*

『スターウォーズ展』新作公開というお祭り

公開日: : 最終更新日:2019/06/16 アニメ, 映画:サ行

 

いよいよ『スターウォーズ』の新作公開まで一週間! 街に出れば、どこもかしこもスターウォーズの特集が組まれていて、メインテーマを聞かない日はないくらい。多くの企業がキャラクター商品を扱っている。ずるいな~、スターウォーズ商法だな~と思いつつも、ついつい買ってしまう。スターウォーズくらいの作品になると、デザイン性の高い商品が多いので、目移りしてしまう。

スターウォーズもディズニー傘下に入ってはじめての作品。いままでのジョージ・ルーカス監督のワンマンな世界を脱して、どう変化を迎えるのか? 今度はディズニー映画ということもあってか、事前宣伝がすごいように感じる。とにかく煽る煽る! 映画公開の一年前から予告編流してるし、新キャラクターの名前も、本編観る前にインプットされてる。ルーカスのときも公開前から新キャラの商品は売ってはいたけれど、今回のゴリ押し感は徹底的。どんな話か知らないのに、新キャラにすでに親近感を覚えてしまっている。

この『スターウォーズ』という作品。自分なんかは小学一年の頃、はじめて洋画に興味を持った作品。日本ではアニメでやってること、外国では実写でやっててすごい!って。だから自分の人生とともにスターウォーズありきって感じ。これ親世代の理系や文系の人も、当然スターウォーズはどストライクなので、そんな人たちとは世代を越えてアツク語り合えちゃう。

新作の宣伝の仕方は、世界観こそ「スターウォーズらしい」けど、新キャラをフィーチャーしていて、新しいものが始まる予感をわき立てている。シリーズを何度も観てる熱狂的なオールドファンはもちろん、いままでを知らない若い人も巻き込もうと、敷居を低くしている。あなたも知らない、私も知らない新しいスターウォーズ、でも面白そう! 『スターウォーズ』の新作を通して、世代間交流の潤滑効果があれば、映画作品としてとても幸せなことでしょう。

今夏六本木でやって、日本各地を回った『スターウォーズ展』が、再び関東・横浜に戻ってきた。六本木で見逃してしまったので、自分も家族連れで行ってしまった。百貨店の美術館なのもあってか、客層は上品な人ばかり。小さなウチの子たちは、まだ貴重な展示物の価値なんてわかるはずもなし。子供たちが怖がったらイヤだなと心配も取り越し苦労。ファミリーでも楽しめるような演出の工夫がされてました。子供たちはグッズコーナーでおもちゃを買ってもらうことの方が盛り上がっていた。自分も雑誌とかで紹介されていたグッズが勢ぞろいしていたのには楽しくなった。R2の動く等身大冷蔵庫や、スマホリモコンで動くBB8のトイ、R2のホログラムキーボードに触れたのが、子供たちは楽しかったらしい。やっぱり観ているだけより、経験を伴うものの方が楽しいらしい。ひじょうに正しい!

 

『スターウォーズ展』は、そごう美術館でやっている。普段は芸術作品を展示している。だから当然会場には、学芸員さんがところどころに座っている。芸術に造詣の深い学芸員さん。スターウォーズの、どのポイントを勉強されたのだろう? マニアと張り合っても仕方ないから、イメージ画を描いている作家のことに対応してるのかしら? 学芸員さんの「こういったイベント作品もいいですけど、ステキな作品はたくさんあるので、通常の展示会の時も来てくださいね」という心の声が聞こえてきそうです。

どうやらウチの子たちは、同時期に公開される映画『妖怪ウォッチ』の方が魅力的みたい。でもいつか息子とアツク『スターウォーズ』を語れる日が来るのを楽しみにしている次第でした。

 

関連記事

no image

おばさまに好評の『ハウルの動く城』

  スタジオジブリ作品『ハウルの動く城』。 公開当時、大勢から「わけがわからない」

記事を読む

『ジョジョ・ラビット』 長いものに巻かれてばかりいると…

「この映画好き!」と、開口一番発してしまう映画『ジョジョ・ラビット』。作品の舞台は第二次大戦

記事を読む

no image

ホントは怖い『墓場鬼太郎』

  2010年のNHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で 水木しげる氏の世界観も

記事を読む

『かぐや姫の物語』 この不気味さはなぜ?

なんとも不気味な気分で劇場を後にした映画。 日本人なら、昔話で誰もが知っている 『

記事を読む

no image

『思い出のマーニー』好きと伝える誇らしさと、因縁

  ジブリ映画の最新作である『思い出のマーニー』。 自分の周りでは、女性の評判はあ

記事を読む

『耳をすませば』 リアリティのあるリア充アニメ

ジブリアニメ『耳をすませば』は ネット民たちの間では「リア充映画」と 言われているらしい

記事を読む

no image

『シン・レッド・ライン』美しい場所ほど悲惨な戦場だったりする

    自然が美しい場所ほど、過去に激戦地だったりする。 とこく今

記事を読む

no image

子ども目線は逆境を超える『崖の上のポニョ』

  日中二歳の息子の子守りをすることになった。 『風立ちぬ』もBlu-rayに

記事を読む

『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』 映画監督がロボットになる日

やっとこさ子ども達と今年の映画『ドラえもん』を観た。毎年春になると、映画の『ドラえもん』が公

記事を読む

no image

『バケモノの子』意味は自分でみつけろ!

  細田守監督のアニメ映画『バケモノの子』。意外だったのは上映館と上映回数の多さ。ス

記事を読む

『プライドと偏見』 あのとき君は若かった

これまでに何度も映像化されているジェーン・オースティンの小説の

『スタンド・バイ・ミー』 現実逃避できない恐怖映画

日本テレビの『金曜ロードショー』のリクエスト放映が楽しい。選ば

『復活の日』 日本が世界をみていたころ

コロナ禍になってから、ウィルス災害を描いた作品が注目され始めた

『ノマドランド』 求ム 深入りしない人間関係

アメリカ映画『ノマドランド』が、第93回アカデミー賞を受賞した

『ドグラ・マグラ』 あつまれ 支配欲者の森

夢野久作さんの小説『ドグラ・マグラ』の映画版を久しぶりに観た。

→もっと見る

PAGE TOP ↑