*

『METAFIVE』アンドロイド化する東京人

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 音楽

 

自分は音楽ではテクノが好き。整理整頓された無機質な音にテンションがあがる。ロックなのに汗ひとつかかないようなクールなイメージ。人間が演奏していると言うより、機械に取り込まれたアンドロイドが演奏してるよう。サイバーパンクの世界……。

と、ごたくを並べたけれど、結局のところ子どもの頃の刷り込みに過ぎない。あれは自分が小学生になるかならないかの頃、いとこのお姉さんの部屋にYMOのアルバム『増殖』があったことに始まる。そのジャケットにショックを受けた。YMOのメンバー3人の人形がたくさん並んでいる不気味なジャケット。曲は後から聴いたが、やはり不気味で気持ち悪く、たちまち大好きになった。でももうその頃には世の中はすっかりYMOブーム。猫も杓子もYMOといったところ。既にすっかり流行に乗り遅れてる。その頃の刷り込みを律儀に30年以上も貫いているのだから、自分は頭が硬いのかも知れない。自分の子どもたちも、幼い今の時期に出逢ったものが、一生の趣味嗜好になりかねないと思うと、親の責任も重大だ。

で、このYMOの高橋幸宏さん率いる『METAFIVE』。メンバーはTEI TOWAさんや小山田圭吾さん、砂原良徳さんなど、ソロで活躍している人ばかりの豪華な顔ぶれ。ユキヒロ兄貴のひと声で集まったという感じ。むしろこれだけ個性の強いメンツが揃ってよくぶつからずに成立したなぁ。METAFIVEの当初は、YMOの完コピをライブでやっていた。正直これにはあまりピンと来なかった。昔の曲と言っても、大ファン過ぎた自分には聴き飽きた感があり、懐古主義にはならないな~、と。最近昔のバンドの再結成が多いが、当時どんなに好きでも今更感は否めない。どうも自分は古いバンドに再結成されても、やっぱり新曲が聴きたいらしい。そうなると今度のMETAFIVEの1stアルバムは新曲ばかりなので、その欲求を満たしてくれる。しかも音は当時のYMOを彷彿とさせるものばかり。

このMETAFIVEのニューアルバムに入っている『Luv U Tokio』という曲がある。PVではアンドロイドみたいなキレイな男女がでてきて、ロボットみたいな動きをしている。日の丸カラーがメインの画像。東京とか日の丸とかでてくると、なにか政治的な内容ではないかと身構えてしまうのは悪い傾向。これあくまで自分の個人的な感覚だけど、実際東京といってもそんなに目新しいスポットではなくなってしまった気がするのね。オシャレといっても、メディアでとりあげられた瞬間から一歩間違えばハナニツクものになってしまうし。どうしても都心部に行けば行くほど、昭和のまま感覚が止まっているように思えてならない。どんなに再開発が進んでもマインドが古いのかな? バブル期の亡霊に憑かれてるのかな? 働けば働いただけかえってきた時代ならまだしも、今のような不景気な世の中では、ブラック企業やブラック社員の原因にになりかねない。人は分刻みで働き、人権は失われる。自分にとって東京のイメージは経済だけの場所。そこには愛はない。新しいものはなかなか都心部には集まりにくくなったのかも。

最近、接客業をしている人がみんなビクビクしているようにさえ感じる。客のクレームや上司の目が気になるのかしら? 過剰なサービスはかえって我々の首を絞める。人権を無視されて重い枷をかけられて仕事をしている人は他人に厳しくなり、他所へ行ったらモンスターカスタマーとメタモルフォーゼする! 「おもてなし」の副作用なら悲劇だ。

「TOKIO」と言えばYMOの曲『テクノポリス』を思い出す。そもそもYMOは、海外からみた日本のキッチュなイメージを逆手にとって、ちょっと自虐的にアピールしたから受けたんだと思う。ダサいのも突き詰めて笑ってしまえば、それはそれでカッコいいという絶妙なバランスのユーモア。

先日、ニューヨーク・ヤンキースに入団したまーくんこと田中将大選手が、アメリカの生活でカルチャーショックを受けたことを語っていた。なんでも家具を注文したら配達予定日になっても来ない。業者に連絡すると「渋滞で進めないから諦めて帰っちゃった」とのこと。これ日本だったら大クレームもの。そりゃあ予定通りに家具が配達されなければがっかりするだろうけど、それで命に関わることはない。反対に、命に関わることと、どうでもいい遊びに対しても、同じような究極のサービスを求める日本の奴隷マインドも考えものだ。海外と日本、仕事に対する考え方は極端に違うので一長一短。どちらが良いとは言い切れないが、両者のメリットデメリットは考察してみる価値あり。相手のミスを指摘するより、笑って許せる余裕は大事。我ながらユーモアのセンスをもっと磨かないとな。

東京人は意識してもう少しルーズに生きるようにしていく必要がありそう。本来労働は人生を豊にしていくためにするもの。映画『ブレードランナー』のアンドロイド・レプリカントじゃないけど、ずっと奴隷扱いされてると、暴力的な反乱が起こりかねない。

人間は人間らしく生きることを常に意識して日々を送らないと、簡単に流されてしまうということでしょう。

関連記事

『チャーリーとチョコレート工場』 歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあと、あらためてその映画を観直す

記事を読む

no image

『DENKI GROOVE THE MOVIE?』トンガリ続けて四半世紀

  オフィス勤めしていた頃。PCに向かっている自分の周辺視野に、なにかイヤなものが入

記事を読む

no image

『ロッキー』ここぞという瞬間はそう度々訪れない

『ロッキー』のジョン・G・アヴィルドセン監督が亡くなった。人生長く生きていると、かつて自分が影響を受

記事を読む

『恋する惑星』 キッチュでポップが現実を超えていく

ウォン・カーウァイ監督の『恋する惑星』を久しぶりに観た。1995年日本公開のこの映画。すでに

記事を読む

『ボヘミアン・ラプソディ』 共感性と流行と

昨年はロックバンド・クイーンの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットが社会現象となった

記事を読む

no image

『リップヴァンウィンクルの花嫁』カワイくて陰惨、もしかしたら幸福も?

  岩井俊二監督の新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』。なんともややこしいタイトル。

記事を読む

no image

『メアリと魔女の花』制御できない力なんていらない

スタジオジブリのスタッフが独立して立ち上げたスタジオポノックの第一弾作品『メアリと魔女の花』。先に鑑

記事を読む

『すずめの戸締り』 結局自分を救えるのは自分でしかない

新海誠監督の最新作『すずめの戸締り』を配信でやっと観た。この映画は日本公開の時点で、世界19

記事を読む

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』 作者にインスパイアさせた曲

正直に言ってしまうと自分は 『ドラゴンボール』はよく知らない。 鳥山明氏の作品は『Dr.

記事を読む

『汚れた血』 カノジョをキレイに撮る映画

  『あの人は今?』的存在になってしまったレオス・カラックス監督。2年前に新作『ホーリー・モー

記事を読む

『マッドマックス フュリオサ』 深入りしない関係

自分は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が大好きだ。『マッ

『ゴジラ-1.0』 人生はモヤりと共に

ゴジラシリーズの最新作『ゴジラ-1.0』が公開されるとともに、

『かがみの孤城』 自分の世界から離れたら見えるもの

自分は原恵一監督の『河童のクゥと夏休み』が好きだ。児童文学を原

『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』 冒険の終わり、余生の始まり

ハリソン・フォードは『スター・ウォーズ』のハン・ソロ再演が評判

『Ryuichi Sakamoto | Opus』 グリーフケア終章と芸術表現新章

坂本龍一さんが亡くなって、1年が過ぎた。自分は小学生の頃、YM

→もっと見る

PAGE TOP ↑