*

松田優作と内田裕也にもってかれた『ブラックレイン』

公開日: : 最終更新日:2015/11/08 映画:ハ行, 音楽

t02200165_0320024013121239818

今日は松田優作さんの命日。

高校生の頃、映画『ブラックレイン』を観た。
大好きな『ブレードランナー(以下ブレラン)』の
リドリー・スコット監督が日本の大阪で、
まるで『ブレラン』のような映像を作り上げている。
しかもサントラには、大ファンの坂本龍一さんも参加してる。

自分と同じく『ブレラン』『YMO』ファンの
友人と新宿の映画館へ。
(そういえば観に行ったこの映画館も
今年いっぱいで廃館になる予定。諸行無常なり。)

とにかく気になったのは
画面のピントがあっていない!!

当時フィルム上映だった映画館は、
今のようなデジタルのクリアなものではない。

ハリウッド映画は世界配給するため、
オリジナルフィルムからコピーにコピーを重ねた
劣悪な状態のものが劇場にかかることとなる。
ただでさえ状態の悪いフィルムに
上映技師の手抜きで見づらい画面になっていた!!

まあ、目先の金儲けしか考えていない
80年代らしい思考ですね。

そんな劣悪な上映状態にも関わらず、
映画は自分が日本人であることが誇らしく感じるほど
日本を美化し、サイバーパンク都市として描かれていた。
カッコいい!!

リドリースコットファン納得の映像美。
内容はありきたりのアクションものだったけどね。

で、リドリースコット目当てで映画を観たのだけれど、
上映後、友人と開口一番に出た感想は
「松田優作カッコ良かった!!」でした。
あと不良中年内田裕也さんがサイコーと。

これは松田優作、海外で絶対評価されるぞ、と
ものすごく期待しておりました。
これは三船敏郎さん以来の、
カッコいい日本人ハリウッドスターの誕生かと。

映画を見終わってまだ日が浅い頃、
ニュースで松田優作さんの名前がでた。
キタキタと思った自分の耳の入ったのは
松田優作さんの訃報。

ショックでした。
この映画は死を覚悟の出演だったとのこと。

役者人生としては、これからというところ、
最後の花火を散らしたのでしょう。

こんなカッコいい死に方をしてしまうから
伝説にはなるのだけれど、
家族はたまっものではない。

あの頃松田優作さんの葬儀にいた
小さな息子さん二人は、
いま人気の役者さんになっているのだから
時の経つのは早いものです。

松田優作享年40歳。
自分は彼より年上になってしまいました。

関連記事

『オデッセイ』ラフ & タフ。己が動けば世界も動く⁉︎

YouTube/20th Century Fox[/caption] 2016年も押し詰まっ

記事を読む

『メアリと魔女の花』制御できない力なんていらない

http://www.maryflower.jp/[/caption] スタジオジブリのスタ

記事を読む

『Ryuichi Sakamoto : CODA』やるべきことは冷静さの向こう側にある

http://ryuichisakamoto-coda.com/[/caption] 坂本龍

記事を読む

『2つ目の窓』死を意識することが、本当に生きること

河瀬直美監督の自信作ということで、 カンヌで受賞を目指した作品。 受賞こそは逃したが、

記事を読む

女性が生きづらい世の中じゃね……『ブリジット・ジョーンズの日記』

日本の都会でマナーが悪いワーストワンは ついこの間まではおじさんがダントツでしたが、 最

記事を読む

『ビバリーヒルズ・コップ』映画が商品になるとき

今年は娘が小学校にあがり、初めての運動会を迎えた。自分は以前少しだけ小中高の学校のカメラマン

記事を読む

『オネアミスの翼』くいっっっぱぐれない!!

先日終了したドラマ『アオイホノオ』の登場人物で ムロツヨシさんが演じる山賀博之氏。

記事を読む

『パシフィック・リム』は日本サブカルの世界進出への架け橋となるか!?

『ゴジラ』ハリウッドリメイク版や、 トム・クルーズ主演の 『オール・ユー・ニード・イズ・

記事を読む

『サウンド・オブ・ミュージック』さらに高みを目指そう!

http://video.foxjapan.com/library/sound-of-music/

記事を読む

『ヒックとドラゴン』真の勇気とは?

ウチの2歳の息子も『ひっくとどらぽん』と 怖がりながらも大好きな 米ドリームワークス映画

記事を読む

『インクレディブル・ファミリー』ウェルメイドのネクスト・ステージへ

https://www.disney.co.jp/movie/inc

『薔薇の名前』難解な語り口の理由

あまりテレビを観ない自分でも、Eテレの『100分de名著』は面

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ディズニー帝国の逆襲

https://starwars.disney.co.jp/[/ca

『ホームレス ニューヨークと寝た男』華やかさのまやかし

ドキュメンタリー映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』。

『フロリダ・プロジェクト』パステルカラーの地獄

アメリカで起きていることは、10年もしないうちに日本でも起こる

→もっと見る

PAGE TOP ↑