*

『硫黄島からの手紙』日本人もアメリカ人も、昔の人も今の人もみな同じ人間

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 メディア, 映画:ア行

t02200147_0420028013218715867

クリント・イーストウッド監督による
第二次世界大戦の日本の激戦地
硫黄島を舞台にした戦争映画。

同監督による『父親たちの星条旗』と連作となる。
互いに戦ったアメリカ側と日本側で、
それぞれの視点で同じ戦争を描く意欲作。

当初イーストウッド監督は、
日本版は日系の監督に依頼しようと考えていたらしい。
外国人の自分には、正しい表現は無理だと見込んだのでしょう。

ただ、調べていくうちに、
日本人も自分たちもみな同じ人間だと
接点を感じ、自らメガホンをとる覚悟が決まったと聞きます。

戦争末期の日本は「一億総玉砕」と言われ、
勝っても負けても生きて還ってはいけない
という風潮がありました。

本土上陸の前哨戦にあたる硫黄島。
大本営に援軍を求めた渡辺謙演じる栗林忠道陸軍大将への返事は、
「鉄壁となって死ね」

日本兵は特攻や、追い詰められると自決する。
アメリカ兵からみたら、狂気の国民です。

イーストウッド監督が制作当初、
自分に感情移入できるか懸念したのも
理解できます。

しかしながら、完成した作品は
アメリカ版の『父親たちの星条旗』より
できが良かったとすら感じます。

よく終戦記念日などの街頭インタビューで、
「昔の人は偉かったんですね。お国のために死ねるなんて」
と答えている人がいます。果たして昔の人だったから偉かったのでしょうか?

時代が違っても、人間は人間。
戦争で死ぬなんて、イヤに決まってます。

人と自分が違うはずありません。

戦争で亡くなった人が特別な存在ではなく、
自分たちと同じだということです。

自分がイヤなことは、他の人もイヤ。

当時の彼らが英雄だったのではなく、
自分と同じ人間だということを受けとめた方がいい。

当時、戦争へ行って死んでいった人たちの気持ち、
ちょっと想像力を深めれば、理解できるはず。

外国人のイーストウッドだって、
分かり合えたのだから。


関連記事

『虹色のトロツキー』男社会だと戦が始まる

アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGINE』を観た後、作者安彦良和氏の作品でずっと気に

記事を読む

時事ネタコメディの必要性『ザ・シンプソンズ』

なんだかネットやマスコミでは みんなフラストレーションが爆発しちゃってる。 川崎の中

記事を読む

『ローレライ』今なら右傾エンタメかな?

今年の夏『進撃の巨人』の実写版のメガホンもとっている特撮畑出身の樋口真嗣監督の長編デビュー作

記事を読む

ソフトもハードも研究も、あらゆる転機になった『ジュラシック・パーク』

リチャード・アッテンボロー監督が亡くなりました。 90歳でした。ご冥福をお祈り致します。

記事を読む

『あの頃ペニー・レインと』実は女性の方がおっかけにハマりやすい

名匠キャメロン・クロウ監督の『あの頃ペニー・レインと』。この映画は監督自身が15歳で音楽ライ

記事を読む

『リング』呪いのフォーマットは変われども

http://www.sadako3d.jp/1/index.html[/caption]

記事を読む

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

http://marvel.disney.co.jp/movie/thor-br.html[/ca

記事を読む

『クラフトワーク』テクノはドイツ発祥、日本が広めた?

ドイツのテクノグループ『クラフトワーク』が 先日幕張で行われた『ソニックマニア』に出演しま

記事を読む

戦時中の市井の人々の生活を描く『火垂るの墓』

昨日、集団的自衛権の行使が容認されたとのこと。 これから日本がどうなっていくのか見当も

記事を読む

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ある意味これもゾンビ映画

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.[/capt

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/

『マイティ・ソー バトルロイヤル』儲け主義時代を楽しむには?

http://marvel.disney.co.jp/movie/t

『わたしを離さないで』自分だけ良ければいいの犠牲

今年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ原作の映画『わたしを

『ブレードランナー2049』映画への接し方の分岐点

http://www.bladerunner2049.jp/[/ca

『トロールズ』これって文化的鎖国の始まり?

配信チャンネルの目玉コーナーから、うちの子どもたちが『トロール

→もっと見る

PAGE TOP ↑