*

『ひとりぼっちを笑うな』蛭子さんはハルクの如し

公開日: : 最終更新日:2019/06/13

最近、蛭子さんの言葉が流行っているらしい。蛭子さんとは、マンガ界のヘタウマ天才と言われ、タレントとしてもバラエティ番組にひっぱりだこの、あの蛭子能収さんのこと。ヘラヘラっといつも笑っているけれど、描くマンガはいつも怒っていてエログロナンセンス。とかく過激な表現をする人は、実際にはおとなしくて礼儀正しくて、道理をわきまえている場合が多い。蛭子さんも完全にそのタイプだろう。ベストセラーになった『ひとりぼっちを笑うな』も、さぞかし怒っているのかと思っていたら……。

ハリウッド映画の『アベンジャーズ』の中に『ハルク』というキャラクターがいる。普段はおとなしい科学者ブルース・バナーが自ら実験台になった研究に失敗して、感情が高まると緑色の巨人・ハルクに変身して大暴れする能力がついてしまう。まさに普段おとなしい人が、キレるとやっかいのメタファー。自制ができないので、ヒーローとしてはかなり危うい。Dr.バナーも、この才能を短所と受け止めている。

ハルクはいろんな人が演じているけど、『アベンジャーズ』のマーク・ラファロのハルクがいちばん共感できる。こんな場面がある。迫り来る敵の前にDr.バナーがバイクにまたがってやって来ます。優しい笑顔のDr.バナー。キャプテン・アメリカはじめ、アベンジャーズたちが「いま、怒っていいぞ」と言うと、笑顔のDr.バナーは「大丈夫。実をいうとね、私はいつも怒っているんだ」と、メラメラメラとハルクにメタモルフォーゼして、立ち向かっていく。カッコいいけど、普段どれだけガマンしてるんだろ?

蛭子さんもそんな感じかな? と想像していた。本を読んでみると、確かに怒ってはいるのだけど、基本的に明るくてポジティブな考え方。決して卑屈になんかなっていない。やっぱり天才と言われる人は、道理を知っている。

自分は凡人だけど、けっこう蛭子さんと通ずる点も多い。グラフィックデザイナーを目指していたとか、自分も通った脚本家養成学校の先輩だったとか。蛭子さん自身は目立ちたくないのに、どうしても目立ってしまう存在らしい。自分もよく街を歩いていると、知らない人から名指しで声をかけられることがある。「○○で一緒だった△△です」と言われても、相手の顔に覚えがない。そこへは行ったことあるし、共通の記憶もあるみたいだから、あながちウソではなさそう。向こうはこっちの名前も知ってる。記憶障害か何か? でも若い時からずっとそんなことの繰り返し。自分はそれほど他人に興味がないのに、相手には覚えられる。なんとなく目立つ存在らしい。もしかしたら、蛭子さんにちかいかも?

『ひとりぼっちを笑うな』というタイトル。会社組織やSNSの、ムリに群れようとする心理に対しての警鐘。群れると人は無責任で凶暴になる。だからこそ自身の言動に責任を持つことの大事さ。自分自身という看板を自ら背負うことで、ブレない人生を送れるようになる。それは本当の意味で自由になること。ただ、蛭子さんは、ひとりぼっちだったらなんでも良いとは言ってない。孤独にも『良い孤独』と『悪い孤独』があるということ。

無意味に大勢の人と繋がって、相手の顔色ばかりうかがって生きるより、少数でも本音を言い合える人がいることの大切さ。その足元が整った上ではじめて『ひとりぼっち』をエンジョイする。気のおけない相手がいるという、ささやかな幸せに感謝して、あえてひとりぼっちになる。自分が自分を好きになれないようでは、他人からも好かれない。そして自分の行動は絶対に人のせいにしない。心がポジティブならば、ニッチな抜け道は必ずみつかる!

蛭子さんは言う「自分が自由になりたければ、他人も自由にしてあげなくてはいけない」。どんな趣味の人でも、犯罪や人に迷惑をかけていないのなら、口を出してはいけない。それは相手を尊重することらしい。……そうか、それは肝に銘じなければいけないな!

関連記事

『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 』  若手女流監督で人生の機微が!

言わずもがな子ども達に人気の『ドラえもん』映画作品。 『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団

記事を読む

『2001年宇宙の旅』 名作とヒット作は別モノ

映画『2001年宇宙の旅』は、スタンリー・キューブリックの代表作であり、映画史に残る名作と語

記事を読む

no image

太宰治が放つ、なりすましブログのさきがけ『女生徒』

  第二次大戦前に書かれたこの小説。 太宰治が、女の子が好きで好きで、 もう

記事を読む

『ドグラ・マグラ』 あつまれ 支配欲者の森

夢野久作さんの小説『ドグラ・マグラ』の映画版を久しぶりに観た。松本俊夫監督による1988年の

記事を読む

『機動戦士ガンダムUC』 小説から始まり遂に完結!!

2010年スタートで完結まで4年かかった。 福井晴敏氏の原作小説は、遡る事2007年から。

記事を読む

『このサイテーな世界の終わり』 老生か老衰か?

Netflixオリジナル・ドラマシリーズ『このサイテーな世界の終わり』。BTSのテテがこの作

記事を読む

『コクリコ坂から』 横浜はファンタジーの入口

横浜、とても魅力的な場所。都心からも交通が便利で、横浜駅はともかく桜木町へでてしまえば、開放

記事を読む

『透明なゆりかご』 優しい誤解を選んでいく

NHKで放送していたドラマ『透明なゆりかご』。産婦人科が舞台の医療もの。これは御涙頂戴の典型

記事を読む

no image

夢物語じゃないリサーチ力『マイノリティ・リポート』

  未来描写でディストピアとも ユートピアともとれる不思議な映画、 スピルバーグ

記事を読む

no image

『パンダコパンダ』自由と孤独を越えて

子どもたちが突然観たいと言い出した宮崎駿監督の過去作品『パンダコパンダ』。ジブリアニメが好きなウチの

記事を読む

『tick, tick… BOOM! 』 焦ってする仕事の出来栄えは?

毎年2月になると、アメリカのアカデミー賞の話が気になる。エンタ

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしま

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 マイノリティとエンターテイメント

小学生の息子は『ハリー・ポッター』が好き。これも親からの英才教

『このサイテーな世界の終わり』 老生か老衰か?

Netflixオリジナル・ドラマシリーズ『このサイテーな世界の

『鬼滅の刃 遊郭編』 テレビの未来

2021年の初め、テレビアニメの『鬼滅の刃』の新作の放送が発表

→もっと見る

PAGE TOP ↑