*

『真田丸』歴史の隙間にある笑い

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 ドラマ,

NHK大河ドラマは近年不評で、視聴率も低迷と言われていた。自分も日曜の夜は大河ドラマを観るという習慣を久しく忘れていた。しかし、ぼんやりつけていた大河ドラマ『真田丸』がおもしろくて、ついつい魅入ってしまった。まさに中途参戦。最近では家族で『真田丸』を観るのが楽しみになってきた。

この『真田丸』は真田幸村を主人公に、三谷幸喜さんがオリジナルの脚本を書き下ろしたもの。大河ドラマの史実に基づく格調高い作りは受け継いではいるものの、どことなしにコメディタッチ。ここがいちばんの魅力。

三谷幸喜さんは以前『新撰組!』でもオリジナル脚本で大河ドラマの脚本を担当している。そのとき、史実にないオリジナルエピソードを劇中に入れると、視聴者からクレームがきて大変だったと仰っていました。のちの大河ドラマ『龍馬伝』でも、創作エピソードがあったり、史実をアレンジしていたりした場面があっても、誰も文句を言わなかったとのことで「不公平だな〜」と言っていたような。

この『真田丸』の最近の展開は、城中の閉ざされた空間で進んでいる。戦国時代は男尊女卑のホモソーシャル。殿様の逆鱗に触れたら、命はない縦割り社会。そこで生きていく人間はどんなであったか? 悲喜こもごも、噂や思惑が飛び交い、大の男達がオロオロしてる。人を殺すことは平気で出来るくせに、側室の本心を聞くのが怖くてしょうがない。あーでもないこーでもないと思索を練りつつ、鶴の一声ですべて水の泡になる。そんな姿がユーモアたっぷりに描かれている。決してその社会で生きたくないけど、他人の不幸は蜜の味とばかり、視聴者を笑わせ楽しませてくれている。ありそうでなかったシチュエーションコメディ。まさに三谷幸喜さんの得意の分野。

歴史ものというのは仮説で作られているのは暗黙の了解。実際にその場にいた人が描いているわけではないので、伝承されたものや史実を基にはしていても、そこには作家のオリジナルな考えがついてくるもの。困るのは、作家が描いたイメージがあまりに強烈で、ときにはそれにひっぱられて、史実が刷新されてしまうこともある。そもそも伝承だって誰かの主観が入っている。伝え継がれていくうちに、いちばんインパクトが強かったものが、それになってしまうことも起こりうるはず。そうなると事実なんて神のみぞ知るのみ。

大河ドラマ『真田丸』はとても面白くて斬新だ。大河ドラマで本格的なコメディが観れるとは思ってもいなかった。イギリスのドラマでは王宮コメディなんかも定番なのだから、日本でそれに近いものがあってもおかしくない。近年の大河ドラマでは、新進気鋭の役者やスタッフを招いて描いてはいたものの、なかなかはじけた作品は誕生せず、不人気ばかりが報道されていた。どんなに個性的な配役やクリエーターを起用しても、「大河ドラマはこうあるべき」という枠組みに当て込んでしまっては、適材適所として能力は発揮しづらい。今回の『真田丸』は、三谷幸喜さんらしい作品となっていて、焦点が絞られたほぼ毎回1話完結の45分が、あっという間に過ぎてしまう。まさか大河ドラマで、こんなに笑えるなんてね。

大河ドラマはどうしても戦国時代か幕末時代が舞台となってしまう。「またこの場面か〜」と、視聴者も飽きているのは事実。でも視点を変えれば、まだまだ触れていないところはある。戦をしていないときの城中の様子なんて、想像しただけで楽しくなる。型にはまって考えなければ、ニッチな道はいくらでもある。これは作品づくりに限らず、なにごとにも当てはまることだろう。

 

関連記事

no image

実は主人公があまり活躍してない『あまちゃん』

  NHKの視聴率稼ぎの看板番組といえば 『大河ドラマ』と『朝の連続テレビ小説』。

記事を読む

no image

『SING』万人に響く魂(ソウル)!

「あー楽しかった!」 イルミネーション・エンターテイメントの新作『SING』鑑賞後、ウチの子たちが

記事を読む

no image

『なつぞら』自分の人生とは関係ないドラマのはずだったのに……

「アニメーターってなによ?」7歳になる息子が、NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』の番宣でのセリフ「

記事を読む

no image

『電車男』オタクだって素直に恋愛したかったはず

  草食男子って、 もう悪い意味でしか使われてないですね。 自分も草食系なんで…

記事を読む

no image

作者を逆感化させた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

  正直に言ってしまうと自分は 『ドラゴンボール』はよく知らない。 鳥山明氏の作

記事を読む

no image

『おさるのジョージ』嗚呼、黄色い帽子のおじさん……。

  もうすぐ3歳になろうとするウチの息子は イヤイヤ期真っ最中。 なにをするにも

記事を読む

no image

『精霊の守り人』メディアが混ざり合う未来

  『NHK放送90年 大河ファンタジー』と冠がついたドラマ『精霊の守り人』。原作は

記事を読む

no image

『デザイナー渋井直人の休日』カワイイおじさんという生き方

テレビドラマ『デザイナー渋井直人の休日』が面白い。自分と同業のグラフィックデザイナーの50代のおじさ

記事を読む

no image

『猿の惑星:新世紀』破滅への未来予測とユーモア

  2011年から始まった『猿の惑星』のリブートシリーズ第二弾にあたる『猿の惑星:新

記事を読む

no image

『おやすみなさいダース・ヴェイダー』SWファンもすっかりパパさ

  ジェフリー・ブラウン著『おやすみなさいダース・ヴェイダー』。 スターウォーズの

記事を読む

no image
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』その扇動、のるかそるか?

『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビースト

no image
『日本のいちばん長い日(1967年)』ミイラ取りがミイラにならない大器

1967年に公開された映画『日本のいちばん長い日』。原作はノンフィクシ

no image
『SHOAH ショア』ホローコースト、それは証言か虚言か?

ホロコーストを調べている身内から借りたクロード・ランズマンのブルーレイ

no image
『ひろしま』いい意味でもう観たくないと思わせるトラウマ映画

ETV特集で『ひろしま』という映画を取り扱っていた。広島の原爆投下から

no image
『愛の渦』ガマンしっぱなしの日本人に

乱交パーティの風俗店での一夜を描いた『愛の渦』。センセーショナルな内容

→もっと見る

PAGE TOP ↑