*

『鉄道員』健さんなら身勝手な男でも許せちゃう?

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 映画:ハ行,

 

高倉健さんが亡くなりました。
また一人、昭和の代表の役者さんが逝ってしまいました。

健さんというと、大スターのイメージ。

彼が出演しているだけで、何でも許されてしまうような、
どんな役を演じても「やっぱり健さん」というイメージ。

どう考えてもイヤなヤツだったり、
悪人だったりしても、健さんだとカッコ良く見えてしまう。
みんな寡黙に耐える不器用な男となってしまう。

健さんという名のステレオタイプ。

これって今で言うとキムタクも同じような系譜だと思います。
日本人は定着したイメージで役者を観る傾向が特に強い。

健さん自身もトップスターでありながら、
プライベートは質素で孤独だったと聞きます。

そんな健さん映画。
自分はそれほど得意ではないので、
やはり役者というよりは、監督や作品そのもので
映画を選んでみているみたい。

この浅田次郎氏原作の『鉄道員(ぽっぽや)』。
仕事中心で家庭を一切顧みず、
幼い娘や妻を病気で死なせてしまう、
どうしようもないダメ男の話。

仕事に逃げて、現実と向き合おうとしない
頑固なイヤな男なんだけど、
健さんが演じると許せてしまう。

昭和時代はこんな男ばかりだったのでしょう。

死に際、死なせた娘が成長する姿を見せ、
お迎えにくるという、おセンチな男の身勝手さ。

なにせ健さんなので、
周りの男たちはみんな健さんをたてる。
みんなホモに見えてしまう。

というか、自分の妻と本作を観ているときふと、
同僚の小林稔侍さんとのやりとりが
とてもホモっぽくて気持ち悪いと言い出したら、
映画がコメディにしか見えてこず、
ずっとゲラゲラ笑ってしまった。

とても不謹慎な鑑賞態度。

死んだ娘も広末涼子さんがやっているので、
当時トップアイドルだった彼女の起用に
ズルいあざとさばかり伝わってしまう。

どうも健さん映画を、自分はうがった目で見てしまうので、
相性的には最悪なのでしょうね。

ただ、お涙頂戴の映画としてみると、
自分にとっては不愉快な作品だったのにも関わらず、
女も子どももホントは嫌いな
ホモ老人がイチャついてるだけの映画だと受け止めると、
愛すべきコメディ映画になってしまう。

この映画。主題歌は坂本龍一さん親子だったので、
それにつられてみたところもある。
でも自分には曲ばかりが浮いて飛び込んできた。

きっとこの曲もミスマッチなんだろうね。

関連記事

no image

『黒い雨』エロスとタナトス、そしてガラパゴス

  映画『黒い雨』。 夏休みになると読書感想文の候補作となる 井伏鱒二氏の原作を

記事を読む

no image

『火花』又吉直樹の飄々とした才能

  お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんの処女小説『火花』が芥川賞を受賞しました。おめ

記事を読む

no image

『ブリグズビー・ベア』隔離されたハッピーな夢

シニカルコメディの『ブリグズリー・ベア』。赤ん坊の頃に誘拐された青年が、25年ぶりに解放されて、世の

記事を読む

no image

『ブレイブハート』かつてのスコットランド独立戦争の映画

  スコットランドがイギリスから 独立するか否かの投票率は84%。 有権者の

記事を読む

no image

『アイ・アム・サム』ハンディがある人と共に働ける社会

  映画『アイ・アム・サム』は公開当時、びっくりするくらい女性客でいっぱいだった。満

記事を読む

no image

『プロジェクトA』ジャッキー映画でちょっと強くなった気になる

  ジャッキー・チェンの映画を観たあとは、観るまえよりちょっとだけ気が大きくなる。な

記事を読む

no image

マンガ原作でも世界中の大人が評価した『アデル、ブルーは熱い色』

  日本とフランスの文化は似てる。 カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドール

記事を読む

no image

『聲の形』頭の悪いフリをして生きるということ

自分は萌えアニメが苦手。萌えアニメはソフトポルノだという偏見はなかなか拭えない。最近の日本のアニメや

記事を読む

no image

『ブレードランナー2049』映画への接し方の分岐点

日本のテレビドラマで『結婚できない男』という名作コメディがある。仕事ができてハンサムな建築家が主人公

記事を読む

no image

『総員玉砕せよ!』と現代社会

  夏になると毎年戦争と平和について考えてしまう。いま世の中ではキナくさいニュースば

記事を読む

no image
『キャプテン・マーベル』脱・女性搾取エンタメ時代へ

ディズニー・マーベル作品はリリース順に観ていくのが正しい。リンクネタが

no image
『海よりもまだ深く』足元からすり抜けていく大事なもの

ずっと気になっていた是枝裕和監督の『海よりもまだ深く』。覚えずらいタイ

no image
『未来少年コナン』厄介な仕事の秘密

NHKのアニメ『未来少年コナン』は、自分がまだ小さい時リアルタイムで観

no image
『ジョーカー』時代が求めた自己憐憫ガス抜き映画

めちゃめちゃ話題になってる映画『ジョーカー』。ハリウッド映画のアメコミ

no image
『いだてん』近代日本史エンタメ求む!

大河ドラマの『いだてん 〜東京オリムピック噺〜』の視聴率が伸び悩んでい

→もっと見る

PAGE TOP ↑