*

『初恋のきた道』 清純派という幻想

公開日: : 最終更新日:2022/04/24 映画:ハ行

よく若い女性のタレントさんを紹介するときに「清純派の◯◯さん」と冠をつけることが多い。明らかに清純派のイメージじゃない人がほとんどで、いつも失笑してしまう。芸能界でのし上がってくるような人は、若い女の子であっても、そうとうの修羅場をかいくぐっているはず。年齢とは裏腹に精神的には大人で、酸いも甘いも当然知っていて、そこで清純派を演じている。じゃあなぜ清純派とか言いたがるのか考えてみる。

日本人男性が本当に弱くて、強い女が怖くてしょうがない。どうしても自分の下に従えたいという情けない欲望の現れかと。結局世の中男目線で動いている。男にウケなければ商売にならない。その心理を知った上で清純派を演じる、下がってみせる。そうなると女性は強い。強い女性のメンタリティそのままで商売になればもっと凄いことになりそうなのに。

中国映画の『初恋のきた道』。監督はチャン・イーモウ。『赤いコーリャン』や『菊豆』でコン・リーを輩出し、北京オリンピックの開会式の演出もしていた。のちにワイヤーアクションものへ走ったり、高倉健さん主演の『単騎、千里を走る。』を撮ったかと思えば、反日映画と言われた南京事件を描いた日本未公開の『フラワー・オブ・ウォー』など、作風がよく掴めない。この作品ではチャン・ツィイーをデビューさせている。

『初恋のきた道』のチャン・ツィイーはとにかく健気で可愛い。中国の大陸の1000年前から殆ど風景が変わっていないであろう田舎村を舞台に、少女の恋心を淡々と描く。田舎が舞台でもチャン・ツィイーが都会的な顔立ちなので、現代へと繋がりやすい。

違和感を感じたのがカメラワークや編集がハリウッドタッチだということ。世界配給を考えての演出だろうし、配給もソニーピクチャーズだからスタッフもハリウッドから来ているのだろう。観やすくはなったものの、中国映画の淡々とした雰囲気はそこにはなく、計算され尽くされたハイテク映像が、大陸の風景撮影に使われている。これはこれで新鮮な映像体験だったが、もう映画表現のお国柄の違いみたいなもが観られない、どこの国の映画も同じ演出になってしまうのはどうもつまらないし寂しい。けれど中国映画は柔軟にハリウッドにうまく取り込まれて、海外進出を図っている。日本は独自の道を未だ歩み続けて国内完結型の作品を作り続けている。これでは海外のマニアに拾ってもらうのがせいぜいだろう。日本はまだ鎖国状態か?

この映画でデビューしたチャン・ツィイーもハリウッドへ渡る。そこでは悪役や怖い女の役が多くなる。やっぱりね。『初恋のきた道』のチャン・ツィイーは男目線の理想の健気な少女像。彼女はそれをしっかり演じきったにすぎない。

世の男性諸君にはぜひとも清純派女性願望というものをぬぐい去って欲しいものである。女の人になめられるだけの男の存在ってのは、男女お互いにとってよろしい関係ではないから。

関連記事

no image

『母と暮せば』Requiem to NAGASAKI

  残り少ない2015年は、戦後70年の節目の年。山田洋次監督はどうしても本年中にこ

記事を読む

no image

『ポンヌフの恋人』ボウイを愛した監督・カラックス

  デヴィッド・ボウイの訃報はまったく信じられなかった。1月8日のボウイの誕生日に、

記事を読む

『パターソン』 言いたいことは伝わらない?

ジム・ジャームッシュ監督の最新作『パターソン』。ニュージャージー州のパターソンに住むパターソ

記事を読む

no image

『バッファロー’66』シネクイントに思いを寄せて

  渋谷パルコが立て替えとなることで、パルコパート3の中にあった映画館シネクイントも

記事を読む

no image

『ファイト・クラブ』とミニマリスト

最近はやりのミニマリスト。自分の持ちものはできる限り最小限にして、部屋も殺風景。でも数少ない持ちもの

記事を読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』ガス抜きと発達障害

スティーヴン・スピルバーグ監督の『ペンタゴン・ペーパーズ』。ベトナム戦争は失策だったスクープ

記事を読む

『否定と肯定』感情を煽るものはヤバい

製作にイギリスのBBCもクレジットされている英米合作映画『否定と肯定』。原題は『Denial

記事を読む

『ブレードランナー』 その映画が好きな理由

『ブレードランナー』、 パート2の制作も最近決まった カルト中のカルトムービーのSF映画

記事を読む

no image

『美女と野獣』古きオリジナルへのリスペクトと、新たなLGBT共生社会へのエール

ディズニーアニメ版『美女と野獣』が公開されたのは1991年。今や泣く子も黙る印象のディズニーなので信

記事を読む

『ブリジット・ジョーンズの日記』 女性が生きづらい世の中で

日本の都会でマナーが悪いワーストワンは ついこの間まではおじさんがダントツでしたが、 最

記事を読む

『ロード・オブ・ザ・リング』 ファンタージーがファンタジーのままならば

Amazonのオリジナル・ドラマシリーズ『ロード・オブ・ザ・リ

『鎌倉殿の13人』 偉い人には近づくな!

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』が面白い。以前の三谷幸喜さん

『星の子』 愛情からの歪みについて

今、多くの日本中の人たちが気になるニュース、宗教と政治問題。そ

『コーダ あいのうた』 諦めることへの最終章

SNSで評判の良かった映画『コーダ』を観た。原題の『CODA』は、

『あしたのジョー2』 破滅を背負ってくれた…あいつ

Amazon primeでテレビアニメの『あしたのジョー』と『

→もっと見る

PAGE TOP ↑