*

『フォレスト・ガンプ』 完璧主義から解き放て!

公開日: : 映画:ハ行, 映画館

ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演の1995年日本公開の映画『フォレスト・ガンプ』。主人公の名前をそのままタイトルにした作品を日本の配給会社は好まない。『一期一会』と、まったく蛇足なサブタイトルが邦題にはついている。

この映画の公開当時、友人が「これ絶対面白いよ!」と誘ってきた。友人のガールフレンドと自分と3人で映画を観た。自分はデートのお邪魔じゃなかったのかしら? 映画館は今はなき新宿プラザ。1,000人収容できる大きなハコ。現在は新宿TOHOシネマズのある場所にあった。自分はこの映画と同じゼメキス監督の前作、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズが大好き。同じ監督なら間違いないとこの映画を観た。巨大な劇場にも関わらず、客席は大入りだった。

トム・ハンクス演じるフォレスト・ガンプは知能指数が低い。小さい時からクラスメイトにいじめられている。ただ身体能力が異常に高く、いく先々で有名人となって成功していく。アメリカの近代史を文字通り駆け抜けるフォレスト。現代のみにくいアヒルの子。あたかも実在した人物の半生を描いた映画なのかと錯覚してしまう。当時の撮影技術を駆使して、歴史的人物とフォレスト・ガンプが対話をしてしまったりする。障害者という社会的弱者が、どんどん力をつけていく様はロールプレイングゲームのようなカタルシス。

映画を観ていた頃の二十代前後だった自分は、人生をものすごいスピードで駆け巡るフォレストを、ただ映像的に楽しんでいた。フォレストは障害の特性から物事を深く考えない。思い立ったら即行動、駆け出している。映画は彼の人生の総集編にみえてくるが、フォレストの体感ではきっとこれくらい早い展開で人生が進んでいるのだろう。シンプルに生きる。それがフォレスト・ガンプの人生。

フォレストの人生では、彼をバカにして辛くあたる人が多い。差別に対して社会もまだ考えがゆるい時代。そんなフォレストにも優しくしてくれた人はいる。彼のママとジェニー。兵役時代の戦友ババと上官のダン中尉。フォレストは単純ゆえ、彼らへの恩義は生涯貫く。彼の純真な誠意を、周りの人物たちが受け入れられるかが大きなテーマ。

映画は意図的に、すべてを描き切らない隙間を多くつくっている。フォレストの人生最愛の人ジェニーの存在が、初見の頃の自分には理解できなかった。フォレストは一途にジェニーを認めている。でも彼女はそれをいつもかわして去っていく。フォレストと対峙するのを避けている。ジェニーはやっぱり知的障害者のフォレストじゃイヤなのかなと思っていた。問題はそんなに単純なものではなさそうだ。

幼い頃のジェニーが、いじめられているフォレストに優しかったのは、けっして同情からではない。本編ではサラッと描かれている幼少期のジェニーの親からの虐待。それがその後の彼女の人生全てを狂わせている。ジェニーにとっては、フォレストは似た境遇の戦友みたいなもの。当事者が悲惨な現場から逃げ延びたからといって、物事が解決するわけではない。ジェニーの心の傷は、そう易々と癒えることはない。

ジェニーは家庭を持つことを望みながらも、それを恐れている。フォレストと一緒になれば幸せになれるのは、理屈ではわかっている。ジェニーを主人公にした映画なら、暗く重い作品になっていくだろう。あくまでフォレストの視点から見えるジェニーに踏みとどまっている。そこにセンスを感じる。御涙頂戴の浪花節にならないクールさ。

フォレストは深く考えないぶん、大きな思想の波にも流されていく。優秀な目立つ存在の人物は、政治的表舞台に担ぎ上げられる。でも本人に思想がないので、いつも周りが勝手にフォレストを神格化してしまっているだけ。欲のある普通の人ならば、それほど持ち上げられたら、きっと調子にのってお山の大将になってしまうだろう。フォレストはイデオロギーなんて興味がない。頭で考えないから運が味方する。それがいちばんのこの映画の面白さ。もちろん作品自体からは保守的な匂いは否めないけど、頭でぐちゃぐちゃ考えたらつまらない。良い意味でバカでいる。フォレストも言ってる「人をバカにする奴の方がバカなんだ」と。

フォレストがベトナム戦争に出征したときの上官、ダン中尉が興味深い。自信満々でプライドが高く、カリスマ性がある。戦場で両足を失ってから、彼はやさぐれてしまう。命を救ったフォレストに対して、「こんな惨めな姿になって死にぞこなった。なぜ助けた」と詰め寄ってくる。失敗を許さないダン中尉の人生観。完璧にこだわった彼が障害者となり、人の助けを必要とする存在になってしまった。彼はそれを受け入れられない。

ときとしてこだわりは、その人のモチベーションの後押しとなる。でも場合によっては、ただの足枷でしかなくなる。この映画はフォレストの物語。あくまでフォレストの視点で、ダン中尉が神様と仲直りするまでをみつめている。

衝動的なフォレストの人生。それと対比的に、悩み続けるフォレストの周辺の人物たち。ほとんどの観客は後者に属する。飛び抜けた存在のフォレストは、客観的には大成功の人生を送っているようにもみえる。でも英雄というものはたいてい孤独なもの。映画がラストシーンを迎えるころ、フォレストはまだ40歳代。人生はまだまだ続く。映画で描かれないその後のフォレストの人生はどんなだったか。やっぱり走り続けるのだろうか。たまには歩いてもいいのではと思ってしまうが、やっぱりそうはいかないのだろう。走り続けるのがフォレスト・ガンプなのだから。So, Run Forrest, RUN!

関連記事

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 お祭り映画の行方

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』やっと観た! 連綿と続くMCU(マーベル・シ

記事を読む

no image

『バッファロー’66』シネクイントに思いを寄せて

  渋谷パルコが立て替えとなることで、パルコパート3の中にあった映画館シネクイントも

記事を読む

no image

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』虐待がつくりだす歪んだ社会

ウチの子どもたちも大好きな『ハリー・ポッター』シリーズ。こわいこわいと言いながらも、「エクスペクト・

記事を読む

『フェイクニュース』 拮抗する日本メディア

自分はすっかり日本の最新作は観なくなってしまった。海外作品でも、テレビドラマのようなシリーズ

記事を読む

『ベニスに死す』美は身を滅ぼす?

今話題の映画『ミッドサマー』に、老人となったビョルン・アンドレセンが出演しているらしい。ビョ

記事を読む

no image

『her』ネットに繋がっている時間、私の人生は停まっている

スパイク・ジョーンズ監督作品『her/世界でひとつの彼女』は、本格的なSF作品としてとても興味深い。

記事を読む

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 自分のことだけ考えてちゃダメですね

※このブログはネタバレを含みます。 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの四作目で完結

記事を読む

『ベイビー・ドライバー』 古さと新しさと遊び心

ミュージカル版アクション映画と言われた『ベイビー・ドライバー』。観た人誰もがべた褒めどころか

記事を読む

『ブリグズビー・ベア』隔離されたハッピーな夢

シニカルコメディの『ブリグズリー・ベア』。赤ん坊の頃に誘拐された青年が、25年ぶりに解放され

記事を読む

『鬼滅の刃 無限列車編』 映画が日本を変えた。世界はどうみてる?

『鬼滅の刃』の存在を初めて知ったのは仕事先。同年代のお子さんがいる方から、いま子どもたちの間

記事を読む

『ドライヴ』 主人公みたいになれない人生

ライアン・ゴズリング主演の『ドライヴ』は、カッコいいから観た方

『イエスタデイ』 成功と選ばなかった道

ネットがすっかり生活に浸透した現代だからこそ、さまざまな情報に

『イカゲーム』 社会風刺と娯楽性

いま韓国サブカルチャーが世界を席巻している。ポン・ジュノ監督の

『ジョン・ウィック』 怒りたい衝動とどう向き合う?

キアヌがキレて殺しまくる。たったこれだけのネタで映画を連続三作

『裏切りのサーカス』 いちゃいちゃホモソーシャルの言い訳

映画『裏切りのサーカス』が面白いという勧めを知人から受けて、ず

→もっと見る

PAGE TOP ↑