*

『レヴェナント』これは映画技術の革命 ~THX・イオンシネマ海老名にて

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 映画:ラ行, 映画館, , 音楽

 

自分は郊外の映画館で映画を観るのが好きだ。都心と違って比較的混雑することもなく余裕で映画が観れる。平日の日中なら尚のこと。でもそれでは映画館側は困るので、郊外のシネコンや名画座などは、オリジナリティのあるラインナップや、上映システムを強力にして、遠征してでも観に来る付加価値を観客に提供している。自分が『レヴェナント』を観た『イオンシネマ海老名』ではTHXシステムを搭載している。日本では数少ないTHXの上映館だ。

初日の公開だったけれど平日もあってか、予想通り劇場は空いていて貸し切り状態。客層はおじいちゃん率高し。きっと自分はこの劇場で最年少だろう。腰の曲がったおじいちゃん三人組が、「オレ、3Dメガネ、もう三つ持ってるよ~」「今日のは3Dじゃないけどな~」なんて、まるで中学生みたいにキャイキャイ喋ってる。元気だな~。果たして自分はその年になっても、こんなに元気でいられるだろうか。しかもこんなハードな映画をチョイスするとは!?

『レヴェナント』は今年の米アカデミー賞の主要部門を三部門獲得している。監督のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥは二年連続の監督賞受賞。イニャリトゥ監督はいつも実験的な作風で観客を魅了する。今回は実在の人物で、西部開拓時代の毛皮商のヒュー・グラス。熊に教われひん死の重傷で、仲間に見捨てられたにも関わらず生還した英雄伝説の持ち主。イニャリトゥ監督は、英雄と呼ばれるには現実は厳しいというのを、これでもかとサバイバル描写で表現している。これを観て安易に英雄に憧れる人は、まずいないだろう。

ほとんどの人が一生のうちにサバイバル経験をすることはないだろうが、この映画では映像技術の髄を尽くして、観客の体験を刺激する。ヒュー・グラスは生き残ったからこそ伝説の人物となるわけだから、何が起こっても死なないのは暗黙の了解。どっこい生きてるリアル・ダイハードぶりに、笑えてしまうのは自分だけじゃないはず。

自然光のみでの撮影は、今年で三年連続のオスカー受賞のエマニュエル・ルベツキ。自然光撮影といえば、スタンリー・キューブリック監督の『バリー・リンドン』をすぐ思い出してしまうが、どうしてもこの映画はテレンス・マリック監督作品にみえてならなかった。と、思ったらエマニュエル・ルベツキはテレンス・マリック監督作品の常連カメラマンだったのね。やっぱり。この映画の主人公は自然だと言わんばかり、美しい映像が展開されるが、ひとたび人間が足を踏みおろせば、生き残るにはあまりに過酷な状況であることを、冷徹に伝えている。

そして第二の主役が音。川の音や木々が風邪にゆれる音、木がしなる音、雪を踏む音。それらのすべてが、観客の我々の自然との体験を思い起こさせ、ヒュー・グラスのサバイバルの過酷さを想像させ、疑似体験させる。THXの音響効果もあってか、レオナルド・ディカプリオ演じるヒュー・グラスとともに自然の中に放り込まれた感覚を体験することができた。

そして音楽。「坂本龍一 アルヴァ・ノト」とクレジットされているが、坂本龍一さんこと教授のスコアにノトが音をのせているのが感じられる。「空気のような音楽を」とのイニャリトゥ監督からの指示で、映画前半はメロディアスというよりは、環境音に近い音楽が流れている。そこでは自然音も音楽のうち。幻聴も音楽。呼吸も音楽。かなりアグレッシブなアプローチだが、鑑賞中はそれがあまりに的確なので、観客に意識させない効果を生み出している。

撮影も音楽も最高の技術を駆使した、芸術的能力で作られた映画だが、そこで観客に呼び起こすのは、サバイバルを疑似体験。監督の意図は、極限状態で生き残るとはどんな体験なのか、2時間半の長丁場でじっくりねっとり描く。人間の五感のうち、視覚と聴覚をつかって、第六感まで刺激する。イニャリトゥ監督の観客の心理効果への計算が巧みだ。制作者側はかなり実験的なことに挑戦しているが、それは映画の根幹に必要不可欠なもの。完成した映画からは、その試行錯誤が感じられないのが成功だ。

ルベツキ撮影監督も、教授の音楽監督も、実際にグラスのサバイバルを体現したディカプリオも、たいへんな苦労をこの映画制作で経験していることだろう。でもこの人選は適材適所。それぞれのキャリアが開花するにふさわしい題材が、この映画『レヴェナント』。イニャリトゥ監督の人を見る目の確かさが伺える。まさに「天才は天才を知る」ということだろう。

技術や計算が人の心をゆさぶる。これからの映画制作は、偶然が生み出すものに頼るのではなく、こういった研究のもとに作り上げられていくものなのかも知れない。

関連記事

no image

『ツレがうつになりまして。』鬱を身近に認知させた作品

  鬱病を特別な人がなる病気ではなく、 誰をもいつなりうるか分からな事を 世間に

記事を読む

no image

『幸せへのキセキ』過去と対峙し未来へ生きる

  外国映画の日本での宣伝のされ方の間違ったニュアンスで、見逃してしまった名作はたく

記事を読む

no image

『ジュブナイル』インスパイア・フロム・ドラえもん

  『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』の 山崎貴監督の処女作『ジュブナイル』。

記事を読む

マッドネエチャン・ミーツ『マッドマックス/怒りのデス・ロード』

大事なのは理屈じゃない、勢いなんだよ!! この映画『マッドマックス/怒りのデス・ロード』はそ

記事を読む

『JUNO ジュノ』 ピンクじゃなくてオレンジな

ジェイソン・ライトマン監督の『JUNO ジュノ』は、エリオット・ペイジがまだエレン・ペイジ名

記事を読む

no image

『生きる』立派な人は経済の場では探せない

  黒澤明監督の代表作『生きる』。黒澤作品といえば、時代劇アクションとなりがちだが、

記事を読む

『博士と彼女のセオリー』 介護と育児のワンオペ地獄の恐怖

先日3月14日、スティーヴン・ホーキング博士が亡くなった。ホーキング博士といえば『ホーキング

記事を読む

『STAND BY ME ドラえもん』 大人は感動、子どもには不要な哀しみ?

映画『STAND BY ME ドラえもん』を 5歳になる娘と一緒に観に行きました。

記事を読む

『星の王子さま』 競争社会から逃げたくなったら

テレビでサン=テグジュペリの『星の王子さま』の特集をしていた。子どもたちと一緒にその番組を観

記事を読む

『リアリティのダンス』ホドロフスキーとトラウマ

アレハンドロ・ホドロフスキーの23年ぶりの新作『リアリティのダンス』。ホドロフスキーと言えば

記事を読む

『ロード・オブ・ザ・リング』 ファンタージーがファンタジーのままならば

Amazonのオリジナル・ドラマシリーズ『ロード・オブ・ザ・リ

『鎌倉殿の13人』 偉い人には近づくな!

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が面白い。以前の三谷幸喜さん

『星の子』 愛情からの歪みについて

今、多くの日本中の人たちが気になるニュース、宗教と政治問題。そ

『コーダ あいのうた』 諦めることへの最終章

SNSで評判の良かった映画『コーダ』を観た。原題の『CODA』は、

『あしたのジョー2』 破滅を背負ってくれた…あいつ

Amazon primeでテレビアニメの『あしたのジョー』と『

→もっと見る

PAGE TOP ↑