*

『リップヴァンウィンクルの花嫁』カワイくて陰惨、もしかしたら幸福も?

公開日: : 最終更新日:2019/06/12 映画:ラ行, 映画館, , 音楽

 

岩井俊二監督の新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』。なんともややこしいタイトル。岩井俊二監督といえば、かつて新宿武蔵野館で観た中山美穂さん主演の『Love Letter』からすっかりファン。当時「アイドル映画が好きなんて、センスないね~」とさんざっぱらバカにされて悔しい思いをした記憶がある。

岩井俊二監督作品で撮影監督をされていた篠田昇さんが亡くなられてから、しばらくご無沙汰していた日本での長編作品。2004年の『花とアリス』からすると、自分の環境も大きく変わった。

岩井俊二作品は、自分の中では「ハイテク少女マンガ」と勝手にジャンルづけている。いっけんラフそうでいて、脚本や撮影に映画的な高度な技術や仕掛けが、巧みに織り込まれているから。岩井俊二監督は、映画づくりのひな形を壊しながらも、映画的なアイディアをふんだんに使って魅せるトリッキーな作風。変化球で芸術的だけど王道は外さない。この映画はいうなれば「少女マンガ風犯罪映画」。

『リップヴァンウィンクルの花嫁』は、上映時間が3時間もある。自分は上映時間が長い映画って正直苦手。もしかしたら飽きちゃうのも心配だし、なによりトイレがストレス。もう映画館へ行くべきかずっと悩んで、結局映画を観に行く数時間前から水分控えて観に行きましたよ。

映画の主要人物は全員なにかしらの嘘をついている。その嘘がもつれてどんどん物語が転がっていく。SNSの匿名アカウントで、普段言えないことを言ってしまうのも嘘のうち。人は生きている限り大なり小なり嘘はつく。それは人を傷つけるものもあるが、人間関係を円滑にするためにつく嘘だってある。

ペルソナの仮面というユングの言葉がある。人はその場に応じて、自分を演じ分けるというもの。あたかも要所要所でそれに適した仮面かぶるかのよう。本当の自分がいて、あちこちに合わせて嘘の人格を作っていると勘違いされがちだけど、実はどれも本当の自分。家にいる時も、学校や会社にいる時も、それぞれ演じ分けているようで、その演じているのも自分ということになる。そう考えれば、嘘の自分を意識して装う必要もなくなる。そもそもそんな垣根はないのだから。

この映画の冒頭、あまりに登場人物達が仮面をかぶりすぎているので、いや〜な気分になっていた。好きになれない人たちだな〜って。ファンタジーのような描き方をしているけど、登場人物たちは現実逃避をしているだけで、映画自体は現実的。カワイイ雰囲気だけど、陰惨で怖い犯罪映画でもある。ある意味、登場人物みんなビョーキ。SNSやら詐欺やら、本音と建て前、匿名の乖離とか、孤独とか、現代人の精神の病根をテーマにしていながらも、観賞後は重く暗くなるどころか清々しい気分になる。

人気の役者さんが出て来てるけど、みんな自分が抱いてるイメージ通りのキャラクターを演じてる。最近の映画は、大人の都合で、どう考えてもこのキャラクターにこの役者は合わないだろうという人がキャスティングされたりする。映画がつまらなくなる原因だし、そもそも観客が混乱して、感情移入が出来なくなる。この映画は役者の人となりの雰囲気も反映されている。あて書きもかなりしているんだろう。

で、主人公の黒木華さんだけがどうしても、役ではそうだろうけど、本人がもし同じシチュエーションに立ったなら、別のリアクションするだろうなと思えてならなかった。黒木華さん演じる七海は、「すいませんすいません」といつもしたてにでてる。でも行動は大胆。なんかしっくりこない。確かに岩井作品の可愛らしい女の子像ではあるけれど……。と思っていたらエンディングで猫のお面をかぶってる彼女が登場する。猫っかぶりは確信犯だったのね!!

嘘をつこうがつくまいが、現実はひとつ。嘘をつくことで、物事は好転することはなく、こじらすばかり。映画を観終わって感じるのは、やっぱり嘘はほどほどにしないと、痛い目を見るってことにつきる。腹を決めて正直に生きた方が、ラクにやっていけるのは確かでしょうね。

 

関連記事

no image

『ツレがうつになりまして。』鬱を身近に認知させた作品

  鬱病を特別な人がなる病気ではなく、 誰をもいつなりうるか分からな事を 世間に

記事を読む

no image

『キングコング 髑髏島の巨神』映画体験と実体験と

なんどもリブートされている『キングコング』。前回は『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン

記事を読む

no image

『若草物語(1994年)』本や活字が伝える真理

読書は人生に大切なものだと思っている。だから自分の子どもたちには読書を勧めている。 よく「マン

記事を読む

no image

『ビバリーヒルズ・コップ』映画が商品になるとき

  今年は娘が小学校にあがり、初めての運動会を迎えた。自分は以前少しだけ小中高の学校

記事を読む

no image

『アニー(1982年版)』子どもから見た大人たちの世界

  かつてタレントのタモリさんが、テレビでさんざっぱら自身のミュージカル嫌いを語って

記事を読む

no image

『海街diary』男性向け女性映画?

日本映画で人気の若い女優さんを4人も主役に揃えた作品。全然似てないキャスティングの4人姉妹の話を是枝

記事を読む

no image

『鉄コン筋クリート』ヤンキーマインド+バンドデシネ

アニメ映画『鉄コン筋クリート』が公開されて今年が10周年だそうです。いろいろ記念イベントやら関連書籍

記事を読む

no image

『アーロと少年』過酷な現実をみせつけられて

く、暗いゾ。笑いの要素がほとんどない……。 日本のポスタービジュアルが、アーロと少年スポットが

記事を読む

no image

『SLAM DUNK』クリエイターもケンカに強くないと

  うちの子どもたちがバスケットボールを始めた。自分はバスケ未経験なので、すっかり親

記事を読む

no image

『境界のRINNE』やっぱり昔の漫画家はていねい

  ウチでは小さな子がいるので Eテレがかかっていることが多い。 でも土日の夕方

記事を読む

no image
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』その扇動、のるかそるか?

『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ『ファンタスティック・ビースト

no image
『日本のいちばん長い日(1967年)』ミイラ取りがミイラにならない大器

1967年に公開された映画『日本のいちばん長い日』。原作はノンフィクシ

no image
『SHOAH ショア』ホローコースト、それは証言か虚言か?

ホロコーストを調べている身内から借りたクロード・ランズマンのブルーレイ

no image
『ひろしま』いい意味でもう観たくないと思わせるトラウマ映画

ETV特集で『ひろしま』という映画を取り扱っていた。広島の原爆投下から

no image
『愛の渦』ガマンしっぱなしの日本人に

乱交パーティの風俗店での一夜を描いた『愛の渦』。センセーショナルな内容

→もっと見る

PAGE TOP ↑