*

『スターウォーズ展』 新作公開というお祭り

公開日: : 最終更新日:2021/08/17 アニメ, 映画:サ行

いよいよ『スターウォーズ』の新作公開まで一週間! 街に出れば、どこもかしこもスターウォーズの特集が組まれていて、メインテーマを聞かない日はないくらい。多くの企業がキャラクター商品を扱っている。ずるいな~、スターウォーズ商法だな~と思いつつも、ついつい買ってしまう。スターウォーズくらいの作品になると、デザイン性の高い商品が多いので、目移りしてしまう。

スターウォーズもディズニー傘下に入ってはじめての作品。いままでのジョージ・ルーカス監督のワンマンな世界を脱して、どう変化を迎えるのか? 今度はディズニー映画ということもあってか、事前宣伝がすごいように感じる。とにかく煽る煽る! 映画公開の一年前から予告編流してるし、新キャラクターの名前も、本編観る前にインプットされてる。ルーカスのときも公開前から新キャラの商品は売ってはいたけれど、今回のゴリ押し感は徹底的。どんな話か知らないのに、新キャラにすでに親近感を覚えてしまっている。

この『スターウォーズ』という作品。自分なんかは小学一年の頃、はじめて洋画に興味を持った作品。日本ではアニメでやってること、外国では実写でやっててすごい!って。だから自分の人生とともにスターウォーズありきって感じ。これ親世代の理系や文系の人も、当然スターウォーズはどストライクなので、そんな人たちとは世代を越えてアツク語り合えちゃう。

新作の宣伝の仕方は、世界観こそ「スターウォーズらしい」けど、新キャラをフィーチャーしていて、新しいものが始まる予感をわき立てている。シリーズを何度も観てる熱狂的なオールドファンはもちろん、いままでを知らない若い人も巻き込もうと、敷居を低くしている。あなたも知らない、私も知らない新しいスターウォーズ、でも面白そう! 『スターウォーズ』の新作を通して、世代間交流の潤滑効果があれば、映画作品としてとても幸せなことでしょう。

今夏六本木でやって、日本各地を回った『スターウォーズ展』が、再び関東・横浜に戻ってきた。六本木で見逃してしまったので、自分も家族連れで行ってしまった。百貨店の美術館なのもあってか、客層は上品な人ばかり。小さなウチの子たちは、まだ貴重な展示物の価値なんてわかるはずもなし。子供たちが怖がったらイヤだなと心配も取り越し苦労。ファミリーでも楽しめるような演出の工夫がされてました。子供たちはグッズコーナーでおもちゃを買ってもらうことの方が盛り上がっていた。自分も雑誌とかで紹介されていたグッズが勢ぞろいしていたのには楽しくなった。R2の動く等身大冷蔵庫や、スマホリモコンで動くBB8のトイ、R2のホログラムキーボードに触れたのが、子供たちは楽しかったらしい。やっぱり観ているだけより、経験を伴うものの方が楽しいらしい。ひじょうに正しい!

 

『スターウォーズ展』は、そごう美術館でやっている。普段は芸術作品を展示している。だから当然会場には、学芸員さんがところどころに座っている。芸術に造詣の深い学芸員さん。スターウォーズの、どのポイントを勉強されたのだろう? マニアと張り合っても仕方ないから、イメージ画を描いている作家のことに対応してるのかしら? 学芸員さんの「こういったイベント作品もいいですけど、ステキな作品はたくさんあるので、通常の展示会の時も来てくださいね」という心の声が聞こえてきそうです。

どうやらウチの子たちは、同時期に公開される映画『妖怪ウォッチ』の方が魅力的みたい。でもいつか息子とアツク『スターウォーズ』を語れる日が来るのを楽しみにしている次第でした。

 

関連記事

no image

『おさるのジョージ』嗚呼、黄色い帽子のおじさん……。

  もうすぐ3歳になろうとするウチの息子は イヤイヤ期真っ最中。 なにをするにも

記事を読む

no image

『ゼロ・グラビティ』3D技術があっての企画

  3D映画が『アバター』以来すっかり浸透した。 自分も最初の頃は3Dで作られた映

記事を読む

『好きにならずにいられない』 自己演出の必要性

日本では珍しいアイスランド映画『好きにならずにいられない』。エルビス・プレスリーの曲のような

記事を読む

no image

『サクリファイス』日本に傾倒した核戦争の世界

旧ソ連出身のアンドレイ・タルコフスキー監督が、亡命して各国を流転しながら映画をつくっていた遺作となる

記事を読む

『映像研には手を出すな!』好きなことだけしてたい夢

NHKの深夜アニメ『映像研には手を出すな!』をなぜか観始めてしまった。 実のところなん

記事を読む

no image

『シン・レッド・ライン』美しい場所ほど悲惨な戦場だったりする

    自然が美しい場所ほど、過去に激戦地だったりする。 とこく今

記事を読む

『イノセンス』 女子が怒りだす草食系男子映画

押井守監督のアニメーション映画。 今も尚シリーズが続く『攻殻機動隊』の 続編にも関わらず

記事を読む

『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 』  若手女流監督で人生の機微が!

言わずもがな子ども達に人気の『ドラえもん』映画作品。 『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団

記事を読む

『シンドラーのリスト』極端な選択の理由

テレビでナチスのホロコースト虐殺の特集を放送していた。なんでも相模原の養護施設で大量殺人をし

記事を読む

『ジョーカー』時代が求めた自己憐憫ガス抜き映画

めちゃめちゃ話題になってる映画『ジョーカー』。ハリウッド映画のアメコミ・ヒーロー・ブームに乗

記事を読む

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 問題を乗り越えるテクニック

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は、日本公開当

『ドゥ・ザ・ライト・シング』 映画の向こうにある現実

自分は『ドゥ・ザ・ライト・シング』をリアルタイムで映画館で観た

『はちどり』 言葉を選んで伝えていく

雑誌に韓国映画『はちどり』が取り上げられていて興味を抱いた。中

『tick, tick… BOOM! 』 焦ってする仕事の出来栄えは?

毎年2月になると、アメリカのアカデミー賞の話が気になる。エンタ

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしま

→もっと見る

PAGE TOP ↑