*

『デッドプール』映画に飽きた映画好きのためのスパイス的映画

公開日: : 最終更新日:2019/06/11 映画:タ行

映画『デッドプール』は、劇場公開時に見逃してからずっと観たかった映画。小さな子どもがいる我が家では、R指定のこの映画はなかなか観づらい。マーベルヒーローものだし、子どもが興味を持つ要素が多すぎる。そう、この映画は大人の年齢になっても、精神年齢はおこちゃまな、自分のようなサブカル人間がどストライク。

本来ヒーローものや怪獣もののような映画は、子どもが観れてなんぼ。ファミリー映画が少ない昨今、子どもがメインで家族も楽しめるようなジャンルであって欲しいのが本音だ。

『デッドプール』のような映画が受け入れられるバックグラウンドには、抑圧された現代社会で自分を殺して、無理矢理大人にならざるを得ない人たちが、いかに多いかが見受けられる。映画ぐらいはハッチャケておこちゃまになりたい。まさに現実逃避! いまどきのサブカルの位置づけは、そんなところか。

実は自分はこの『デッドプール』は、もっと一般的な映画なのかと思っていた。予想以上にサブカルネタが多い。楽屋オチは同人誌的ノリ。それでもカルトムービーにならずに、一般映画として大ヒットした。

デッドプールは超人的なパワーがありながら、正義の味方ではない。自身の復讐だけに行動し、下ネタばっかり言って悪ふざけばかりしてる。ときには卑怯な手口で、平然と人を殺したりする。

主演を務めるライアン・レイノルズは、この映画『デッドプール』の製作も兼任している。彼のデッドプールというキャラクターへの熱烈な愛情こそが、この映画化への結実だろう。『X-MEN』シリーズにデッドプールが初登場したときは、同じ役者にも関わらず、まったく別人のようなキャラクターだったらしい。ライアン・レイノルズは『グリーン・ランタン』でもヒーローもので失敗している。たび重なるヒーロー役の失敗に懲りることなく、「こうすればおもしろくなるのに!」と野望を募らせていたのだろう。

自分のルックスも善人というよりも悪役が向いているのをよく分かっている。スパイダーマンやアイアンマンに通づる赤いコスチュームは、デッドプールの場合はちとどす黒い。なんでも返り血を浴びたときに目立たないからとか。ムッチリしたスーツもカッコよさやセクシーさよりも、キモさ優先。よっ、ダークヒーロー!

昨今のスーパーヒーローブームで、我々観客は、幾度となくヒーロー誕生のエピソードを見せられ続けた。ヒーローが生まれるタルいストーリー展開には、もう辟易してる。この『デッドプール』は、ヒーロー誕生の第1話だけど、時系列をぶっ壊したストーリー構成でのっけから観客を惹きつける。

開幕は暴力的なアクションシーン。大暴れしてるデッドプールの様子から映画は始まる。「コイツは何者?」観客の興味をくすぐる。アクションシーンと並列しながら、デッドプール誕生秘話へと場面は同時進行。中盤までぜんぜんストーリーが進んでないのにも関わらず、まったく観客を飽きさせない。脚本トリックの妙。

この映画の間口は広い。プロットはいたってシンプル。サブカル臭プンプンのトガった雰囲気でも、ストーリーは王道中の王道。どんなにサブカルネタが氾濫して、元ネタがわからなくても、スルーできる工夫。マニアックになり過ぎてない。

スーパーヒーローものはもちろん好き。王道のメジャー映画も大好き。でもなんとなくパターン化されたそれらにちと飽きた。正義の戦いでも、平気で人が殺される矛盾も引っかかる。そんなときにこの映画『デッドプール』の登場だ。大義名分があったとしても残虐なものは残虐。毒はあるけど、観客をおいてけぼりにしない。ハメを外しているけど、きちんと計算されている。おもしろい映画は正確なリズムを持っている。

パート2の製作も決まり、日本人キャストも参戦するとか。変化球を投げてるけど、正攻法で勝負してる不思議な映画。この狂ったフリした計算高い、したたかな作品の後日談をどうやって構築するのか? 続編が作りやすそうで作りにくい。一歩間違えば凡作、うまくいってもカルトムービー。さて如何に!

でも近頃自分は、トンがった表現や残虐描写にすこし凹むようになってきた。むかしは大喜びではしゃいでいたのに。これは老いの始まりなのだろうか? 丸い人間になってきたからからか、はたまたつまらない人間になったからか、自分でもよくわからない。まあどーでもいいことだけど。

関連記事

no image

『沈黙 -サイレンス-』閉じている世界にて

「♪ひとつ山越しゃホンダラホダラダホ〜イホイ」とは、クレイジー・キャッツの『ホンダラ行進曲』の歌詞。

記事を読む

no image

『東京暮色』生まれてきた命、生まれてこなかった命

第68回ベルリン国際映画祭で小津安二郎監督の『東京暮色』の4Kレストア版が上映された。小津作品へのオ

記事を読む

no image

『トロールズ』これって文化的鎖国の始まり?

  配信チャンネルの目玉コーナーから、うちの子どもたちが『トロールズ』を選んできた。

記事を読む

no image

『トランスフォーマー/ロストエイジ』最新技術のお披露目の場

ドルビーアトモスのAVアンプを探していると、この『トランスフォーマー/ロストエイジ』の見せ場の映

記事を読む

no image

大人になれない中年男のメタファー『テッド』

  大ヒットした喋るテディベアが主人公の映画『テッド』。 熊のぬいぐるみとマーク・

記事を読む

no image

『天才スピヴェット』所詮天才なんて、ただの個性でしかない。

  大ヒットフランス映画『アメリ』の ジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作『天才ス

記事を読む

no image

百年の恋も冷めた。映画版『超時空要塞マクロス』

  1980年代、自分が10代はじめの頃流行った 『超時空要塞マクロス』が ハリ

記事を読む

no image

『ドラゴンボール』元気玉の行方

  実は自分は最近まで『ドラゴンボール』をちゃんと観たことがなかった。 鳥山明

記事を読む

no image

『茶の味』かつてオタクが優しかった頃

もうすぐ桜の季節。桜が出てくる作品で名作はたくさんある。でも桜ってどうしても死のメタファーとして使わ

記事を読む

no image

『天使のたまご』アート映画をアニメでやった押井守監督の意欲作

  最新作の実写版『パトレイバー』も話題の世界的評価の高い押井守監督の異色作『天使の

記事を読む

no image
『ジョーカー』時代が求めた自己憐憫ガス抜き映画

めちゃめちゃ話題になってる映画『ジョーカー』。ハリウッド映画のアメコミ

no image
『いだてん』近代日本史エンタメ求む!

大河ドラマの『いだてん 〜東京オリムピック噺〜』の視聴率が伸び悩んでい

no image
『万引き家族』親がなければ子は育たず

カンヌ国際映画祭でグランプリにあたるパルムドールを受賞した『万引き家族

no image
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』その扇動、のるかそるか?

『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビースト

no image
『日本のいちばん長い日(1967年)』ミイラ取りがミイラにならない大器

1967年に公開された映画『日本のいちばん長い日』。原作はノンフィクシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑