*

『ダイ・ハード』作品の格をあげちゃうアラン・リックマン

公開日: : メディア, 映画:タ行

Hans

去る1月14日に俳優のアラン・リックマンが亡くなった。今年に入って早々、訃報ばかりが続く。アラン・リックマンは69歳。先日亡くなったデヴィッド・ボウイと同い年。自分からはまさに親世代。自分もあと20年もすれば、同年代の著名人がバタバタ亡くなったり、自分もその仲間だったりするのだろう。これはかなり精神的ダメージがありそうだ。とても残念です。ご冥福を祈りします。

アラン・リックマンはあの鼻にかかった声が独特で、メジャー出演作品では悪役が多い。ホントは結構地味な文芸作品が多い役者さん。『ハリー・ポッター』シリーズのスネイプ先生なんかが最近では有名。第1作目の『賢者の石』の頃はまだ、J.K.ローリングは原作執筆の途中で未完結。自分も小説でイメージしていたスネイプはこんな人だったのねって、しっくりきた怪演ぶり。いや、スネイプはイメージ以上に面白いキャラクターになっていた。怖いけど笑えるスネイプ。J.K.ローリングも、リックマンのスネイプにだいぶ構想を引っ張られたんじゃないかしら? だからこそシリーズ後半では、ハリーを食っちゃうくらい重要なキャラクターになっていったのかも知れない。

スネイプも良かったけど、アラン・リックマンといえばやはり『ダイ・ハード』の悪役・ハンス‼︎ 80年代はハリウッドのブロックバスター映画の全盛期。明るく軽くノリがいい映画の名作がたくさん生まれた。で、ちょうどそろそろハリウッド映画も飽きてきたな〜という頃に、『ダイ・ハード』というカウンターパンチを食らった。ブロックバスター映画は内容が薄っぺらいものだったのに、この映画は脚本に仕掛けがいっぱいある。張り巡らされた伏線の数々。小さな脇役ですら、必ず本筋に絡んできて、無意味な登場人物は一人もいない。いままでのアクション映画は、アタマ空っぽにして観てればいいものだったのに、伏線が繋がったとき「そうきたか!」と、いちいち唸らされたものです。

この『ダイ・ハード』の一作目で占拠されるのは、架空の日系企業のナカトミビル。当時日本はバブル絶頂期。日本人はカネにものを言わせて、世界中でデカイ態度をとっていた。カネ払うんだから、何したっていいでしょ?って。そりゃ世界中から総スカン。いま、中国人の成金を『爆買い』とか揶揄してるけど、もしかしたらそれよりもっと品がなかったかも知れない。テロリストの最初の犠牲者は日本人社長。勇敢にアラン・リックマン演じる悪玉のボスに対峙するが、あっけなく頭を撃ち抜かれる。きっとその場面で、日本以外の映画館では喝采がおきたのでは? それくらい日本人は嫌われていたのだろう。あの場面は、世界における日本人の象徴だ。

『ダイ・ハード』の1作目は、いろんな意味で、いままでのアクション映画の概念を覆した。マッチョ対マッチョの筋肉祭りのイメージだったアクション映画を、ショボくれた冴えない中年刑事を主人公にした。ブルース・ウィリスの当たり役。悪役は知的な紳士風で逆に怖さが増す。リックマンあっての悪役。登場人物の過去の設定もしっかりしているので、観客が感情移入しやすい。シリーズ化される第1作目は、たいてい面白いものだ。

この『ダイ・ハード』。公開当時よりも、ビデオになって、後から人気が出てきたと思う。観客の映画館離れが深刻だった時代。映画は映画館じゃなく、レンタルで観るもののような、映画ファンとしてはダメな風潮だった。名画座の早稲田松竹では、やはり客の不入りで二週間で上映うちきりになった『グレート・ブルー』と併映していた。この『グレート・ブルー』は後に長尺版になり『グラン・ブルー』と改題されたリュック・ベッソンの名作。当時自分は、「なんちゅう豪華な二本立てだろう」と感動していたけど、ほとんど無名の二作品だったのね。『ダイ・ハード』やら『グレート・ブルー』の話したら、マニア扱いされたものです。こんなにわかりやすい映画なのになぜ?って感じ。ただ、本当に良いものは、後からジワジワ評価されて、気がついたらスタンダードになっていくものなんだと、後のこの二作品の評価で感じました。

映画に宣伝は不可欠だけど、やっぱり作品自体にパワーがなければ、一瞬にして忘れ去られてしまうのでしょうね。

関連記事

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

http://www.uplink.co.jp/dance/[/caption] アレハンド

記事を読む

『ローレライ』今なら右傾エンタメかな?

今年の夏『進撃の巨人』の実写版のメガホンもとっている特撮畑出身の樋口真嗣監督の長編デビュー作

記事を読む

『嫌われ松子の一生』道から逸れると人生終わり?

中島哲也監督の名作である。映画公開当時、とかく中島監督と主演の中谷美紀さんとが喧嘩しながら作

記事を読む

『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか』大人よりも子どもの方が真実を知っている

20代後半の男性保育士さんが、 園児たちの何気ない言葉、 ハッとした言葉を綴った Tw

記事を読む

『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』天才と呼ばれた普通の父親たち

なんともうまいタイトルの本。本屋さんをブラブラしていたら、水木しげるさんの追悼コーナーにあっ

記事を読む

『東京物語』実は激しい小津作品

今年は松竹映画創業120周年とか。松竹映画というと、寅さん(『男はつらいよ』シリーズ)や小津

記事を読む

夢は必ず叶う!!『THE WINDS OF GOD』

俳優の今井雅之さんが5月28日に亡くなりました。 ご自身の作演出主演のライフワークでも

記事を読む

『あの頃ペニー・レインと』実は女性の方がおっかけにハマりやすい

名匠キャメロン・クロウ監督の『あの頃ペニー・レインと』。この映画は監督自身が15歳で音楽ライ

記事を読む

『あさが来た』 はるがきた⁉︎

http://www.asahi.com/[/caption] NHK『連続テレビ小説』の『

記事を読む

負け戦には精神論が常『ヒトラー 〜最期の12日間〜』

「欲しがりません勝つまでは」 戦後70年たった今となっては、こんな我慢ばかりを要求する言葉

記事を読む

『やさしい本泥棒』子どもも観れる戦争映画

http://video.foxjapan.com/release/

『君たちはどう生きるか』誇り高く生きるには

今、吉野源三郎著作の児童文学『君たちはどう生きるか』が話題にな

『ラースと、その彼女』心の病に真摯に向き合ったコメディ

いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気者になったライアン・ゴズリング。

『メッセージ』ひとりが幸せを感じることが宇宙を変える

http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/

『ハイドリヒを撃て!』実録モノもスタイリッシュに

http://shoot-heydrich.com/[/captio

→もっと見る

PAGE TOP ↑