*

夢は必ず叶う!!『THE WINDS OF GOD』

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 映画:ア行,

 

俳優の今井雅之さんが5月28日に亡くなりました。

ご自身の作演出主演のライフワークでもある『THE WINDS OF GOD』の日本講演中ということで、闘病のため降板会見のすっかり痩せて人相が変わってしまった彼の姿に、日本中が衝撃を受けました。末期がんということで、ご自身の死を悟った上での会見でした。千秋楽が今日、5月31日の沖縄公演だったらしいので、この日まではなんとか見届けたいと思っていたことでしょう。ご本人の心中を察すると、さぞ無念だったと思います。でも視点を変えれば、大好きな仕事をしながら殉じていけるのは、ある意味幸せな最期なのかもしれません。

『THE WINDS OF GOD』は現代のお笑い芸人がタイムスリップして、神風特攻隊として生きていくことになる話です。今井さんは役者になる前は自衛官だったとのことで、その経験がこの物語のベースに流れているのでしょう。この作品は海外でも評価され、英語版で公演したり、映画化もされたりと、ずっと長い間愛された作品です。きっと海外では神風特攻隊の存在を多くの人にひろめたでしょう。後に類似作がたくさん作られたのも、かなりインパクトがあった作品だったのでしょう。

今井さんは神風特攻隊を武士道に重ねた発言もしたりしていたので、保守的な方なのかと思っておりました。でもはっきりと本人が「戦争反対」と言っておりました。そこから思想的に戦争という題材を選んでいる訳ではないのがわかります。今国会で問われている、日本が戦争のできる国にしようとする話し合いには、さぞかし今井さんも憂いていたことでしょう。今回の講演の千秋楽の地に沖縄を選んでいることにも「反戦」という大きなテーマ性を感じます。本編のテーマは「生きろ」そのもの。その題材むなしく、ご本人が亡くなってしまった訳ですが、今井さんが身を以て我々にみせた姿というものは、大変意義深いものだったと思います。

己の死が近いことを知りながら、公の場に姿を現す勇気は尊敬に値します。そして死を覚悟しているからこそ、残りの寿命を「生きる」姿をあからさまにしてくれたこと。ともすると生ける屍のようになってしっている現代人に、警笛を鳴らしてくれているような行動でした。

病でやせ細った俳優・今井雅之の表情は知的で、今までの無骨な体育会系のアニキのようないでたちとは違っていました。降板発表の時の彼の姿からは、深い知性を感じます。晩年の姿の方が自分はとても好きです。

人は死ぬ覚悟を決めたとき、初めて生きることができるのかもしれません。「夢は必ず叶う」と今井さんは生前後輩達に語っていたそうです。自分の作品が日本国内だけではなく世界にも認められたということ。アツい男がアツく夢を語っていたのだと想像できます。それに今回こそは夢半ばで亡くなってしまったように一見感じますが、この壮絶な死に様を晒して下さったことによって、多くの人に「生きる」意味を感じさせてくれたのだと思います。今井雅之さんは亡くなってしまったけれど、彼の作品や彼の最期の行動は、伝説として語り継がれることでしょう。そうなるとその魂は永遠になる。彼の夢は彼の死後も生き続けるのです。

今井雅之さんのご冥福を心よりお祈り致します。そしてお疲れさまでした。

関連記事

no image

『アーロと少年』過酷な現実をみせつけられて

く、暗いゾ。笑いの要素がほとんどない……。 日本のポスタービジュアルが、アーロと少年スポットが

記事を読む

no image

『ウォーリー』は未来への警笛

映画『ウォーリー』がウチでは再評価UP! 『アナと雪の女王』を観てから我が家では デ

記事を読む

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 言わぬが花というもので

大好きな映画『この世界の片隅に』の長尺版『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』。オリジナル

記事を読む

no image

『思い出のマーニー』好きと伝える誇らしさと、因縁

  ジブリ映画の最新作である『思い出のマーニー』。 自分の周りでは、女性の評判はあ

記事を読む

no image

『コクリコ坂から』横浜はファンタジーの入口

  横浜、とても魅力的な場所。都心からも交通が便利で、横浜駅はともかく桜木町へでてし

記事を読む

『若草物語(1994年)』本や活字が伝える真理

読書は人生に大切なものだと思っている。だから自分の子どもたちには読書を勧めている。 よ

記事を読む

no image

『おさるのジョージ』嗚呼、黄色い帽子のおじさん……。

  もうすぐ3歳になろうとするウチの息子は イヤイヤ期真っ最中。 なにをするにも

記事を読む

『ワンダー 君は太陽』親になってわかること

自分はお涙頂戴の映画は苦手だ。この『ワンダー』は、予告編からして涙を誘いそうな予感がする。原

記事を読む

no image

『パンダコパンダ』自由と孤独を越えて

子どもたちが突然観たいと言い出した宮崎駿監督の過去作品『パンダコパンダ』。ジブリアニメが好きなウチの

記事を読む

『フェイクニュース』 拮抗する日本メディア

自分はすっかり日本の最新作は観なくなってしまった。海外作品でも、テレビドラマのようなシリーズ

記事を読む

『パブリック 図書館の奇跡』 それは「騒ぎを起こしている」のではなく、「声をあげている」ということ

自分は読書が好き。かつて本を読むときは、書店へ行って、平積みさ

『トーチソング・トリロジー』 ただ幸せになりたいだけなのにね

最近日本でもようやく意識が高まりつつあるジェンダー問題。オリン

『健康で文化的な最低限度の生活』 貧しさが先か、病が先か?

「なんか該当しそうな給付制度ありました?」 これは最近パパ友と

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 自分のことだけ考えてちゃダメですね

※このブログはネタバレを含みます。 『ヱヴァンゲリヲン新

『カラマーゾフの兄弟(1969年)』 みんな変でみんないい

いまTBSで放送中の連続ドラマ『俺の家の話』の元ネタが、ドスト

→もっと見る

PAGE TOP ↑