*

『美女と野獣』古きオリジナルへのリスペクトと、新たなLGBT共生社会へのエール

公開日: : 最終更新日:2019/06/11 アニメ, 映画:ハ行, 音楽

ディズニーアニメ版『美女と野獣』が公開されたのは1991年。今や泣く子も黙る印象のディズニーなので信じがたいが、当時のディズニー映画は人気が下火。なんとかして起死回生しようと躍起になっていた。前作『リトル・マーメイド』の久々のヒットで、この機を逃してなるものかと製作された『美女と野獣』。

技術の髄を尽くした音楽や演出。閑古鳥が鳴いていたディズニー社の、数少ないスタッフたちが、それこそ命がけで作った映画だろう。その熱量は映像からひしひしと伝わってくる。だからこそこの映画は今でも観続けられる名作となった。

アニメの実写リメイクと聞くと、昨今の日本映画のような地雷臭しかしてこない。ネタがない中、過去のネームバリューにすがっただけのこころざしの低いものかと。でもこの実写版『美女と野獣』は、そんな情けないアプローチはしてこない。

オリジナルのアニメ版は、製作陣の並々ならぬ情熱はあれど、技術的に追いつかない部分も多々あった。重要な場面でも、画力のないスタッフが対応したのか、カットが変わると別人になっていたり、髪の色が違っていたりと、今観ると残念なところも散見する。

そんな人材や資金のないなか、本来ならこうしたかった、今ならこうすると、リベンジするような感覚でこの実写リメイクがされているように思える。そうなるとこのリメイクには大義がつく。音楽もオリジナルと同じアラン・メンケンが続投。従来の名曲にさらなる新曲まで書いている。これも名曲!

オリジナルへの深い敬意がある。独自の解釈はせずテーマはそのまま、脚本はキャラクター各々の深みを追求している。新作としても理想的な出来栄えを目指しているが、完全にオリジナルを補完している。人の記憶とはいい加減なもの。なんだかオリジナルも非の打ち所がなかったかのように、記憶すらブラッシュアップされてしまう。

ルーク・エヴァンス演じる敵役のガストンが意外なことにカッコイイ。アニメ版のガストンは、登場しただけで嫌なヤツの印象だった。やっぱりそんなに白黒はっきりしちゃうと面白くない。もしかしたらこの人も王子様になれたのでは?と思わせる。今回のガストンは、かつての戦争の英雄。彼がキレやすく暴力的なのは、戦争体験によるPTSDなんだと感じさせる。そうなると悪役すらも悲しみを負う。

主人公ベルをエマ・ワトソンが演じたのも話題となった。なんでも内定されていた『ラ・ラ・ランド』を蹴っての出演とか。周知の通り『ラ・ラ・ランド』は賞をとりまくった。果たしてこの鞍替えの顛末やいかにと、うがった好奇心が芽生えてしまう。いやいやそれが、映画が始まるとそんな下世話なことはすっかり忘れてしまった。

ベルは本の虫。ベルの村には本を読む者なんていない。たくさんの文献に触れていたベルだったからこそ、野獣の見かけにとらわれず、内面を見つめていけたというのが、本作の鍵。今回の実写版では、野獣も読書家。オリジナル版では、野獣がベルの気を引こうと書庫をプレゼントした。リメイク版での、お互い読書家という改変の方がつじつまが合う。

反面、野獣の見た目だけで「殺せ殺せ」と判断する村人たちには狂気を感じる。外見や偏見で他者を弾圧する姿は、匿名ネット民が集団で、意に沿わない相手をとことん叩き潰す姿にもシンクロしてしまう。ベルたちはもう、あの村では暮らせないだろうな。

読書というのは物事の分別をつけるトレーニング。本というものはさまざまなジャンルのものが簡単に読めてしまう。良書ばかりとは限らない。それこそ反社会的な内容だったり、偏った思想へ導くものだったり、犯罪を奨励しているものでも、本屋さんではベストセラーとして平積みされていたりもする。結構エグい。そんなエグい危険性も読書の魅力だったりする。そしてそのまったく別のジャンルの一冊一冊の点が、あるときすべて繋がるときがある。驚きの瞬間。それが物事の道理というものなら、読書は人生を大いに豊かにさせる。

ロココ調時代が映画の舞台とはいえ、とにかく美意識が高い。映画全編にゲイカルチャーを感じる。アニメを実際に演じるとそうなるのか、ガストンの子分との関係はホモソーシャル。オリジナルに忠実なデザインだけど、なんとなしに主人公のベルよりも、王子の正装の色合いの方が目立ってて可愛い。ベルの方が地味。燭台や時計にされた家臣たちは、かつて他のファンタジー映画で、若者を導く賢者を演じたユアン・マクレガーとイアン・マッケラン。イアンは実際にゲイだとカミングアウトしている。『ロード・オブ・ザ・リング』の役の名「ガンダルフ・グレイ」をもじって「ガンダルフ・ゲイ」なんて呼ばれてたっけ。

そもそもミュージカルのファン層にはLGBTの人たちが多い。ディズニーはその層をほっとくわけがない。映画のメインターゲットを、少数派のLGBT層にもってきてる。もちろん一般に楽しめるエンターテイメントだが、ここのところのディズニー映画は、世間での少数派の観客にうったえかけている。

きっとオリジナルの『美女と野獣』も、LGBT層に人気が高いのだろう。ディズニー・プリンセスものの系譜の作品だけど目線を変えて、ベルではなく野獣の目線で物語を追えば、また別の感覚が生まれてくる。

野獣はその外見だけで理不尽な迫害を受ける。やがて想い想われる相手と出会い、美しく再生する。なんともいえないカタルシス。表向きは女性を主人公にしているが、実のところ男の映画だと思うと、またさらに興味深い。

ディズニーはLGBTを認めるだけでなく、彼ら彼女らを大事なお得意様として作品をつくっている。このゲイカルチャーを全面的に享受した作品は、国によっては上映禁止や年齢制限をかけられた。世界をマーケティングにしているディズニーは、先見の明どころか、早すぎる視点で作品をつくっている。ある意味社会派。

やがて未来の子どもたちがこの作品を観て、「昔は同性愛を認めてなかったんだってよ〜」「え〜、ダサッ!」なんて語り合っているかもしれない。ディズニーおそるべし!

それで日本の最近のワイドショー的話題といえば、80年代にゲイを侮蔑したキャラクターをテレビで放送して、大騒ぎになったとか。その一連の展開すべてがレベルが低くてガッカリ。

とはいえ自分だって、外観があまりに違う人をみたらやはり警戒してしまう。自分の身を守るためにも人を見かけで判断していい部分もあるが、見た目だけで決めつけてはいけないところもある。判断基準はシビア。

でも今の子どもたちは、人種やら個性やらの違いなんて、我々世代よりはるかにラクラク乗り越えているようにみえる。若い世代の人たちの方が、つまらぬ偏見なんてないのかもしれない。この感性は大事にしてあげないと。明るい建設的な未来のためにも。

関連記事

no image

『SING』万人に響く魂(ソウル)!

「あー楽しかった!」 イルミネーション・エンターテイメントの新作『SING』鑑賞後、ウチの子たちが

記事を読む

no image

『ベイビー・ドライバー』洗練革新されたオールドファッション

ミュージカル版アクション映画と言われた『ベイビー・ドライバー』。観た人誰もがべた褒めどころか、ちょっ

記事を読む

no image

『ハイドリヒを撃て!』実録モノもスタイリッシュに

チェコとイギリス、フランス合作の映画『Anthropoid』というブルーレイを人から借りた。それは輸

記事を読む

no image

『ジュブナイル』インスパイア・フロム・ドラえもん

  『ALWAYS』シリーズや『永遠の0』の 山崎貴監督の処女作『ジュブナイル』。

記事を読む

no image

社会風刺が効いてる『グエムル ー漢江の怪物ー』

  韓国でまたMERSが猛威を振るっていると日々の報道で伝わってきます。このMERS

記事を読む

no image

作者を逆感化させた『ドラゴンボールZ 復活の「F」』

  正直に言ってしまうと自分は 『ドラゴンボール』はよく知らない。 鳥山明氏の作

記事を読む

no image

ヒーローは妻子持ちはNGなの?『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

  今年は『機動戦士ガンダム』の35周年。 富野由悠季監督による新作 『ガンダム

記事を読む

no image

『2001年宇宙の旅』名作とヒット作は別モノ

映画『2001年宇宙の旅』は、スタンリー・キューブリックの代表作であり、映画史に残る名作と語り継がれ

記事を読む

『鬼滅の刃 無限列車編』映画が日本を変えた。世界はどうみてる?

『鬼滅の刃』の存在を初めて知ったのは仕事先。同年代のお子さんがいる方から、いま子どもたちの間

記事を読む

no image

『鑑定士と顔のない依頼人』人生の忘れものは少ない方がいい

  映画音楽家で有名なエンニオ・モリコーネが、先日引退表明した。御歳89歳。セルジオ

記事を読む

『鬼滅の刃 無限列車編』映画が日本を変えた。世界はどうみてる?

『鬼滅の刃』の存在を初めて知ったのは仕事先。同年代のお子さんが

『パラサイト 半地下の家族』国境を越えた多様性韓流エンタメ

ここのところの韓流エンターテイメントのパワーがすごい。音楽では

『ターミネーター/ニュー・フェイト』老人も闘わなければならない時代

『ターミネーター』シリーズ最新作の『ニュー・フェイト』。なんで

『家族を想うとき』頑張り屋につけ込む罠

  引退宣言をすっかり撤回して、新作をつくり続

『もののけ姫』女性が創る社会、マッドマックスとアシタカの選択

先日、『マッドマックス/怒りのデスロード』が、地上波テレビ放送

→もっと見る

PAGE TOP ↑