*

『初恋のきた道』 清純派という幻想

公開日: : 最終更新日:2022/04/24 映画:ハ行

よく若い女性のタレントさんを紹介するときに「清純派の◯◯さん」と冠をつけることが多い。明らかに清純派のイメージじゃない人がほとんどで、いつも失笑してしまう。芸能界でのし上がってくるような人は、若い女の子であっても、そうとうの修羅場をかいくぐっているはず。年齢とは裏腹に精神的には大人で、酸いも甘いも当然知っていて、そこで清純派を演じている。じゃあなぜ清純派とか言いたがるのか考えてみる。

日本人男性が本当に弱くて、強い女が怖くてしょうがない。どうしても自分の下に従えたいという情けない欲望の現れかと。結局世の中男目線で動いている。男にウケなければ商売にならない。その心理を知った上で清純派を演じる、下がってみせる。そうなると女性は強い。強い女性のメンタリティそのままで商売になればもっと凄いことになりそうなのに。

中国映画の『初恋のきた道』。監督はチャン・イーモウ。『赤いコーリャン』や『菊豆』でコン・リーを輩出し、北京オリンピックの開会式の演出もしていた。のちにワイヤーアクションものへ走ったり、高倉健さん主演の『単騎、千里を走る。』を撮ったかと思えば、反日映画と言われた南京事件を描いた日本未公開の『フラワー・オブ・ウォー』など、作風がよく掴めない。この作品ではチャン・ツィイーをデビューさせている。

『初恋のきた道』のチャン・ツィイーはとにかく健気で可愛い。中国の大陸の1000年前から殆ど風景が変わっていないであろう田舎村を舞台に、少女の恋心を淡々と描く。田舎が舞台でもチャン・ツィイーが都会的な顔立ちなので、現代へと繋がりやすい。

違和感を感じたのがカメラワークや編集がハリウッドタッチだということ。世界配給を考えての演出だろうし、配給もソニーピクチャーズだからスタッフもハリウッドから来ているのだろう。観やすくはなったものの、中国映画の淡々とした雰囲気はそこにはなく、計算され尽くされたハイテク映像が、大陸の風景撮影に使われている。これはこれで新鮮な映像体験だったが、もう映画表現のお国柄の違いみたいなもが観られない、どこの国の映画も同じ演出になってしまうのはどうもつまらないし寂しい。けれど中国映画は柔軟にハリウッドにうまく取り込まれて、海外進出を図っている。日本は独自の道を未だ歩み続けて国内完結型の作品を作り続けている。これでは海外のマニアに拾ってもらうのがせいぜいだろう。日本はまだ鎖国状態か?

この映画でデビューしたチャン・ツィイーもハリウッドへ渡る。そこでは悪役や怖い女の役が多くなる。やっぱりね。『初恋のきた道』のチャン・ツィイーは男目線の理想の健気な少女像。彼女はそれをしっかり演じきったにすぎない。

世の男性諸君にはぜひとも清純派女性願望というものをぬぐい去って欲しいものである。女の人になめられるだけの男の存在ってのは、男女お互いにとってよろしい関係ではないから。

関連記事

no image

『ひつじのショーン〜バック・トゥ・ザ・ホーム』人のふり見て我がふり笑え

  なにこれ、おもしろい! NHK Eテレで放送しているテレビシリーズ『ひつじ

記事を読む

no image

『美女と野獣』古きオリジナルへのリスペクトと、新たなLGBT共生社会へのエール

ディズニーアニメ版『美女と野獣』が公開されたのは1991年。今や泣く子も黙る印象のディズニーなので信

記事を読む

『パシフィック・リム』 日本サブカル 世界進出への架け橋となるか!?

『ゴジラ』ハリウッドリメイク版や、 トム・クルーズ主演の 『オール・ユー・ニード・イズ・

記事を読む

『ホームレス ニューヨークと寝た男』華やかさのまやかし

ドキュメンタリー映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』。映画公開時もとても気になってい

記事を読む

『ベルリン・天使の詩』 憧れのドイツカルチャー

昨年倒産したフランス映画社の代表的な作品。 東西の壁がまだあった頃のドイツ。ヴィム・ヴェン

記事を読む

no image

『FOOL COOL ROCK!』サムライ魂なんて吹っ飛ばせ!!

  『FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY

記事を読む

no image

『バードマン』あるいはコミック・ヒーローの反乱

  アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の 新作がコメディと聞いて、ま

記事を読む

『ハリー・ポッター』貧困と差別社会を生き抜いて

映画版『ハリー・ポッター』シリーズが日テレの金曜の夜の枠で連続放送されるのがすっかり恒例にな

記事を読む

『ホドロフスキーのDUNE』 伝説の穴

アレハンドロ・ホドロフスキー監督がSF小説の『DUNE 砂の惑星』の映画化に失敗したというの

記事を読む

no image

『プリズナーズ』他人の不幸は蜜の味

なんだかスゴイ映画だったゾ! 昨年『ブレードランナー2049』を発表したカナダ出身のドゥニ・ヴ

記事を読む

『tick, tick… BOOM! 』 焦ってする仕事の出来栄えは?

毎年2月になると、アメリカのアカデミー賞の話が気になる。エンタ

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしま

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 マイノリティとエンターテイメント

小学生の息子は『ハリー・ポッター』が好き。これも親からの英才教

『このサイテーな世界の終わり』 老生か老衰か?

Netflixオリジナル・ドラマシリーズ『このサイテーな世界の

『鬼滅の刃 遊郭編』 テレビの未来

2021年の初め、テレビアニメの『鬼滅の刃』の新作の放送が発表

→もっと見る

PAGE TOP ↑