*

実は主人公があまり活躍してない『あまちゃん』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 テレビ, ドラマ, メディア

t02200124_0800045013218970683

NHKの視聴率稼ぎの看板番組といえば
『大河ドラマ』と『朝の連続テレビ小説』。

『大河ドラマ』は相変わらず低迷気味だけれど、
『朝ドラ』はこの『あまちゃん』から
ずっと高視聴率を稼ぎ、人気返り咲きしてる。

『あまちゃん』の作者は宮藤官九郎さん。
サブカルの代表と言った感じの彼の作風が
果たして『朝ドラ』でどう開花するのか、
期待と不安の中、すっかり国民的な番組となった。

震災の後から日本はずっと自粛ブームで、
笑いが足りなさ過ぎた。
そんな日本人の欲求を満たしてくれる、
良質なコメディ作品となった。

『朝ドラ』は女一代記の物語で、
女性の一生を描く作品が多いのだけれど、
この『あまちゃん』は3年くらいの出来事を綴ってる。

よくみると、主人公の少女・アキちゃん、
海女さんからアイドルになったりと
職業こそは変化しているのだけれど、
実は彼女自身はなにもしてないのね。

本当に物語を動かしているのは、
主人公の少女の周りにいるオジサン、オバサンたち。

アイドルが題材になって、
可愛い女の子が出ているから、
普段『朝ドラ』を観ない層も引き込んだのだけれど、
いちばん活躍してるのはジジババ。

クドカンも若い女の子には
あんまり興味がなかったんでしょうね。
それが普段『朝ドラ』を観てる
おじいちゃん、おばあちゃんたちにも
認められた理由でしょう。

前半は岩手での海女さん編、
後半は東京でアイドル編。
そして最終章は震災編。

ずっとほのぼのとしたコメディだったのが、
日本人の多くが経験した「あの日」を
クライマックスに向かえます。

明るいコメディで、視聴者みんなが
登場人物達を好きになっていたころ、
このたいへんな災害をどう描いていくのか?

クドカンのセンスが活きました。
見事な演出でした。
「あの日」の映像を一切使わずに
「あの日」の記憶を追体験させました。

クドカンの作風を
マネしようとする人は大勢います。
でもみんなマネできないんですね。

実は彼の作品は、ふざけているようでいて、
とっても真面目なのです。

真面目で覚悟があった上でのコメディなので、
悲惨な事件が起こっても、作風がブレたりしない。

いやむしろたいへんな事態の時こそ
笑いをみつけるユーモアが必要なのです。
これは豊かな人生を送るための
重要な秘訣だったりもします。

覚悟を決めて生きていれば
多少の悲惨な事象が起こったとしても
ちょっとやそっとじゃブレないものです。

関連記事

『母と暮せば』Requiem to NAGASAKI

残り少ない2015年は、戦後70年の節目の年。山田洋次監督はどうしても本年中にこの映画『母と

記事を読む

www.flickr.com

『七人の侍』最後に勝つのは世論

去る9月6日は黒澤明監督の命日ということで。 映画『七人の侍』を観たのは自分が10代の

記事を読む

『グランド・ブダペスト・ホテル』大人のためのオシャレ映画

ウェス・アンダーソン監督作といえば オシャレな大人の映画を作る人というイメージ。 本

記事を読む

90年代サブカルのカタログ的存在『スワロウテイル』

岩井俊二監督の『スワロウテイル』。この劇中の架空のバンド『YEN TOWN BAND』が再結

記事を読む

ホントは怖い『墓場鬼太郎』

2010年のNHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で 水木しげる氏の世界観も再評価された

記事を読む

『この世界の片隅に』逆境でも笑って生きていく勇気

http://konosekai.jp/[/caption] 小学生の頃、社会の日本近代史の

記事を読む

『硫黄島からの手紙』日本人もアメリカ人も、昔の人も今の人もみな同じ人間

クリント・イーストウッド監督による 第二次世界大戦の日本の激戦地 硫黄島を舞台にした戦争

記事を読む

『湯殿山麓呪い村』即身仏、ホントになりたいの?

先日テレビを観ていたら、湯殿山の即身仏の特集をしていた。即身仏というのは僧侶が死に至るまでの

記事を読む

『ファイト・クラブ』とミニマリスト

http://www.playbuzz.com/thelaststraw10/do-you-rem

記事を読む

『精霊の守り人』メディアが混ざり合う未来

『NHK放送90年 大河ファンタジー』と冠がついたドラマ『精霊の守り人』。原作は上橋菜穂子氏

記事を読む

PAGE TOP ↑