*

『アントマン』ちっちゃくなってどう闘うの?

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 映画:ア行

マーベルのスーパーヒーロー集団『アベンジャーズ』が集結する『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』がもうすぐ日本でも公開する。『キャプテン・アメリカ』の前作『ウィンター・ソルジャー』も面白かったので、期待は膨らむばかり。『シビル・ウォー』には新しい『スパイダーマン』も登場するが、『アントマン』も出るらしい。そうなるともう『アベンジャーズ3』みたいなもんだ。

自分は『アベンジャーズ』を初めて観たとき、『アイアンマン』と『インクレディブル・ハルク』しか観ておらず、『マイティ・ソー』は未見だった。悪役のロキの存在が理解できず、とても寂しい思いをしてしまった。なので『シビル・ウォー』の予習を含めて、大急ぎで『アントマン』を観ることにした。映画選びの動機としては変わってる。なんかノルマみたい。どうしてこんな労力を感じてしまうのだろう?

マーベルがディズニー傘下に入ってから、この『アベンジャーズ』プロジェクトが始まった。マーベルの映画シリーズは、すべて繋がっていて、大きな大河ドラマみたいになってる。もう数ヶ月おきに発表されるマーベル映画が、年間行事のごとく消化していくようになってしまった。公開された時系列順に観ないと、ネタバレになっちゃう。映画一本一本に思い入れを深めていくというよりは、次々発表されるシリーズ新作に乗り遅れまいとするのがやっと。消費社会の象徴とも言える。

競合のDCコミックスも対抗して、スーパーヒーローものに力を入れ始めている。『バットマン vs スーパーマン』や『スーサイド・スクワッド』なんかは、完全に大人をターゲットにしている。昨今のスーパーヒーローものブームにちょっと疲れを感じ始めている自分もいたりして。

このスーパーヒーローものとかファンタジーものとかって、観客も作り手もどっかでバカバカしさを忘れてはいけないのだと思うのです。大の大人がコスプレして、空飛んだりビーム出したりしてるんだから、冷静に考えたらしょーもないわけです。ここの距離感をはきちがえると、イタイことになっちゃう。ほどほどの距離感やセンスが必要。

実は自分はこのマーベルでいちばん目玉になってる『アベンジャーズ』と冠がついてるシリーズがもっとも退屈だったりする。これは、シリーズの全キャラクターが総出演だし、超A級のビッグバジェット大作。だからこそ作り手にそうとうのプレッシャーがかかっているのだと想像される。なのでどうしても必死で大まじめな作風になってしまう。なんだか理屈っぽくなっちゃって、観てて肩が凝ってきちゃう。観客としては、こういった軽いノリの娯楽作品で、頭使いたくない。エンターテイメントはラフに観たいものです。

『アントマン』は笑えると、前評判を聞いていた。ダメなパパが娘のためにヒーローになる話だと、勝手に予想していた。これなら親子でも観れるかなと。観てみると、やっぱりおじさん向けという印象。父と娘の要素はエピソードのひとつでしかない。マーベル映画の定番となった、過去の有名な役者がでてくる。今回はマイケル・ダグラス。そのキャラクターの物語も描くため、おじさんたちがごたくを並べる場面が多いけど、そこは我慢のしどころ。

アントマン登場してから、くだらない設定に笑いっぱなし。テレパシーで蟻たちを従えたり、そりゃないだろのツッコミどころのオンパレード。このバカバカしいスピリットは、エンターテイメントにはホントに大事。主人公のスコットは、前科持ちゆえ職に就けず、どうにかしようとアントマンになる。どうしようもないところからのスタート。ダメなおじさんの起死回生。

とかくスーパーヒーローとは、男の子が自分の無力さに夢を託すための存在。現在ハリウッドで生産されているスーパーヒーローものは、子ども向けではなく、大人がターゲット。主人公の年齢もかなり高い中年のおじさんばかり。己の人生に納得出来ないおじさんたちが、スーパーヒーローに夢を託すのだろうか? なんとも切ない。リアルヒーローものは、とんでもなく世知辛い世の姿を反映している。我々おじさんたちすら、夢を求めてさまよっているということの象徴なのかもしれない。

さて、ディズニー・マーベル的キャッチコピーを自分なりに考えてみました。「日本人よ、これがアリのままの愛だ!!」……お後がよろしいようで。

関連記事

no image

『ウルトラマン』社会性と同人性

  今年はウルトラマンシリーズ誕生の50周年記念とのこと。先日、テレビで特集番組が放

記事を読む

no image

『アイ・アム・サム』ハンディがある人と共に働ける社会

  映画『アイ・アム・サム』は公開当時、びっくりするくらい女性客でいっぱいだった。満

記事を読む

no image

『エレファント・マン』と感動ポルノ、そして体調悪化

『エレファント・マン』は、自分がデヴィッド・リンチの名前を知るきっかけになった作品。小学生だった自分

記事を読む

no image

『怒り』自己責任で世界がよどむ

正直自分は、最近の日本のメジャー映画を侮っていた。その日本の大手映画会社・東宝が製作した映画『怒り』

記事を読む

no image

『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』夢を現実にした最低で最高の男

芸能界は怖いところだよ。よく聞く言葉。 本書は『宇宙戦艦ヤマト』のプロデューサーで、実質的な生みの

記事を読む

no image

『お嬢さん』無国籍お耽美映画は解放へ向かう

韓国産の作風は、韓流ドラマのような甘ったるいものと、血みどろで殺伐とした映画と極端に分かれているよう

記事を読む

no image

ワーカホリックという病『アメリカン・スナイパー』

  365日24時間いつでもご用命ください。不眠不休で対応致します。 なんとも

記事を読む

no image

『犬ヶ島』オシャレという煙に巻かれて

ウェス・アンダーソン監督の作品は、必ず興味を惹くのだけれど、鑑賞後は必ず疲労と倦怠感がのしかかってく

記事を読む

no image

DT寅次郎がゆく『みうらじゅんのゆるゆる映画劇場 』

  雑誌『映画秘宝』に現在も連載中の記事を再編集されたもの。普通の映画評論に飽きたら

記事を読む

no image

人を幸せにしたいなら、まず自分から『アメリ』

  ジャン=ピエール・ジュネ監督の代表作『アメリ』。 ジュネ監督の今までの作風

記事を読む

no image
『ジョーカー』時代が求めた自己憐憫ガス抜き映画

めちゃめちゃ話題になってる映画『ジョーカー』。ハリウッド映画のアメコミ

no image
『いだてん』近代日本史エンタメ求む!

大河ドラマの『いだてん 〜東京オリムピック噺〜』の視聴率が伸び悩んでい

no image
『万引き家族』親がなければ子は育たず

カンヌ国際映画祭でグランプリにあたるパルムドールを受賞した『万引き家族

no image
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』その扇動、のるかそるか?

『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビースト

no image
『日本のいちばん長い日(1967年)』ミイラ取りがミイラにならない大器

1967年に公開された映画『日本のいちばん長い日』。原作はノンフィクシ

→もっと見る

PAGE TOP ↑