*

『ダメなときほど運はたまる』欽ちゃん流自己啓発

公開日: : 最終更新日:2019/06/13 , 音楽

 

欽ちゃんこと萩本欽一さん。自分が小さい頃は欽ちゃんのテレビ番組全盛期で、なんでも30%は視聴率をとっていたとか。自分にとって欽ちゃんといえば、若手に対するダメ出しもそのまま笑いにしてしまう、コントでもなかなか話が先に進まなくてじれったい笑いの印象がある。でも自分もそのころまだ小学生、笑わせてくれる人が嫌いなわけがない。欽ちゃん番組はほとんど観ていたような気がする。

欽ちゃんがテレビから姿をみせなくなって、もうしばらく経つ。今年74歳をむかえる欽ちゃんが今年の春には駒沢大学に合格して、晴れて大学生になったりと、元気すぎるくらいの印象を受ける。この本『ダメなときほど運はたまる』は、欽ちゃん流の自己啓発本。最近の日本は不安になるようなことばかり。「自分は運が悪い」と落ち込んで腐る人も多いだろうからこのタイトルなのか、あざといな〜と思って、発売した頃は読む気もなかったのですが、最近の大学入学のニュースで、自分の中で欽ちゃんブームが再燃しはじめました。

この本を読むと欽ちゃんは若いころものすごく苦労したのがわかります。家が貧乏で、お母さんに家を建ててあげたい一心で、儲かりそうな職業は何かを研究します。プロ野球の選手やら役者やら。野球の選手は無理だから役者? で鏡を見て自分のタレ目にあきらめかけたところ、映画で観た脇役の役者さんに魅力を感じて、この方向ならばと喜劇会にすすんでも才能がない。欽ちゃんといえば、自分には「大将」と呼ばれた大御所のイメージしかないのだけれど、どこへ行っても先輩に好かれ、素直な青年だったのがこの本からわかります。

下手だからアドリブでごまかした司会が「新しい」と評価されたり、欽ちゃんはこの本では「運」という言葉でくくっています。ようはポジティブシンキング。どんな状況下に置かれても腐らない。それを糧にして踏ん張ること。欽ちゃん流に言えば「そこで運がつく」ということ。

欽ちゃんの若い頃は、とにかく目上の人を敬っていたのがわかります。そして自分に地位がついたとき、若い才能を見抜く目があるというのはよても有名。欽ちゃんは「運の貯まってそうな人を選んだだけ」というけれど、そんなの凡人には見分けがつかない。欽ちゃんの言葉に迷いがないので法則があるのだろう。本書を読んでもその法則は理解できない。ようするに直感力がものすごく良いのでしょう。そういった不思議な才能を持つ人には自然と人が集まってくる。

欽ちゃんはずるいことや意地悪なことは絶対に、してはダメだと言ってます。欽ちゃんのネームバリューで出した番組のアイドルグループ『わらべ』の『めだかの兄妹』(坂本龍一編曲!)の大ヒットで、欽ちゃんにボーナスが入った時、全額突き返したそうです。「自分が汗水たらしたわけではないのでもらえない」努力しない収入は運をなくすとのこと。いま世の中が悪くなってきているのは、ずるいことや意地悪な人が増えているからではないかと言ってます。

先日子どものために『妖怪ウォッチ』の『妖怪メダル』なるもののガシャポンを買って帰ろうとしたら、ハンドルまわしても出て来ない。何度かチャレンジしたら2個出て来ちゃった。もっとハンドルまわしたらたくさん出てきそうだったけどやめました。こういったズルをすると運が逃げちゃうんだろうな。もう1個余計にメダル貰っちゃったから、運がだいぶ減ったかも。そうなると怖くなっちゃいます。

 

関連記事

no image

『高い城の男』占いは当たらない?

  映画『ブレードランナー』の原作者フィリップ・K・ディックの代表作『高い城の男』。

記事を読む

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』 マイノリティとエンターテイメント

小学生の息子は『ハリー・ポッター』が好き。これも親からの英才教育の賜物(?)なので、もちろん

記事を読む

『リリイ・シュシュのすべて』 きれいな地獄

川崎の中学生殺害事件で、 真っ先に連想したのがこの映画、 岩井俊二監督の2001年作品

記事を読む

『MINAMATA ミナマタ』 柔らかな正義

アメリカとイギリスの合作映画『MINAMATA』が日本で公開された。日本の政治が絡む社会問題

記事を読む

『スワロウテイル』 90年代サブカル・カタログ映画

岩井俊二監督の『スワロウテイル』。この劇中の架空のバンド『YEN TOWN BAND』が再結

記事を読む

『AKIRA』 ジャパニメーション黎明期

日本のアニメが凄いと世界に知らしめた エポックメーキング的作品『AKIRA』。 今更

記事を読む

no image

『スター・トレック BEYOND』すっかりポップになったリブートシリーズ

オリジナルの『スター・トレック』映画版をやっていた頃、自分はまだ小学生。「なんだか単純そうな話なのに

記事を読む

『チャーリーとチョコレート工場』 歪んだ愛情とその傷

映画が公開されてから時間が経って、その時の宣伝や熱狂が冷めたあと、あらためてその映画を観直す

記事を読む

『TENET テネット』 テクノのライブみたいな映画。所謂メタドラえもん!

ストーリーはさっぱり理解できないんだけど、カッコいいからいい! クリストファー・ノーランの新

記事を読む

no image

ホントは怖い『墓場鬼太郎』

  2010年のNHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で 水木しげる氏の世界観も

記事を読む

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 問題を乗り越えるテクニック

映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』は、日本公開当

『ドゥ・ザ・ライト・シング』 映画の向こうにある現実

自分は『ドゥ・ザ・ライト・シング』をリアルタイムで映画館で観た

『はちどり』 言葉を選んで伝えていく

雑誌に韓国映画『はちどり』が取り上げられていて興味を抱いた。中

『tick, tick… BOOM! 』 焦ってする仕事の出来栄えは?

毎年2月になると、アメリカのアカデミー賞の話が気になる。エンタ

『私ときどきレッサーパンダ』 世間体という呪い

コロナ禍の影響でこの2年間、映画館への足がすっかり遠のいてしま

→もっと見る

PAGE TOP ↑