*

『エクス・マキナ』 萌えの行方

公開日: : 最終更新日:2021/11/21 映画:ア行

イギリスの独立系SFスリラー映画『エクス・マキナ』。なんともいえないイヤ〜な後味がする映画。心にのっぺりと澱が溜まってくるような感じ。R指定マークがこれでもかと強調されているディスクのレイアウト。確かに映画には性描写も暴力描写もある。でももっと深層的な部分に、この映画は闇をうったえてくる。それらはすべて作り手によって計算されたもの。

主人公の青年が美少女型AIロボットと恋をする。プロットだけ聞くと、なんとも日本のアニメにありそうな陳腐な現実逃避の題材。でもこの映画は辛口シニカル。

ハイパーテクノロジーはやがて、創作主の人間の能力を超えて反旗を翻す。淘汰されるは人間。古くから扱われるSFのテーマを踏襲。

AIと人間の駆け引きを描いているが、これは現代社会のねじれた男女関係のメタファーだ。「かわいい女の子は好き。でも女の子は怖い。ボクたち男にはわからないところまで見ていそうだから」そんな男たちは、その恐怖心を衒学者ぶって理論武装する。自分の方が上なんだと誇示するのに全神経を集中する。

日本のアイドル文化は、仕掛け人はみなおっさん。おっさんがおっさんの嗜好をとらえて、若い娘に演じてもらう。まさに同性から同性へのマッチョなホモソーシャル。精神的擬似恋愛ビジネス。そこには女性的な感性はない。若い娘は自分の体を媒介にしてアイドルを演じきる。アイドル=私は人形。幻の夢。

本編でもAIロボットをつくる理由に、原爆を発明したオッペンハイマーの言葉を引用している。人間は常に制御できないものに触れてしまう業があるって。またまたそうやって知的ぶって、ものごとの本質から目をそらしちゃう。

映画の舞台となる人里離れた山奥にある研究所。自然に囲まれたそれは、まるで高級リゾート地の別荘。凝ったインテリアや、ハイテク機器。快適を追求しているはずなのに、なぜだろう? 息がつまる。高価なもの最新なものが揃っていることが果たして幸せなのか? IT関係のオフィスにありがちなそれらは、そこにいる人たちに偏頭痛を促す。

この映画『エクス・マキナ』は、過去のSF作品が描いてきた警鐘を引き継ぎながらも、現代の虚無感をビジュアル的に表現している。虚栄を求める愚かしさと、足元にある小さな幸せに盲目的となることへの危険性。

人にはそれぞれ得手不得手がある。万能な人はいない。自分にはできないことを、いともたやすくこなすことができる人もいれば、自分が日々当たり前のようにやっていることが、他人から見たら感心されることだったりもする。これらの能力は老若男女に関係ない。男だから上だとか、女だから細やかだとか、若いから年長者だからとかでは判断できない。

人は不完全にできているぶん、孤立しないように協調する能力がついたのだろう。相手を自分の思い通りに統制したり、考えの違うものを排除してしまうのはたやすい。でも実のところ、そんなことばかりしている人は、多大なる損をしていることに本人だけが気づいていない。

まずは素直になって、自分には苦手なものがあることを隠さず認める。相手を尊重していくことの大切さ。まずは人と向き合うという、ささやかなこと。

映画は「AIとは?人間とは?」と壮大なことを言っているようだが、目の前にある現実の人間関係の方を強く感じさせる。それを怠った登場人物たちの顛末は、自業自得とはいえ、かなり手厳しい。

AIロボット・エヴァを演じるのは、スウェーデン出身のアリシア・ヴィキャンデル。次回作は、リブート版の『トゥームレイダー』での主人公ララ・クロフト役。なんでも『スター・ウォーズ』のデイジー・リドリーと役を競ったとか。エヴァとララ・クロフト、どちらもタイプが違うキャラクター。どんな風になるのか楽しみだ。

自分はこの『エクス・マキナ』での人間は男性、AIロボットは女性の象徴としてみていた。男の欲は地位や名声を手にして相手を支配すること。女の動機はシンプルで、ただ自由になりたいだけ。

男である自分は、耳の痛い描写が相次ぐ。モノ扱いされている女性の姿をみせられて、女性観客はきっと不快感を感じるだろう。映画のラストは男にとっては恐ろしいばかりだが、もしかしたら女性にはカタルシスがあるのかも? いや、そもそもこの映画、女子が興味を持つ要素がまったくないかもしらんが。

鬱発生装置みたいな映画だ。鑑賞後、ネガテイブ・ワールドにどっぷりハマって抜け出れなくなる人もいたのではないだろうか? R指定は妥当。深い毒のある映画だった。

関連記事

『いだてん』近代日本史エンタメ求む!

大河ドラマの『いだてん 〜東京オリムピック噺〜』の視聴率が伸び悩んでいるとよく聞く。こちらと

記事を読む

no image

『WOOD JOB!』そして人生は続いていく

  矢口史靖監督といえば、『ウォーターボーイズ』のような部活ものの作品や、『ハッピー

記事を読む

no image

『硫黄島からの手紙』日本人もアメリカ人も、昔の人も今の人もみな同じ人間

  クリント・イーストウッド監督による 第二次世界大戦の日本の激戦地 硫黄島を舞

記事を読む

no image

『オデッセイ』 ラフ & タフ。己が動けば世界も動く⁉︎

2016年も押し詰まってきた。今年は世界で予想外のビックリがたくさんあった。イギリスのEU離脱や、ア

記事を読む

『思い出のマーニー』 好きと伝える誇らしさと因縁

ジブリ映画の最新作である『思い出のマーニー』。 自分の周りでは、女性の評判はあまり良くなく

記事を読む

『インサイド・ヘッド』むずかしいことをゆかいに!!

ピクサーの2015年作品『インサイド・ヘッド』。ものすごい脚本だな〜、と感心してしまう映画。

記事を読む

no image

DT寅次郎がゆく『みうらじゅんのゆるゆる映画劇場 』

  雑誌『映画秘宝』に現在も連載中の記事を再編集されたもの。普通の映画評論に飽きたら

記事を読む

no image

オカルト? カルト?『オーメン』

  6月6日はダミアンの誕生日だ!! と最近言わなくなった。もう『オーメン』の話をし

記事を読む

no image

『生きる』立派な人は経済の場では探せない

  黒澤明監督の代表作『生きる』。黒澤作品といえば、時代劇アクションとなりがちだが、

記事を読む

『アーロと少年』 過酷な現実をみせつけられて

く、暗いゾ。笑いの要素がほとんどない……。 日本のポスタービジュアルが、アーロと少年ス

記事を読む

『裏切りのサーカス』 いちゃいちゃホモソーシャルの言い訳

映画『裏切りのサーカス』が面白いという勧めを知人から受けて、ず

『アデル、ブルーは熱い色』 心の声を聴いてみる

2013年のカンヌ国際映画祭で最優秀賞パルムドールを受賞したフ

『エターナルズ』 モヤモヤする啓蒙超大作娯楽映画

『アベンジャーズ エンドゲーム』で、一度物語に区切りをつけたデ

『永遠の門 ゴッホの見た未来』 ギフテッドとインフルエンサー

東京都美術館で開催されている『ゴッホ展』に行った。収集家のヘレ

『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』 自由恋愛のゆくえ

スティーヴン・スピルバーグ監督の『インディ・ジョーンズ』シリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑