*

『キャプテン・マーベル』脱・女性搾取エンタメ時代へ

公開日: : 最終更新日:2020/03/03 映画:カ行

ディズニー・マーベル作品はリリース順に観ていくのが正しい。リンクネタがどこに散りばめられているかわからないので、思わぬネタバレがあったりする。

でも自分はどうしても『アベンジャーズ/エンドゲーム』が観たくて、その前作にあたる『キャプテン・マーベル』を飛び越して観てしまった。『エンドゲーム』から観たら、「キャプテン・マーベルって誰?」となるのは重々承知の助だった。

ディズニー・マーベル作品はとにかく明るい! 最近ワーナー・DCの『ジョーカー』を観たばかりだったから、その明暗がはっきりする。

DC作品の登場人物は、ヒーローも敵もみんな理不尽な現実に打ちのめされて病んでしまった人ばかり。特殊能力を持つというよりは、その能力にすがっているようにさえ見える。

反対にディズニー・マーベルの明るさは、特殊能力がもたらす日常生活の弊害をコメディタッチで描いている。この明るさがこのシリーズの成功の要因だったのかもしれない。アメコミ好きのオタクだけでなく、女性やファミリーまで客層に取り込んだ。ディズニーのマーケティングのうまさ。オタクカルチャーを、オシャレなコンテンツに料理してしまった。

最近のハリウッドは、マイノリティの人々へエールを送るようなテーマを作品に込めるのが主流だ。マーベル初の女性ヒーローの冠作品。当然女性の客層に不快感を与えないように配慮されている。共同監督に女性を起用しているのも狙い通り。

案外男女問わず、チャーミングで強い女性はみんな好きなもの。セクシーを売りにするような男性目線のキャラクターは、オタク文化では重宝されるかもしれないが、不特定多数の客層にうったえるには偏りすぎる。不快感を抱く人も現れるような作品だと、どんどんアンダーグラウンドになっていく。オタク向けの作品は、目先では儲かるように見えるが、客層は狭い。

ハリウッドが早々にジェンダー問題を作品の魅力に取り込むのは頭が良い。女性性ばかりが前面に出されたり、女性搾取を楽しむような作品はダサく思えてきた。もちろんその手の作品を全面否定するわけではないが、ゾーニングは必要だ。直接裸が出ていないからいいというものではない。フェチズムの扇動だって、心理的にはポルノだ。

ネタバレになるが、強い女性のシンボルのキャプテン・マーベルがイケメンをぶっ飛ばすところが楽しい。相手はイケメンだから、女性にモテる。もちろんそこまで顔がいいと同性も好感を持ってしまう。

モテる人は自分がモテてることは重々自覚している。どんなにステキな男性でも、いつしか女性には上から目線になってしまう。ムカつくポイントはそこ。

そんなイケメンを、一発でのしてしまうことのカタルシス。「でもあんたは殺さないであげるわ」って、逆に上から見下ろしてやる。これって男女問わずスッキリポイントなのではないだろうか?

最近日本では、献血のポスターにポルノ的なアニメ絵を載せて問題になっている。「表現の自由の侵害だ」という声もあるが、それは違うと思う。女性搾取の文化は昔から根強くあるし、それ自体を制限しても仕方がない。やっぱり重要なのはゾーニング。それが不特定多数の人が目にする媒体に適しているコンテンツか。ちょっと想像すればわかること。要は送り手の想像力の欠如。

ゾーニングといえば、レンタルショップのアニメコーナーが困る。子連れで行きたいのに、キッズ作品とポルノ的な作品、暴力的な作品が同じ棚に陳列されている。あきらかにアヤシイ輩も集まってくる。危険すぎて子どもが行けない。アニメコーナーなのに!

エンターテイメントは、いかに大勢を楽しませるかが重要。誰も不快感を与えないというのは、とても大切なことだ。ディズニー・マーベルは、そこのところキッチリ配慮している。

そういえば最近、マーティン・スコセッシ監督やフランシス・コッポラ監督が、マーベル映画に対して批判的な発言をした。「マーベルは映画じゃない」って。

でも映画の定義って何だろう? 映画を通して教養を得ようとか、社会問題について考えようとは、まず思わない。やっぱり「面白そうだから観る」といったシンプルなものだ。そこから興味を持って勉強を始めるのは個々によるもの。

アトラクション的映画がヒットするのは、とことん観客をおだてるのに徹しているから。むしろ頭を空っぽにして、日頃の嫌なことをひととき忘れさせてくれればいい。それだって映画の重要な役目だ。それこそスピルバーグやジェイムズ・キャメロン、JJエイブラムスなんかが出てきたときだって、「こんなの映画じゃない!」って言われてたはず。

マーベル映画の登場は、新しい映画のジャンルが生まれたことのなのだろう。巨匠監督が拒否反応を示すのがその証拠。老舗の危機感。時代の変化。

いろいろな映画があっていい。お金儲けに徹した映画も、何か問題意識を提起する映画も、教養的な映画も。ただいちばんマズイのは、偏った作品ばかりに触れてしまうこと。そうしてその人の視野が著しく狭くなってしまうこと。まず観客である我々は、現実の自分の生活をいちばんに考えなければいけない。趣味で身を滅ぼしては本末転倒。

息抜きの娯楽に人生が取り込まれないよう気をつけないと。エンターテイメント第一主義の作品は、お客さんをいい気分にさせてくれる。だからこそハマりやすい。息抜きの薬が毒にもなりかねない。もしかしたらその危険性に対して巨匠監督たちが警鐘を鳴らしているのかも。

楽しいものには毒がある。それを強く意識しながらエンターテイメントを楽しんだ方が、健全に付き合えそうだ。

関連記事

『カラマーゾフの兄弟(1969年)』 みんな変でみんないい

いまTBSで放送中の連続ドラマ『俺の家の話』の元ネタが、ドストエフスキーの小説『カラマーゾフ

記事を読む

no image

『ゲット・アウト』社会派ホラーの意図は、観客に届くか⁉︎

  自分はホラー映画が苦手。単純に脅かされるのが嫌い。あんまり驚かされてばかりいると

記事を読む

『聲の形』頭の悪いフリをして生きるということ

自分は萌えアニメが苦手。萌えアニメはソフトポルノだという偏見はなかなか拭えない。最近の日本の

記事を読む

no image

『風立ちぬ』憂いに沈んだ未来予想図

  映画『風立ちぬ』、 Blu-rayになったので観直しました。 この映画、

記事を読む

no image

『グラディエーター』Are You Not Entertained?

当たり外れの激しいリドリー・スコット監督の作品。この『グラディエーター』はファーストショットを観た瞬

記事を読む

『コンテイジョン』映画は世界を救えるか?

知らないうちに引退宣言をしていて、いつの間に再び監督業に復帰していたスティーブン・ソダーバー

記事を読む

『グッド・ドクター』明るい未来は、多様性を受け入れること

コロナ禍において、あらゆる産業がストップした。エンターテイメント業界はいちばん最初に被害を受

記事を読む

no image

『帰ってきたヒトラー』ドイツの空気感を伝える、コワイ社会風刺コメディ

公開時、自分の周りで好評だった『帰ってきたヒトラー』。毒のありそうな社会風刺コメディは大好物なので、

記事を読む

no image

日本企業がハリウッドに参入!?『怪盗グルーのミニオン危機一発』

  『怪盗グルー』シリーズは子ども向けでありながら大人も充分に楽しめるアニメ映画。ア

記事を読む

no image

『カーズ/クロスロード』もしかしてこれもナショナリズム?

昨年2017年に公開されたピクサーアニメ『カーズ/クロスロード』。原題はシンプルに『Cars 3』。

記事を読む

『プライドと偏見』 あのとき君は若かった

これまでに何度も映像化されているジェーン・オースティンの小説の

『スタンド・バイ・ミー』 現実逃避できない恐怖映画

日本テレビの『金曜ロードショー』のリクエスト放映が楽しい。選ば

『復活の日』 日本が世界をみていたころ

コロナ禍になってから、ウィルス災害を描いた作品が注目され始めた

『ノマドランド』 求ム 深入りしない人間関係

アメリカ映画『ノマドランド』が、第93回アカデミー賞を受賞した

『ドグラ・マグラ』 あつまれ 支配欲者の森

夢野久作さんの小説『ドグラ・マグラ』の映画版を久しぶりに観た。

→もっと見る

PAGE TOP ↑