*

『バウンス ko GALS』JKビジネスの今昔

公開日: : 最終更新日:2019/06/15 映画:ハ行,

 

JKビジネスについて、最近多くテレビなどメディア
とりあつかわれているような気がする。
新しい規制ができるのだろう。

JKビジネスとは何か?
「JK」とは女子高生の俗称。
アルバイトでお金を払った客とデートをしたりして
高額のギャランティを取得する
ソフト売春といったところ。
(結局は売春へと繋がっていくのだが)

いつの世も新たな風俗産業は生まれ、
法律の規制をかいくぐってビジネスとなる。
ひとつ消えてはまた新しい抜け目をみつけて
ひとつと生まれてくる産業。

需要と供給があるので、
取り締まるのもいたちごっこ。
そして需要と供給があるからこそ後を絶たない。

この高額アルバイトに参加する女子高校生は
無知でもなんでもなく、
危険な臭いは充分感じ取って、
自ら求めてこのバイトを選んでくる。

危険なものでも利用してやる。
大道を進んでも結局たかが知れている。

まったく社会や大人を信用していないのがわかる。

人(親)に大事にされた経験がないから
自分を大事にできない。
自分を大事にできないから、
自分を大事にしてくれない仕事を選ぶ。
大事にされないから、自分自身がどんどん荒んで行く。
荒んで行けば荒んだ世界へどんどん堕ちて行くしかない。

映画『バウンス ko GALS』は1997年の映画。
「JK」が「コギャル」と呼ばれていた時代の作品。
20年近く前の作品なので、
ここに登場する女子高生たちと自分はほぼ同世代。
同じ時代に青春期を過ごしている。

時代が変わっても、
人間そのものは変わっていないのがわかる。

監督は日本よりも海外で評価の高い原田眞人氏。
キューブリック映画のご指名専属日本語翻訳や、
『ラストサムライ』では役者としても出演している。

演出はセリフそのものが聞きずらく、
情報量の多いドキュメンタリータッチに近い。

本作はラリークラークの映画『KIDS』の
日本版ができないかという発想で制作された。
若者達の性を描いて、暗い映画だった『KIDS』に比べ、
本作は明るくさわやか。

登場する主人公の女子高生達はむしろ知的で、
大人達がしかけた性風俗を利用して、
たくましく生きている。

「女子高生」というだけで
自分はものすごく付加価値があるのだと
女子高生になった頃、我ながら驚いたとは
よく聞く話。

世のおじさんたちはなぜか女子高生に
淡い感情移入をしているようだ。
ずっと10代の頃の忘れ物を払拭できないでいる。
それも幻想なんだけど。

女性は男より低く見ようとすることで、
自尊心を維持するなんて、なんとも愚かしい。

そんなおじさんたちより、
それをわかってかいくぐって生きている
女子高生の方が遥かにしたたかで、
精神的に成熟している。

こんな直感力に冴えた頭のいい女子高生たち。
その能力が悪い方向へ使われているのは
なんとも悲しい限り。

JKだろうがコギャルだろうが
大人に対する不信感のロジックは
今も昔も変わらない。

これも人生の先輩、
生き様の背中をみせられる大人が
少なくなってしまったからだろう。

へんに遠慮してしまったり、
自分に自信のもてない大人達の存在。

どう子ども達に自分の生き様を示していけるか?

自分のように年齢だけ大人になってしまった
人たちの今後の課題でもある。

自分の娘も10年もしないうちに女子高生になる。

その時自分や子どもが、どう向き合えているかが
最大の課題だと、責任を感じずには得ない。

お金の為に手段はどうでもいいのか?
まじめに生きれば幸せになれるのか?

これといった回答は得られそうもない。

関連記事

no image

『誰がこれからのアニメをつくるのか?』さらなる大志を抱けたら

  「日本が世界に誇るアニメ」などという手前味噌な恥ずかしいフレーズも、すっかり世の

記事を読む

no image

『下妻物語』は日本映画の分岐点?

  台風18号は茨城を始め多くの地に甚大なる被害を与えました。被害に遭われた方々には

記事を読む

no image

『黒い雨』エロスとタナトス、そしてガラパゴス

  映画『黒い雨』。 夏休みになると読書感想文の候補作となる 井伏鱒二氏の原作を

記事を読む

no image

作者を逆感化させた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

  正直に言ってしまうと自分は 『ドラゴンボール』はよく知らない。 鳥山明氏の作

記事を読む

no image

『ジュブナイル』インスパイア・フロム・ドラえもん

  『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』の 山崎貴監督の処女作『ジュブナイル』。

記事を読む

no image

『アイ・アム・サム』ハンディがある人と共に働ける社会

  映画『アイ・アム・サム』は公開当時、びっくりするくらい女性客でいっぱいだった。満

記事を読む

no image

『おやすみなさいダース・ヴェイダー』SWファンもすっかりパパさ

  ジェフリー・ブラウン著『おやすみなさいダース・ヴェイダー』。 スターウォーズの

記事を読む

no image

『光とともに…』誰もが生きやすい世の中になるために

小学生の娘が、学校図書室から借りてきたマンガ『光とともに…』。サブタイトルに『〜自閉症児を抱えて〜』

記事を読む

no image

『バケモノの子』意味は自分でみつけろ!

  細田守監督のアニメ映画『バケモノの子』。意外だったのは上映館と上映回数の多さ。ス

記事を読む

no image

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを離さないで』。ラブストーリーのよう

記事を読む

『好きにならずにいられない』自己演出の必要性

日本では珍しいアイスランド映画『好きにならずにいられない』。エ

『ミッドナイト・イン・パリ』隣の芝生、やっぱり気になる?

ウッディ・アレン監督が2011年に発表した『ミッドナイト・イン

『1917 命をかけた伝令』戦争映画は平和だからこそ観れる

コロナ禍の影響で『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開が当

『インセプション』自分が頭が良くなった錯覚に堕ちいる映画

クリストファー・ノーラン監督の『インセプション』。公開当時、映

『ホドロフスキーのDUNE』伝説の穴

アレハンドロ・ホドロフスキー監督がSF小説の『DUNE 砂の惑

→もっと見る

PAGE TOP ↑