというのも、かなり難しい。殆どがひとりよがりに陥ってしまう。歳をとることで、自分らしさが見えてくるという利点もある。自分が「自分らしい」と思っていることが、案外自分らしくなかったりもする。どれだけ楽に生きていけるか。ラッセル・クロウのアルモルト神父を見ていると、老人になっていくのも案外いいものに思えてくる。かわいい爺さんになれるなら、老いも怖くなくなってくる。

ヴァチカンのエクソシスト Prime Video

ヴァチカンのエクソシスト 冒頭10分映像(無料)(字幕版) Prime Video

関連記事

『君の名は。』 距離を置くと大抵のものは綺麗に見える

金曜ロードショーで新海誠監督の『君の名は。』が放送されていた。子どもが録画していたので、自分

記事を読む

『思い出のマーニー』 好きと伝える誇らしさと因縁

ジブリ映画の最新作である『思い出のマーニー』。 自分の周りでは、女性の評判はあまり良くなく

記事を読む

『ヒックとドラゴン』真の勇気とは?

ウチの2歳の息子も『ひっくとどらぽん』と 怖がりながらも大好きな 米ドリームワークス映画

記事を読む

『高慢と偏見(1995年)』 婚活100年前、イギリスにて

ジェーン・オースティンの恋愛小説の古典『高慢と偏見』をイギリスのBBCテレビが制作したドラマ

記事を読む

『超時空要塞マクロス』 百年の恋も冷めた?

1980年代、自分が10代はじめの頃流行った 『超時空要塞マクロス』が ハリウッドで実写

記事を読む

『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』 スターの魂との距離は永遠なれ

デヴィッド・ボウイの伝記映画『ムーンエイジ・デイドリーム』が話題となった。IMAXやDolb

記事を読む

『ダンジョンズ&ドラゴンズ アウトローたちの誇り』 ファンタジーみたいな旅の夢

近年の映画の予告編は、映画選びにちっとも役立たない。この『ダンジョンズ&ドラゴンズ』も、まっ

記事を読む

no image

『ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密』賢者が道を踏み外すとき

  日本では劇場未公開の『ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密』。DVDのジャケ

記事を読む

no image

『ローレライ』今なら右傾エンタメかな?

  今年の夏『進撃の巨人』の実写版のメガホンもとっている特撮畑出身の樋口真嗣監督の長

記事を読む

no image

『ジュブナイル』インスパイア・フロム・ドラえもん

  『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』の 山崎貴監督の処女作『ジュブナイル』。

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto | Opus』 グリーフケア終章と芸術表現新章

坂本龍一さんが亡くなって、1年が過ぎた。自分は小学生の頃、YM

『SAND LAND』 自分がやりたいことと世が求めるもの

漫画家の鳥山明さんが亡くなった。この数年、自分が子どものころに

『ハイキュー‼︎』 勝ち負けよりも大事なこと

アニメ『ハイキュー‼︎』の存在を初めて意識したのは、くら寿司で

『オッペンハイマー』 自己憐憫が世界を壊す

クリストファー・ノーラン監督の『オッペンハイマー』を、日本公開

『哀れなるものたち』 やってみてわかること、やらないでもいいこと

ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『哀れなるものたち』が日本で

→もっと見る

PAGE TOP ↑