*

『ルパン三世(PART1)』実験精神あればこそ

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 アニメ

 

MXテレビで、いちばん最初の『ルパン三世』の放送が始まった。レストアされて、ものすごい高画質だった。予約録画していたのは、まだ小さなウチの娘だった。ジブリアニメ好きの娘は、『ルパン三世/カリオストロの城』の流れで録画していたらしい。あまりに作風が違うので、困惑するかと思いきや、さにあらず。やはり子どもは頭が柔らかい。『ルパン三世』はつくる人によって、ぜんぜん違う雰囲気になるんだよと説明したら、すんなり受け入れていた。

当初の『ルパン三世』は、「大人向けアニメ」とうたっていたらしい。アニメといえば、今も昔も世界的には子ども向けと考えられている。お色気や殺人場面も辞さない初期『ルパン三世』は、アニメなら高視聴率だった当時では珍しく不人気だったらしい。峰不二子のおっぱいとか見えちゃうから、ウチの小さな子たちはどうとるか気になった。確かに新鮮な衝撃は受けていたみたいだが、自分もこの『ルパン三世』を初めて観たのは幼稚園の頃。これを観たことでどんな影響を与えるかのモデルは、自分自身に問えばいい。

この『ルパン三世』のお色気場面は、ルパンと不二子の、普通の恋人同士のやりとりしか描かれていない。今観ると、まったく道理にかなった筋の通った描写だ。むしろ今のアニメやマンガにある、恋人関係でもない相手に妄想をフツフツと膨らませる描写の方が不健全。そんなものばかりに触れているとビョーキになりかねない。

この最初の『ルパン三世』が発表されたのは1971年。当時アニメは、子ども対象のコンテンツだった。『天才バカボン』のようなギャグアニメもあれば、『巨人の星』のようなドラマ性のある作品もあった。まだアニメというジャンルが、今後どんなものに化けるかわからない時代だった。この可能性に満ちたジャンルで、当時若かったスタッフたちが、なにかカッコイイことができないかと、模索しながら創ったのが『ルパン三世』なのではないだろうか?

アメリカンニューシネマや、フランス映画の犯罪ものなど、退廃的な雰囲気をアニメに取り入れていく。勧善懲悪ではなく、主人公も悪人。死の匂いが常につきまとう。主人公がいつ死んでもおかしくない。音楽も切なく、センスがいい。

初期の『ルパン三世』は、今観ても刺激的でカッコイイ。よく、子どもの頃影響を受けた作品を、大人になって観直すと、ガッカリすることがあるが、『ルパン三世』にはそれがなかった。刷り込みによるまやかしではないと思う。やはり当時のスタッフは全員が、必死で実験的な作品を創ろうとした意欲が、画面から伝わってくるのだろう。

でもやっぱり商業作品の宿命で、人気がとれなければ作風を変えざるを得ない。『ルパン三世』は回を重ねるごとに、コメディ要素が増えてマイルドになっていく。そして今の人気シリーズへとなっていくわけだから皮肉なものだ。

実験的なアプローチあってこそ生まれた『ルパン三世』は、いつの間にか万人受けする作品にまで育っていった。あれから45年。あの頃よりももっと失敗が許されない時代になった現代。実験的な作品が作られるような世の中ではなくなっている。新しいタイプの作品は生まれにくいのかも知れない。

新しいものや面白いものは、みんなが見ている場所と違うところに、ひょっこりいるものだと思えてならない。

関連記事

『赤毛のアン』アーティストの弊害

アニメ監督の高畑勲監督が先日亡くなられた。紹介されるフィルモグラフィは、スタジオジブリのもの

記事を読む

no image

『ジュブナイル』インスパイア・フロム・ドラえもん

  『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』の 山崎貴監督の処女作『ジュブナイル』。

記事を読む

no image

ある意味アグレッシブな子ども向け映画『河童のクゥと夏休み』

  アニメ映画『河童のクゥと夏休み』。 良い意味でクレイジーな子ども向けアニメ映画

記事を読む

『クラッシャージョウ』 日本サブカル ガラパゴス化前夜

アニメ映画『クラッシャージョウ』。1983年の作品で、公開当時は自分は小学生だった。この作品

記事を読む

no image

『クラフトワーク』テクノはドイツ発祥、日本が広めた?

  ドイツのテクノグループ『クラフトワーク』が 先日幕張で行われた『ソニックマニア

記事を読む

no image

社会風刺が効いてる『グエムル ー漢江の怪物ー』

  韓国でまたMERSが猛威を振るっていると日々の報道で伝わってきます。このMERS

記事を読む

『天気の子』 祝福されない子どもたち

実は自分は晴れ男。大事な用事がある日は、たいてい晴れる。天気予報が雨だとしても、自分が外出し

記事を読む

『ホドロフスキーのDUNE』 伝説の穴

アレハンドロ・ホドロフスキー監督がSF小説の『DUNE 砂の惑星』の映画化に失敗したというの

記事を読む

『思い出のマーニー』 好きと伝える誇らしさと因縁

ジブリ映画の最新作である『思い出のマーニー』。 自分の周りでは、女性の評判はあまり良くなく

記事を読む

no image

『ウォレスとグルミット』欽ちゃんはいずこ?

  この『ウォレスとグルミット』は、現在大ヒット中の映画『ひつじのショーン』のアード

記事を読む

『裏切りのサーカス』 いちゃいちゃホモソーシャルの言い訳

映画『裏切りのサーカス』が面白いという勧めを知人から受けて、ず

『アデル、ブルーは熱い色』 心の声を聴いてみる

2013年のカンヌ国際映画祭で最優秀賞パルムドールを受賞したフ

『エターナルズ』 モヤモヤする啓蒙超大作娯楽映画

『アベンジャーズ エンドゲーム』で、一度物語に区切りをつけたデ

『永遠の門 ゴッホの見た未来』 ギフテッドとインフルエンサー

東京都美術館で開催されている『ゴッホ展』に行った。収集家のヘレ

『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』 自由恋愛のゆくえ

スティーヴン・スピルバーグ監督の『インディ・ジョーンズ』シリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑