*

『鉄コン筋クリート』ヤンキーマインド+バンドデシネ

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 アニメ, 映画:タ行,

アニメ映画『鉄コン筋クリート』が公開されて今年が10周年だそうです。いろいろ記念イベントやら関連書籍がでるらしい。もう10年も前かと振り返ると、映画を観た頃と自分自身の環境も大きく変わっている。10年ひと昔とはよく言ったものだ。精神的にはちっとも変わっていないのに確実に老いた。これから10年後を想像するのもそら恐ろしい。

松本大洋さんの漫画原作を忠実に映像化した本作。制作はSTUDIO4℃で前作『マインド・ゲーム』に雰囲気が近い。松本大洋さんの出世作でもあり、フランスのバンドデシネに影響された密度の高い画力で、圧倒的にカッコイイ漫画だった。で、その漫画原作に負けないくらいのビジュアルづくりをしている映画版。当然カッコイイはカッコイイのだけど、映画館で観ていてなんだか胸が痛くなってきた。心がささくれていく感じ。原作では感じなかった気分。これは『マインド・ゲーム』のときも感じたこと。なんだろう?

『鉄コン筋クリート』は架空の街・宝街を牛耳る〈ネコ〉と呼ばれるストリートキッズ・クロとシロが主人公の組織の抗争の話。犯罪映画。不思議なもので、止まった絵の漫画だとそういった犯罪ものだろうがなんだろうが、画力で許せてしまう。だけどアニメとなって動きだすと、同じ内容でも登場人物や制作者の意図みたいなものが強い印象となってくる。

バンドデシネは大人向けの漫画でSF作品がメイン。SF好きの自分は『鉄コン筋クリート』も作中のギミックからSF作品のつもりで観ていたのだが、どうも様子が違うらしい。『ブレードランナー』みたいな宝街のビジュアルや、アニメならではのクロとシロの飛翔シーンはとても魅力的。ただ映画としてキャラクターが動いてくると、少年たちが犯罪や暴力行為をしている場面が気分のいいものではなくなってくる。ファンタジー性がなくなって、ただただ凶暴な印象ばかりリアルに伝わってしまう。この映画、日本公開ではとくに年齢制限なかった。アニメだからと間違えて見に来ちゃったチビッコたちに「観ちゃダメ!」って言いたくなっちゃった。

日本のアニメは世界に誇るとは、日本のメディアではよく言っているけれど、実は日本のアニメは海外では扱いづらい。海外では基本的にアニメはカートゥーン、子どもが観るものと捉えているので、暴力描写や性描写が多い日本のアニメは商売になりづらい。フランスのバンドデシネは大人向けだが、アート作品として認められているので、そもそも子どもが近づきづらい。それに比べれば日本のアニメや漫画は中途半端なポジション。ひじょうにビジネスに持っていきづらい。

漫画の『鉄コン筋クリート』も犯罪作品なのには変わらない。主人公の少年クロとシロは、容姿こそは子どもだけど、これはあくまて象徴に過ぎない。彼らの精神年齢は見た目より高いし、読者もなんとなく「子どもであって子どもでないもの」で暗黙の了解している。映画になると、子どもたちの容姿そのままで暴力行為されてしまうので、とても引いてしまう。作品の途中、クロとシロが引き離される場面がある。情緒的に演出しているのだが、どうも自分は悲しんでいる彼らに感情移入できなかった。さんざっぱら悪事をしていて、刺客とはいえ人も殺しているクロとシロ。いざ自分たちが引き離されるときになると、子どもの顔をして泣きじゃくる。なんと身勝手なと笑えてきた。漫画のときは気にならなかったのに!

ここには自分にはわからない独特の仲間意識がある。仲間のためならどんなことをしても守るけど、それ以外の人は排除してもいいという考え方。一方からの正義。アツいけど、なんとも閉ざされた感覚。やっぱり「一期一会」や「袖触れ合うのも多生の縁」とか大事にしたいものだ。肩書きや所属で、人によって態度を変えたくない。これは優しさではなくて、もっとドライな気持ち。たとえ親しい仲間や友人家族でも、自分とは別の人間なのだということを忘れてはいけない。それは孤独ではあるけど、他者に対しての尊厳でもある。まあ争いがテーマの作品だから利己的な考え方なのは仕方ないけど。

バンドデシネは難解な作品が多いから、このタッチでヤンキー漫画に繋げたのは新しかった。プレゼン風に言うなら、イノベーションの成功。SFとヤンキーを融合させてうまくいったのは、大友克洋さんの『AKIRA』なんかが前出の好例。その延長上の『鉄コン筋クリート』。でも『AKIRA』は純粋なSFだったから、趣旨がわかりやすかった。まあでもやっぱりSFはおっさんが主人公が好みかな。

映画『鉄コン筋クリート』は配役が良かった。クロを二宮和也さん、シロを蒼井優さんが演じてる。クロとシロは少年だけど、片方に女性をキャスティングしたことでガチガチのホモソーシャルにならなかった。やっぱりヤンキー世界に偏り過ぎちゃうと、客層がますます絞られてしまうものね。

 

関連記事

no image

ホントは怖い『墓場鬼太郎』

  2010年のNHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で 水木しげる氏の世界観も

記事を読む

no image

『猿の惑星:新世紀』破滅への未来予測とユーモア

  2011年から始まった『猿の惑星』のリブートシリーズ第二弾にあたる『猿の惑星:新

記事を読む

no image

『キングコング 髑髏島の巨神』映画体験と実体験と

なんどもリブートされている『キングコング』。前回は『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン

記事を読む

no image

何が来たってへっちゃらさ!『怪盗グルーのミニオン危機一発』

  世界のアニメ作品はほぼCGが全盛。 ピクサー作品に始まり、 母体であるディズ

記事を読む

no image

『スノーデン』オタクが偉人になるまで

スノーデン事件のずっと前、当時勤めていた会社の上司やら同僚がみな、パソコンに付属されているカメラを付

記事を読む

no image

『誘拐アンナ』高級酒と記憶の美化

  知人である佐藤懐智監督の『誘拐アンナ』。60年代のフランス映画のオマージュ・アニ

記事を読む

no image

『高い城の男』占いは当たらない?

  映画『ブレードランナー』の原作者フィリップ・K・ディックの代表作『高い城の男』。

記事を読む

no image

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』アメコミみたいなアイツ

トム・クルーズが好きだ! 自分が映画を観るときに、監督で選ぶことはあっても、役者で決めることはほとん

記事を読む

no image

『否定と肯定』感情を煽るものはヤバい

製作にイギリスのBBCもクレジットされている英米合作映画『否定と肯定』。原題は『Denial』と「否

記事を読む

no image

『総員玉砕せよ!』と現代社会

  夏になると毎年戦争と平和について考えてしまう。いま世の中ではキナくさいニュースば

記事を読む

no image
『八甲田山』ブラック上司から逃げるには

今年になって日本映画『八甲田山』のリマスター・ブルーレイが発売されたら

no image
『さよなら、人類』ショボくれたオジサンの試される映画

友人から勧められたスウェーデン映画『さよなら、人類』。そういえば以前、

no image
『若草物語(1994年)』本や活字が伝える真理

読書は人生に大切なものだと思っている。だから自分の子どもたちには読書を

no image
『未来のミライ』真の主役は建物の不思議アニメ

日本のアニメは内省的で重い。「このアニメに人生を救われた」と語る若者が

no image
『映画から見える世界 上野千鶴子著』ジェンダーを意識した未来を

図書館の映画コーナーをフラついていたら、社会学者の上野千鶴子さんが書い

→もっと見る

PAGE TOP ↑